健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 塩が自律神経を整える!?

塩が自律神経を整える!?

年齢を重ねると、塩分のとりすぎが気になります。以前、漢方や食に詳しい方とご一緒した時のこと。粒状のものを時々手のひらにとって、パクッと食べています。

「何を食べてるんですか?」

「あ、これ?お塩よ。」

「塩???」

「そう。日本人は意外と塩が足りてないのよ。

「えっ、摂りすぎじゃないんですか?」

塩不足が自律神経を乱し、やる気や元気を失わせる

※これは私がお話しさせていただいたこの方のお考えですので、ご参考としてお読みください。

お味噌汁や醤油をよく口にする方は、塩分が足りているかもしれません。なので、誰もかれも 「塩が足りないよ!」 とは言えません。しかし、味噌汁などを食べる機会の少ない人には、塩が不足している傾向があるのだそうです。

塩不足といっても、スナック菓子やコンビニ弁当などで、塩(塩化ナトリウム)をたくさん食べているのでは、と思いましたが、ここで言う「塩」とは「精製塩」ではなく、「粗塩」や「天然塩」のことだとか。

天然塩

もちろん、スナック菓子・コンビニ弁当・加工食品などに使われるナトリウムも、精製された食塩も、とりすぎないほうがいいでしょう。でも天然塩は適切な量を摂ることが健康につながるといことなのです。

塩は、交感神経(活動・ストレスの神経)を活性化させる食べ物の代表。塩分が足りないために、活力・元気・覇気がない若者が増えている、だそうです。

↑ページTOPへ

交感神経を活性化!活力アップを助ける塩

仕事でも勉強でもスポーツでも、活動する時は交感神経をはたらかせることが大切です。しかし、塩分が足りないと交感神経が活性化しません。ゆったりリラックスしている状態、というより、ぼんやりしている状態。

血管がゆるんだ(広がった)ままなので、血液がシャーッと流れずに、トロトロとゆっくり流れる状態。これでは、脳にも全身にも酸素・栄養・体温が届きにくくなって、ぼんやりして活力のない状態になってしまう。

交感神経ばかりはたらいているのもよくないですが、副交感神経ばかりはたらいているのもよくない状態。

「なんだかやる気が出ない」、「頭がはたらかない」、「ぼーんやりしている時間が多い」と感じる人は交感神経が十分にはたらいていないのではないでしょうか。

↑ページTOPへ

天然塩をそのままなめたり、お米に混ぜて炊いたり

ふだんの食生活で天然塩を口にすることが少ないと感じたら、ちょっと意識して天然塩を摂るようにしてみてください。

粒状の粗塩を持ち歩いてそのまま口に入れてなめるのもいいですし、ごはんを炊くときにお米と一緒に天然塩を入れてご飯を炊いたり。料理に「精製塩」を使っているのなら「天然塩」に変えてみましょう。

天然塩

特に夏などは汗と一緒に塩分が出てしまうので、水分だけでなく塩分補給も大切。また、眠気予防に塩をなめておくと、眠くならずにすむことも。会議の前などにオススメですね。

交感神経を活性化させるのは、ナトリウム。副交感神経を活性化させるのは、その他のミネラル類。

精製塩はほとんどがナトリウムなのでお勧めしませんが、天然塩にはさまざまなミネラルがバランスよく入っています。天然ミネラルのサプリメント、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ