健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 解毒スープの作り方

堀田忠弘先生の解毒野菜スープ

堀田忠弘先生が考案された「解毒野菜スープ」をご存じですか?

現代は生活が快適に便利になって、いろいろなものが安価で手に入るようになりました。その快適さと引きかえに・・・

野菜力で輝け

  • 排気ガスによる大気汚染
  • 隣国で工場から排出される化学物質
  • 農薬や除草剤による土壌汚染
  • その土壌汚染による水質汚染
  • 衣類や食器の洗剤、シャンプー・リンスなどの合成界面活性剤
  • 食品添加物
  • 西洋医学の薬 (すべての薬が化学物質とは言いませんが)

といった 「化学物質」 が私たちの身のまわりにあふれかえるようになりました。WHO(世界保健機構)も、

「海も空も美しいリゾート地の島でさえ、その空気は発がん性物質を含んでいる」

といった発表をしています。

化学物質の多くは、無味、無臭、無色。その 「化学物質」 が私たちが気づかないうちに、空気や水や食べ物を通して口から体の中へ、シャンプーや洗剤などを通して肌から体の中へと入っていって、身体面の健康だけでなく精神面の健康にまで悪影響を及ぼしています。

一度体に入った化学物質や重金属。排出するのは簡単なことではありません。そこで・・・

野菜のチカラでデトックス。医師が考案した解毒野菜スープ!

解毒野菜スープを考案されたのは、京都の内科 「堀田医院」 の堀田忠弘先生。堀田忠弘先生は、漢方と代替医療を組み入れた統合医療や宝石光線療法、さらにデトックス野菜ス-プを活用した方法で、さまざまな患者さんに素晴らしい効果を引き出しています。

解毒野菜スープを飲んでほしいのはどんな人かというと・・・

  • 春は鼻がムズムズの人
  • 甘いものが好きなのに我慢せざるをえない人
  • ビールが好きなのに我慢せざるをえない人
  • 特定の食べ物を食べないように気をつけている人
  • 高血圧の人
  • 毎朝スッキリしたい人

解毒野菜スープを飲んでほしい人

さらには

  • 若い頃に治した虫歯の詰め物がある人
  • 一般的なシャンプー・リンスを使っている人
  • 一般的な食器洗剤・衣類洗剤を使っているご家族
  • 外食をする人
  • お菓子やケーキを食べる人、など。

そうなってしまった人はもちろん、そうならないように予防的にも飲んでほしいのが、堀田忠弘先生が考案された解毒野菜スープです。

「1ヶ月飲み続けたら今年は鼻がムズムズしないんです!」

「数値が去年とは別人みたいによくなりました!」

「大好きなビールをまた飲めるようになって最高です!」

排気ガス、土壌汚染、昔の歯の詰め物から体に入ってしまう重金属。シャンプー、洗剤、芳香剤から体に入ってしまう合成の界面活性剤。これらを体の外に出すサポートをしてくれるのが、解毒野菜スープです。

体にもデトックス機能がありますが、その機能に重労働をさせてしまうとパンクしてしまいます。そうならないように解毒野菜スープで体をサポート。体の中をキレイに掃除してあげましょう。

では、堀田忠弘先生考案の解毒野菜スープの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

堀田忠弘先生の解毒野菜スープ

では、堀田忠弘先生の解毒野菜スープの作り方です。まずは材料から。

解毒野菜スープの材料

堀田忠弘先生の解毒野菜スープ
  • タマネギの皮 : 1.2g
  • まいたけ : 13g
  • パセリ : 6g
  • ごぼう : 40g
  • 生姜 : 6g
  • 自然塩 : 0.5g
  • 水 : 2リットル

解毒野菜スープは、5種類の野菜のバランスが最大のポイントです!「分量は目分量でだいたいでいいわね」ではなく、しっかりと計量してください。

解毒野菜スープの作り方

1)野菜はすべて流水でよく洗う

2)まずは、タマネギの皮、まいたけ、パセリの下ごしらえ。この3種類の野菜は、酢水に20分以上つけてから水洗い。20分つけたあとの酢水は捨てましょう。※酢水=水1リットルに対して純米酢を20ml入れたもの

3)次は、ごぼうと生姜の下ごしらえ。5センチ角に切った昆布を水に入れて沸かす。沸騰したらごぼうと生姜を入れて5分間下ゆでして、ごぼうと生姜を取り出す。煮汁には有害物質が溶け出ているので捨てましょう。

4)鍋に2リットルの水を入れて沸騰させる

5)下ごしらえした5種類の野菜は、すべて食べやすい大きさに切っておく

6)鍋の水が沸騰したら5種類の野菜と自然塩を入れて、とろ火で20分間煮ればできあがり。

飲み方

最初の3日間

コップ半分から1杯 (100mlから200ml) の解毒野菜スープを、1日2回、「朝食の食前」、「夕食の食前」 に飲む。

4日目以降

4日目以降は1日1回は飲みましょう。1日2回飲めるようなら、飲んだ方が効果的ですね。

※タマネギの皮以外の具は、スープと一緒に食べてください。

野菜は無農薬有機栽培が理想ですが、一般のスーパーの野菜でもじゅうぶん効果的。ただし、酢水や下ゆでなどの下処理はしっかりおこなってくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

野菜力で輝け