TEL:045-624-8124

HOME > メルマガ > 筋肉がかたくなる原因

筋肉がかたくなる原因と解消法とは?

慢性的に筋肉がかたくなることが、あらゆる不調の共通の原因です。

固くなった筋肉をゆるめることはとても大切。でも、そもそも筋肉がかたくなるのを防げばいいのでは?と考えますよね。

まず、筋肉がかたくなることは、悪いことではありません。

筋肉は、硬くなったり柔らかくなったりしながら、私たちの体を動かしています。物を持ったりチカラを入れれば、筋肉はかたくなる。物をおろしたりチカラを抜けば、筋肉は柔らかくなる。

問題なのは・・・

チカラを入れていないのに、筋肉がゆるまない

問題なのは、

  • チカラを入れていないのに、筋肉がかたいままであること。
  • チカラを抜いているのに、筋肉が柔らかくならないこと。
寝ているのに筋肉が固い

たとえば、寝転がっている時は筋肉は一切必要はありません。なのに、肩や首やこったまま、ふくらはぎはむくんだまま、ではないですか?

チカラが必要ない体勢なのに、筋肉がゆるみきっていない。なぜ、筋肉がちゃんとゆるまないのかというと・・・

ストレスによって筋肉がかたくなっているから。

  • ストレスを受ける ⇒ 自律神経の中の交感神経がはたらく ⇒ 筋肉がかたくなる
  • リラックスする ⇒ 自律神経の中の副交感神経がはたらく ⇒ 筋肉がやわらかくなる

これは、私たちの体を守っている自律神経のしくみ。ここで、ポイントなのは「イヤだなぁと感じることがストレス」ではない、ということです。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

筋肉がかたくなるのは、さまざまなストレスが原因

ストレスとは、心や体に与えるあらゆる刺激のこと。うれしいことも、イヤなことも、ストレスなんです。

「明日から会社かぁ、イヤだなぁ」も、「明日から海外旅行だ!」も、「明日は部長と一日一緒かぁ。気が重いなぁ」も、「明日はあの人と初デート。すごく楽しみ!」も、すべてストレスです。

逆に、ストレスを感じない、つまりリラックスしている状態は、まったく変化のない状態ですね。ぽかぽか陽気の中でイスに座ってウトウトしている状態、などでしょうか。

ストレスも悪いことでなく、必要なもの。問題は、ストレスが多すぎること。ストレスとリラックスのバランスが崩れていること、です。

筋肉がかたくなる原因はストレスの多い生活

↑ページTOPへ

かたくなる筋肉の解消法

ストレスが多いと、慢性的に筋肉がかたくなる。これがさまざまな不調の根本的な原因です。

「疲れるようなことをしていないのに、どうしてこんなに体が重いの?」と感じる方も多いでしょう。その原因もストレスです。

筋肉がかたくなるのを防ぐには、ストレスを減らすのが一番。といっても、なかなか難しいのではないでしょうか?そこで・・・

筋肉をやわらかくする方法

ストレスで硬くなった筋肉をほぐしてあげましょう。

ストレッチをする、ヨガをする、お風呂にゆったりつかる、深呼吸する、軽い運動で普段使っていない筋肉を動かしてほぐす、などが効果的です。

ほかにも、筋肉をしっかりほぐして、深い眠りと軽やかな体になるために、こちらもおすすめです。ご参考になさってください。

筋肉をしっかりほぐすには?  >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ