TEL:045-624-8124

HOME > メルマガ > うどんは体を温める?冷やす?

うどんは体を温める?冷やす?

うどんは、温かいおつゆで食べてもざるうどんのように冷やして食べても、どちらも美味しいですよね。地域にもよるかもしれませんが、やはり温かいうどんの方が食べる機会が多いのではないでしょうか。

特に寒い冬の日に温かいうどん、それも鍋焼きうどんなどはアツアツで体の芯から温まるように感じますが・・・、うどんは体を温めるのでしょうか、冷やすのでしょうか?

【目次】

うどんは冷やす?温める?その理由は?

食べ物には体を温めるものと冷やすものとがあります。その食べ物が温かいか冷たいか、ではなく、体を温めるはたらきのある食べ物か冷やすはたらきのある食べ物か、ということですね。

冬が旬のものは体を温めて、夏が旬のものは体を冷やす。みなさんご存じのことでしょう。このように、体を温める食べ物か冷やす食べ物かの見分け方はいくつかありいます。

その見分け方のひとつが食べ物の「色」。ひとつの目安ではありますが、食べ物の色によって、温めるものなのか冷やすものなのかを区別することができます。その区別のしかたは・・・

  • 赤、黒、オレンジ色の食べ物は、体を温める
  • 青、白、緑の食べ物は、体を冷やす

では具体的に、それぞれどんな食べ物があるかというと・・・

  • 温める食べ物・・・そば、黒砂糖、黒パン、黒豆、小豆、赤味のお肉、赤身の魚、卵、海藻など
  • 冷やす食べ物・・・うどん、白砂糖、白いパン、白いごはん、牛乳、豆腐、化学調味料など

うどんは色の白い食べ物。ですので「体を冷やす食べ物」ということになります。

↑ページTOPへ

精製されたものは体を冷やす傾向に

うどんは体を冷やす

うどんは小麦粉から作られます。その小麦粉は、小麦の「表皮(ふすま)」や「胚芽」を取り除いて、真ん中の「胚乳」を粉にしたもの。

玄米を精製すると白米になるように、小麦を精製すると胚乳になります。その胚乳を粉にしたものが「小麦粉」なのですね。

ちなみに、小麦を精製しないで「表皮(ふすま)」から「胚芽」から「胚乳」から、すべてを粉にしたものが「全粒粉」と呼ばれるものです。

精製された小麦から作られる「うどん」は体を冷やす食べ物であり、精製しないでそばの実のすべてを粉にして作られる「そば」は体を温める食べ物となるのです。

↑ページTOPへ

うどんで体を温めるひと工夫

うどんが体を冷やす食べ物だからといって、食べてはダメということではもちろんありません。でも冷え性の人には気になりますよね。そこで、うどんで体を温めるためのちょっとした工夫を紹介します。

体を温める食べ物をうどんにプラス

体を冷やすのは「うどん本体(つまり麺のこと)」です。ですので、体を温める食材をプラスしてみてはいかがですか?たとえば・・・

  • 味噌をたして、味噌煮込みにする
  • ネギを薬味に使う
  • 七味唐辛子を薬味に使う

うどんと一緒に体を温める食べ物を

うどん自体に追加できなくても、一緒に食べるおかずとして体を温める食べ物を取り入れるのもいいですね。

手軽なのはお漬物を一緒に食べること。発酵食品は体を温める食べ物ですし、酵素もたっぷり。浅漬けよりも少しでもしっかりと漬けてあるものがおすすめです。

また海藻も体を温める食べ物ですのでわかめやひじきもおすすめ。同じく、土の中にできる野菜も体を温める食べ物。にんじんやごぼうのきんぴらもいいですね。

このように、うどん単体(つまり麺のこと)だけを見ると体を冷やす食べ物ではありますが、食事全体として温める食べ物をプラスすることで冷え対策になっていくのです。

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ