TEL:045-624-8124

HOME > 自律神経 > 検査

自律神経の検査

自律神経の検査は、あらゆる方向からおこわれます。

自律神経の乱れからくる不調が強い場合は、自律神経失調症と診断されることがあります。ただその概念自体がはっきりしていないですし、症状は似ていても「他の病気」が原因となっている場合もあるために、自律神経の検査はあらゆる方向からおこなうのです。

検査をして次の3つにあてはまる場合は、自律神経失調症と検査されます。

  • だるい、めまい、頭痛、微熱、といった症状を感じるけれど、検査をしても異常もなく原因がわからない
  • なにかの病気によって体の組織や細胞が壊されていることもないし、精神面の状態を検査しても異常がない
  • 自律神経のはたらきを検査したところ、異常がみとめられる

自律神経の検査はこの4種類

さて、自律神経の検査ではおもにこれらの4種類の検査がおこなわれます。

検査の内容

医師との面接除外検査自律神経機能検査心理テスト

この4つの内容について、概要を紹介します。

(1)医師との面接

自律神経からくる不調なのかどうなのかを検査するのは難しい面があります。だからこそ、今までの心身の状態や現在の生活環境について医師にこまかく伝えることが大切なのです。

医師との面接
  • 今までどんな病気にかかったことがあるか?
  • 今の症状があらわれたのはいつ頃か?
  • その頃に思い当たるきっかけは?
  • どんな症状があらわれたか?症状の変化は?
  • 現在の仕事は?
  • 家庭環境は?
  • 人間関係は?
  • どんな性格か?もののとらえ方は?

このようなことについて、医師に詳しく伝えましょう。

自律神経からくる不調の原因はストレス。しかし、自分ではストレスと感じていないものがストレスとなっていて、それが自律神経からくる不調の大きな原因となっている可能性があります。

症状が現れはじめた頃の生活については、「このことは関係ないわ」と自分で決めつけることなく、関係ないと思われる出来事や変化についても詳しく伝えましょう。

医師との面接 くわしくは >>

↑ページTOPへ

(2)除外検査

自覚しているすべての症状が自律神経の乱れが原因である、とは一概にいえません。何かほかの病気が原因となっての症状があらわれているのかもしれません。

そこで「何かほかの病気が原因ではないか」を調べるのが除外検査です。たとえば・・・

  • 動悸や疲れやすい・・・糖尿病が原因
  • 不眠やめまい・・・精神的な疾患が原因

除外検査では個人個人の症状に合わせて、心電図、脳波、レントゲン、超音波、MRI、CTスキャンなどを使って、ほかの病気がかくれていないか、を調べます。

除外検査 くわしくは >>

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

(3)自律神経機能検査

自律神経機能検査とは、自律神経そのものの機能を調べる検査。自律神経が正常にはたらいているかどうかを調べる検査ですね。

自律神経機能検査にはさまざまな種類があって、個人個人の症状や状態によっていくつかを選んでおこなわれます。

  • 立位心電図・・・立っている時と寝ている時とで心電図をはかって比較するもの
  • シュロング起立試験・・・安静にした状態から立ち上がってその時の血圧の変化を調べるもの
  • マイクロバイブレーション・・・体の表面に現れる細かな振動を調べるもの。

ほかにも、心拍変動検査、皮膚紋画症、鳥肌反応検査、などがあります。

自律神経機能検査 くわしくは >>

↑ページTOPへ

(4)心理テスト

自律神経からくる不調は、精神的な負担(ストレス)が大きな原因となっているケースがとても多いもの。ですので、その精神面での原因を見つけることは、自律神経からくる不調を改善するうえでとても大切になっています。

心理テスト

心理テストは「症状の背景にはどんな心の原因があるのか」を調べるもの。心の状態だけでなく、体の面についても同時に調べながら検査していきます。

検査の方法は、アンケートのような質問表に回答していくもの。

どんな性格なのか、行動パターンはどうか、ストレスには強いか、現在はどの程度ストレスをかかえているか、体の症状には何があるか、心の症状には何があるか、といったものを調べていきます。

代表的な心理テストは、「東邦メディカルインデックス」、「ストレスチェックリスト」、「ストレス耐性チェックリスト」などです。

心理テスト くわしくは >>

※参考 : しっかりほぐれて体ラクラク! 自宅で簡単な方法とは? >>

よく読まれている記事はこちら

プアーナプアーナ