TEL:045-624-8124

HOME > 体を温める > 新陳代謝を上げる方法

新陳代謝を上げる方法

ヨガで汗をかく女性

新陳代謝を上げることは、健康で美しくあるためにはとても大切。さてあなたの平熱は何度ですか?

平熱が36.5度なら素晴らしいですね。人生の大先輩の中には37度が平熱という方もおられます。逆に、若い人、特に女性で、平熱が35度台であったり、35.5度もない、という人が増えています。新陳代謝はずいぶん低下していることでしょう。

「体がだるい、重たい」、「疲れがとれない」、「肌の調子がよくない」、その原因は 低い体温による新陳代謝の低下 ではないでしょうか。

【目次】

新陳代謝を上げるポイントは体温!

新陳代謝と体温の関係をみてみましょう。

体温 36.5度 ・・・ 新陳代謝 100%

体温 36.5度 というのは、健康な人の基礎体温。新陳代謝はほぼ 100% 活発に機能しています。

健康で活動的。免疫力も高いので、風邪やインフルエンザにかかりにくい。多少疲れたり無理をしても回復力が高いので、体調を崩さずにいられます。

ほとんど病気をしない健康体でいられるでしょう。

体温 35.5度 ・・・ 新陳代謝 50% - 60%

体温 35.5度 というのは、冷えを感じる人の体温。新陳代謝は50% - 60% と本来の約半分しかはたらきません。

自律神経も乱れがちで、便秘、汗をかけない、など排泄機能が低下。疲れやすい、疲れがとれない、体調を崩しやすい、よく寝たのに体が重い。

食べてもエネルギーに変わらないので、いまひとつ元気ではない状態。エネルギーに変わらない代わりに、脂肪に変わってしまって太りやすい。アトピーやアレルギー体質にもなりやすくなります。

体温 34.5度 ・・・ 新陳代謝 10% 以下

体温 34.0度は、生死の境にいる状態。新陳代謝はわずか 10%に満たないとも言われます。

海難救助では “救出しても生きていられるかどうか” を判断する体温。自分で自分の体を自由に動かすことができない状態です。

さて、では、新陳代謝を高めるためには・・・

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

やせない、疲れがとれない、その原因も・・・

あなたの体温と新陳代謝、いかがでしたか?

  • 「ダイエットしてもなかなかやせないの」
  • 「暑い夏でもお腹や太ももを触ると冷えている」

そんな方、体温が低くありませんか?

体温が低い → 新陳代謝が低下 → 燃えない → やせない といった状態かもしれません。でもここで、「やせないからもう少し食事を減らそう」とすると・・・

食べ物に含まれる酵素が体内に入ってこない
 → 少ない酵素が食べ物の消化だけに使われる
 → 新陳代謝に必要な酵素が足りない
 → 新陳代謝が低下
 → 燃えない
 → やせない、疲れがとれない、肌や体の調子がよくない

こんな状態になります。そこで・・・

↑ページTOPへ

体温を上げる方法とは?

冬はもちろんですが、実は夏こそ体を冷やしがち。その理由は体を冷やす生活習慣にあります。

体を冷やす生活習慣

  • エアコンの冷房で、冷たい空気が下におりて足元が冷える
  • 薄着
  • 涼しい室内と暑い外の温度差
  • 冷たいものの食べすぎ、飲みすぎ
  • 体を冷やす夏野菜

暑い季節だからこそ、体を冷やす原因がたくさんあるのですね。

私たちの体は、体温が1度上がれば免疫は6倍に!酵素のはたらきも新陳代謝も高めることができます。そこで体温を上げるための生活習慣というのが・・・

体温を上げる生活習慣

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物 に気をつける
  • エアコンになるべく頼らない(夏はうちわと扇風機、冬はこたつなど)
  • 運動で体温を上げる(筋肉も増えて熱が作られやすくなる)
  • 食物繊維、酢のもの、からいものを食べるようにする
  • シャワーだけで済まさずに湯船にゆったりとつかる
  • 薬をなるべく飲まない

このような生活習慣で、体温を上げて新陳代謝を高めるように心がけましょう。

そして、なにより大切なことは・・・

ほぐして流れをよくすること!

冷え性のあなた、首・肩・背中がこっていませんか?

冷え性のほとんどの人は、体がこっています。

また、体がこっているからこそ、体の流れが悪くなって熱が行きわたらずに冷えを感じているのです。

コリのある固い体は冷えだけでなく「疲れがとれない」、「体が重たい」、「ぐっすり眠れない」といったさまざまな不調の原因に。

こまめに体をほぐして、流れをよくすることは本当に大切なんです!

自分で体をもみほぐす。ストレッチで体を伸ばす。軽い運動をする。ゆったりと湯船につかる。固い体をほぐしてあげましょう。

また 自分で体をより深くほぐす方法 があります。自宅で、簡単に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

流れのよい体へ!深くほぐす方法 >>

 

プアーナプアーナ

 

★ こんな記事も読まれています ★