TEL:045-624-8124

HOME > 栄養素 > ギャバの効果

ストレス解消などギャバの効果と多く含む食べ物とは?

ストレス解消効果の高い「ギャバ」。頭の回転も速くなる効果も期待されていて、ビジネスマンだけでなく、勉強をがんばるお子さんにと、ギャバを摂るように気を配るお母さんも増えています。

そこで、いつものお米を「あるもの」に変えるだけで、ギャバを手軽に豊富に取り入れるだけでなく、疲労回復やコレステロールを下げる効果をも高めてくれる方法があります。その「あるもの」とは・・・

栄養が豊富な胚芽米でストレスも解消

胚芽米でストレス解消

疲労回復のビタミンといわれるビタミンB群がたっぷり含まれているのが胚芽米。

胚芽米は、玄米から表皮ぬか層を取り除いて、もっとも栄養のある芽が出る部分(胚芽)だけを残して精米したお米。

胚芽米にはストレスや疲れをとるのに効果的なビタミンB群だけでなく、ミネラル、食物繊維、血液をキレイにするビタミンEもたっぷり。

さらに胚芽米はコレステロールを下げるリノール酸も多く含んでいますし、ビタミンEがあるおかげでリノール酸の酸化も防いでくれます。胚芽米は栄養が高いだけでなく、栄養素のバランスもよい優れものの食品といえます。

スポンサーリンク

胚芽米のギャバがイライラを解消。頭の回転もアップ!

胚芽米でストレス解消

胚芽米の栄養の中で注目なのがギャバ

ギャバとは正式には「ガンマ-アミノ酪酸」と呼ばれるアミノ酸の一種。体内で抑制系の神経伝達物質として脳の中の血流を活発にして、酸素の供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めるはたらきがあります。

脳の中でギャバが不足すると・・・

  • イライラしやすくなる
  • ストレスがたまり、解消されにくい
  • 集中力が続かない
  • 疲れがとれない
  • なんだか体調がよくない

といったことにも。胚芽米で手軽にギャバを摂れば脳もすこやかになって頭の回転も速くなります。

胚芽米は玄米のぬか層を取り除いているので、白米のように消化吸収がスムーズ。しかも栄養価は白米とくらべてグンとアップ!まさに玄米と白米のいいとこどりですね。

白米を胚芽米にかえれば、ストレスも疲れも軽く、仕事や勉強の能率もアップ、さらにはダイエットまで、心地よい毎日が期待できるでしょう。

大切なのは、その栄養をちゃんと吸収すること!

いくら栄養価が高くても、体が固いと 流れが悪くなっているので、せっかくの栄養も吸収されにくく、全身に行き渡りません。老廃物や疲労物質も出にくくなります。

あなたは、肩がこる、背中が張る、足がむくむ、いつも体が重たい、疲れがとれない、といったことありませんか?

栄養を吸収して不要なものを出すためには、体をほぐすことがなにより大切。

マッサージされると体が軽くなってトローンと眠たくなるように、体がほぐれると回復モードのスイッチが「ON」になって「消化・吸収」も進むのです。

41度以下のお風呂に15分ゆったりと入ったり、軽い運動をしたり、深呼吸したり、ストレッチしたり、自分で体をもみほぐすなどして、普段からこまめにほぐしてあげてください。

また 自分でより深く体をほぐす方法があります。自宅で簡単、誰でもすぐできる方法ですのでご紹介します。

しっかりほぐれて体ラクラク♪自宅で簡単な方法とは? >>

 

★ あわせて読みたい ★