健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > イリスエスリークの効果的な使い方

イリスエスリークの効果的な使い方

ナチュラルハーモニーの商品の中で、ここ数年、一番人気なのが「イリスエスリーク」。

私たちが必死にアピールしなくても、「使えばスゴさがわかる!」と、ほとんどの方が自然とリピートしてくださいます。1年2年と使い続けている方もとても多く、お電話でお話ししていると 「あら、そんな時にも使えるのね」、「そうやって使った方が効果的だったのね」と気づいてくださることも。

そこでイリスエスリークの効果的な使い方をあらためてお伝えいたします。

※お知らせ※ 弊社では2015年11月、イリスエスリークに浄化作用の高い「蓮の花のエッセンシャルオイル」と「クリスタルの微粉末」を加えた『プアーナ』という商品を新たに発売しました。体をほぐすはたらきが高まったとともに価格を引き下げましたので、弊社ではイリスエスリークの販売を終了し、プアーナに切り変わっています。

プアーナ

【目次】

息を吐きながら塗る

息を吐くと、副交感神経(リラックス・休息・体の回復の神経)がはたらきます。ホッとした時は 「はぁーっ、よかったぁー」 と息を吐きますよね。温泉につかった瞬間も「はぁ~っ、気持ちいぃ~」と息を吐くのではないでしょうか。

反対に、息を吸うと、交感神経(ストレス・緊張・活動の神経)がはたらきます。ビックリした瞬間に「ハッ!」と息をのむのも、交感神経を優位にさせて素早く反応するための準備をしているのですね。

イリスエスリークは、ストレスや疲労で緊張した体をふんわりほぐすためのもの。ですので、息を吐きながらイリスエスリークを塗るのが効果的です。

↑ページTOPへ

胸の中心に向かって塗る

疲労を回復したり体の不調を解消するためには、体の中にたまった疲労物質や老廃物を体からしっかりと出すことが大切。疲労物質が体から出なければ疲れがとれない。言うまでもありませんね。

そんな疲労物質などを体から出すためには、胸の中心に向かって塗ることがポイント。

体のケア

わたしたちの体は、中心から末端へ向かって栄養や酸素や体温を届けます。そして末端から中心へ向かって疲労物質や老廃物を回収して体の外へと出していきます。

体のなかに滞っているものを流して出すには、胸の中心へ向かって流していく。イリスエスリークに限らず、ローションやオイルを使って体をマッサージする場合も同じです。

足首からヒザに向かって塗る。ヒザから太ももに向かって塗る。首すじから胸に向かって塗る。という感じですね。

プアーナ くわしくはこちら >>

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

リンパに塗る

リンパの流れがとどこおっているために、疲労物質や老廃物が出ていかない、疲れがとれない、肌があれる、手や足がむくむ、冷える、といった人が増えています。

耳のうしろ、左右の首すじ、鎖骨、太もものつけね(股関節)、ひざの裏、といったリンパ節は欠かさず塗りましょう。チカラをいれず、やさしく流すイメージで塗ってください。

特に、太もものつけね(股関節)がとどこおっている人が多いです。上半身は暑い(ほてる)のに足が冷えるという人や、足がいつもむくんでいるという人は、典型的な例です。デトックスにも股関節はポイント。しっかりと塗るようにしましょう。

また、パソコン仕事などが多いとつい猫背になったり前かがみになりがち。その代わり、体を後ろにグーッとそらすことはあまりありません。これが原因で鎖骨(デコルテ)の流れが滞っている人も多くいます。鎖骨まわりも首から胸に向かって、やさしく塗ってあげてください。

こちらも、イリスエスリークに限った話ではありません。お風呂で体を洗う時も、ボディタオルなどで洗いながらやさしくさすってあげてください。

↑ページTOPへ

良くなっていくイメージをする

あなどるなかれ、イメージのチカラは絶大。この記事をお読みの方もきっと潜在意識のパワーのすごさをご存じのことでしょう。

ただ何も考えないで塗るよりも、「ここのお肉が燃えますように」、「疲れがスーッと消えますように」、「緊張がフワッとやわらぎますように」 と意識しながら塗ることが効果的です。

私も以前、眉毛の上あたりにお豆みたいなものができたことがありました。祖母にも父にもできたことがあって皮膚科で切ってもらっていたそうですが、私は鏡を見ながら、「じわーっと溶けて消えていく~」とイメージしながらイリスエスリークを塗っていたら 「おっ!」 という結果に。

効果は保証できませんが、同じような体験談はよく耳にします。イメージするのにお金も時間もかかりませんので、ぜひ試してみてはいかがですか。

プアーナ くわしくはこちら >>

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

症状にとらわれない

運動して足が筋肉痛になったのなら、足を中心に塗ればいいでしょう。でも、肩こりだからって肩にだけ塗っていても効果は低いんです。

ちょっと乱暴な言い方ですが、ほとんどの人は、肩こりの原因は肩なんかにはありません!だから 「肩にだけ塗ってもダメ」 (少なからず効果はありますが)。

肩しか揉まない整体師と、全身ケアをする整体師

あなたが肩こりがつらくて整体に行ったとします。

肩だけしか揉まない整体師 と 肩こりの原因がどこなのかをさぐりながら全身のケアをする整体師。どちらの整体師が優秀だと思いますか? 次も施術を受けたいと思うのは、どちらの整体師ですか?

マッサージ

優秀なのも、次回も受けたいと思うのも、全身のケアをする整体師ではないでしょうか?

なのに、自分で自分のケアをするとなると、「肩こりだから肩に」、「腰がつらいから腰に」となってしまう(汗)。症状をおさえる対症療法が身についてしまっているのかもしれませんね。

不調が現れる場所と原因の場所は違う

肩こりの根本的な原因をたどると、多くの人は ストレスによる自律神経の乱れが原因なんです。

ストレスを感じる ⇒ 交感神経がはたらく ⇒ 筋肉がかたくなる

この結果、肩コリ、首コリ、背中のコリ、を感じる。

肩がこる人のほとんどは、ふくらはぎが張る(むくむ)、便秘がち、疲れやすい、体がだる重たい、といった感覚があると思います。肩が原因ではなく自律神経の乱れが原因である証拠ですし、実際、現代人は多かれ少なかれ自律神経が乱れています。

症状にとらわれずに、全身のバランスを整えましょう。そうすればおのずと不調は消えていきます。イリスエスリークを全身に塗っている人ほど早く実感されるのも、全身のバランスが整ってきたからでしょう。

なお、体のお悩み別の効果的な使い方は、こちらもご参考に。体のお悩み別の使い方 >>

※当店では、イリスエスリークに「蓮の花のエッセンシャルオイル」と「クリスタルの微粉末」という浄化のはたらきの高い2つの成分を加えた『プアーナ』という商品に切りかわりました。

イリスエスリークからプアーナへ

イリスエスリークからプアーナ

『プアーナ』 くわしくは >>

イリスエスリークからプアーナへ

イリスエスリークからプアーナ

体をほぐすプアーナ くわしくはこちら >>

プアーナプアーナ

スポンサーリンク