TEL:045-624-8124

HOME > 自律神経 > 原因

自律神経が乱れる原因とは?

自律神経が乱れることによって、体の不調、心の不調を感じる人が増えています。

そこで、自律神経が乱れるのはなぜ? なぜ自律神経に影響を及ぼすの? などについてお伝えします。

【目次】

自律神経が乱れる原因は「ストレス」

自律神経が乱れる原因は『ストレス』です。

  • 「明日は営業会議かぁと思うとストレスで胃が痛い」
  • 「これから大事なプレゼンかと思うと緊張で手足が震えてきた」
  • 「今日はウチの子の合格発表。ドキドキするなぁ」

どれもイメージできるのではないでしょうか?

胃を痛めたり、手足をブルブルと振るわせたり、ドキドキと心臓の鼓動を早めたり。このようにストレスは、物理的に私たちの体を変化させることで影響をあたえているのです。

どんなものがストレスに?

ストレスの原因には、肉体的なものと精神的なものがあります。体のストレスと心のストレスですね。おもなものを紹介します。

肉体的なストレス精神的なストレス

これらのストレスが、なぜ自律神経の乱れの原因となっているのでしょうか?

ストレスで自律神経が乱れるのはなぜ?

自律神経は私たちの体を守っています。活動できるのも健康でいられるのも自律神経のおかげ。

自律神経

自律神経は、左図のように正反対の2つの神経からなりたっています。

昼間は「交感神経」がはたらいて活動をサポートする。夜は「副交感神経」がはたらいて昼間の疲れを回復する。

正反対のはたらきをする2つの神経が交互にバランスよくはたらくことで、私たちが元気で健康な体で生活できるように守っています。

昼間の活動で疲れても夜眠っている間に疲労が回復するのも、風邪をひいてもよく眠ることで回復していくのも、自律神経がはたらいているおかげです。

健康な人の自律神経バランス

しかし・・・

ストレスが自律神経のバランスをくずす

人間関係のストレス、仕事のノルマや責任、長距離通勤、睡眠不足など、ストレスが多い生活では「交感神経」ばかりがはたらいてしまいます。すると反対に、体を回復させる「副交感神経」が十分はたらけなくなってしまうのです。

健康でない人の自律神経バランス

ストレスの多い生活によって、交感神経ばかりが優位となって副交感神経が十分はたらけないことが、自律神経失調症の原因

交感神経

ストレスを受けると・・・
 → 交感神経だけが活性化
 → 筋肉は緊張して固くなる
 → 体の流れが悪くなる
 → 栄養や酸素はいきわたらない
 → 老廃物も排出されにくい
 → 体の回復がなかなか進まない
 → 新陳代謝も進まない
 → 疲れがとれない
 → さまざまなな不調を抱える

自律神経失調症でなくてもいろんな不調を感じている人は多いでしょう。

疲れがとれない、体が重たい、寝つきが悪い、眠りが浅い、体が冷える、肩こりがひどい、ほてる、スッキリ出ない、など。

その原因も「ストレスが多くて交感神経ばかりが活性化していること」ではないでしょうか。

↑ページTOPへ

副交感神経をはたらかせることがなにより大切

自律神経からくる不調の原因は、ストレスで交感神経ばかりはたらくこと。改善するためには、

  • ストレスを減らすこと
  • 副交感神経をはたらかせること
  • ストレスで固くなった筋肉をほぐすこと

が必要なのです。とはいえ、ストレスを減らすことは難しいでしょうし、自分の意識で副交感神経をはたらかすこともできません。でも、

マッサージで眠くなった経験ありませんか?

マッサージで副交感神経に

気持ちよくなったり、眠たくなったというのは、体の回復モードである 『副交感神経』 に切りかわった証拠なのです。

筋肉をほぐすと回復が進む

自律神経からくる悩みの原因である「ストレス」を減らすことは難しくても、体(筋肉)をほぐすことはできますよね?

こまめに筋肉をほぐせば、副交感神経がはたらく時間が増えるので、体の回復が進んでいきます。

逆に、不調を感じている人の共通点は、体がガチガチに固くなっていること。固い体そのものがストレスとなって交感神経を・・・という悪循環です。

深呼吸したり、ゆったりとお風呂につかったり。ウォーキングやジョギングをしたり、ストレッチしたり。好きな音楽を聴いたり、アロマをたいたり、間接照明でリラックスしたり。

毎日の生活の中で、こまめに体をほぐしたりリラックス気分でいられる時間を増やすように、心がけましょう。

※参考 : しっかりほぐれて体ラクラク! 自宅で簡単な方法とは? >>

よく読まれている記事はこちら

プアーナプアーナ