TEL:045-624-8124

HOME > メルマガ > 寝ても疲れが取れない原因

寝ても疲れが取れない原因とは?

寝ても疲れが取れない人が増えています。

  • 長い時間寝ても疲れが取れない
  • 朝から体が重たい、だるい、肩がこっている、腰が痛い
  • 体がガチガチに固い
  • 疲れるようなことをしていないのに、体が重たく疲れが取れない

それはなぜなのでしょうか?

【目次】

寝ても疲れが取れない原因とは?

寝ても疲れが取れない原因を簡単にいうと、体が疲労回復モードにしっかりと切りかわっている時間が短いから

疲れが取れない原因を自律神経の観点から見てみると、とてもわかりやすく説明がつきます。

自律神経

健康状態を維持しているのが「自律神経」。

  • 交感神経(活動・緊張・ストレスモード。おもに日中にはたらく神経)
  • 副交感神経(休息・修復・リラックスモード。おもに睡眠中にはたらく神経)

この正反対の2つの神経からなるのが自律神経。この2つの神経がバランスよく交互にはたらくことで、健康状態を維持しています。

自律神経の正常な状態

 

しかし、精神的・肉体的ストレスが多いと、交感神経ばかりがはたらいてしまい、副交感神経がはたらけなくなります。

寝ても疲れが取れない状態

寝ても疲れが取れないというのも、ストレスが多いために交感神経ばかりはたらいしまうことが原因。副交感神経にしっかりと切りかわらないので、寝ていても疲れの回復が十分進まないのです。

眠りが浅い、夜中によく起きる、よく寝ても疲れが取れないというのは、副交感神経にしっかり切りかわっていない証拠ですね。

寝ても疲れが取れない原因は自律神経の乱れ

では、どうしたら解消できるのでしょうか?

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

寝ても疲れが取れない体を解消する方法

疲れが取れない人の体のメカニズムは・・・

寝ても疲れが取れない原因

根本的な原因は、ストレスによって交感神経ばかりはたらいていて、疲れを回復する副交感神経が十分はたらいていないこと。

とはいえ、ストレスを減らすことは難しいので、副交感神経をはたらかせる生活のコツを紹介します。

  • シャワーではなくお風呂につかる(心地よい湯温でゆったりと)
  • 寝る前に、パソコン、テレビ、ゲームをしない
  • 深呼吸する (特に息を吐く時は細く長く)
  • 適度に運動する(ウォーキング、ジョギング、水泳など)
  • 食物繊維、酢のもの、辛いものを食べるようにする
  • 特に寝る前は、蛍光灯をやめて電球にする
  • なるべく全身の筋肉をほぐす(マッサージをしてもらう)

この中でも、特に効果的な方法は・・・

↑ページTOPへ

眠りを深くして疲れをとるには、体をほぐすことが大切!

副交感神経をはたらかせる方法の中でも、特に効果的な方法は全身の筋肉をほぐすこと

疲れが取れない、たっぷり寝ても疲れが残っている、ぐっすり眠れない・・・。すべて、筋肉がかたくなっていることが共通点です。

筋肉がほぐれると「睡眠・回復モード」である副交感神経に切りかわるので、眠りも深くなって、疲労の回復も新陳代謝もぐんぐん促進されます。

マッサージで眠たくなる

これも、全身の筋肉がほぐれたから「睡眠・回復モード」になった証拠。そこで、筋肉をしっかりほぐして、深い眠りと軽やかな体になる方法を紹介します。

筋肉をしっかりほぐすには?  >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ