TEL:045-624-8124

HOME > 体を温める > 体を温める魚

体を温める魚と冷やす魚とは?

魚にも「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。ただ魚は全般的に体を温めるものが多く、特に寒い北の海で獲れるものや赤身の魚は、温めるはたらきが強いようです

寒い冬にあたたまるには最適の鍋料理にも魚は欠かせない存在ですし、ちりめんじゃこ、しらす、明太子、佃煮(つくだに)といったご飯のお供としても、魚介類は身近で手軽な食べ物のひとつ。

では、体を温める魚・冷やす魚について紹介します。

【目次】

体を温める魚と冷やす魚の見分け方

最初に書いたとおり、見分け方は・・・

  • 北の海で獲れる魚や赤身の魚は、体を温める

魚は基本的には体を温める食べ物。赤身の魚は温めるはたらきが強い食べ物ですが、白身の魚は体を冷やすかというとそうではなく、体を温めることも冷やすこともない「中間の食べ物」です。

↑ページTOPへ

体を温める魚

体を温める魚は鮭、まぐろ、さんま、明太子

体を温める魚には何があるかというと・・・

  • まぐろ
  • かつお
  • サバ
  • イワシ
  • さんま
  • カニ
  • ほたて貝
  • 明太子
  • ちりめんじゃこ
  • 海藻

鮭は寒い海で獲れる魚、かつおは赤身の魚、明太子は塩辛い、ということで体を温める食べ物になります。

さば、いわし、さんまなどは手頃で手軽な食材ですし、明太子やちりめんじゃこもご飯のお供にも最適。海藻はわかめをお味噌汁にしたり海藻サラダにしたりと、こちらも手軽に取り入れられるのではないでしょうか。

次は、体を冷やす魚について、お伝えします。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

体を冷やす魚

冷やす魚はうなぎ、あさり、しじみ、ウニ

体を温める魚には何があるかというと・・・

  • うなぎ
  • はも
  • あさり
  • しじみ
  • ウニ

魚は全般的に体を温める傾向があるので、「体を冷やしてしまう魚」というのは少ないですね。

*-*-*-*

以上、体を温める魚と体を冷やす魚についてお伝えしました。

寒い冬。昆布のだしに鮭と味噌の「鍋」ならすべて温め食材。西京漬けのように味噌と魚を一緒にいただくのもおすすめです。

魚は良質なたんぱく質。青魚には脂のサラサラ効果、そして体を温めるはたらきとメリットがたくさん。ぜひ食事に取り入れて冷えない体を手に入れましょう。

最後に、そもそも なぜ「冷え」が起きるのでしょうか?

冷えの根本的な原因は2つ。あなたはどちらに当てはまりますか?

スポンサーリンク

冷えの原因はこの2つ

冷えの原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない人」は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動する、バスや自転車を徒歩に変える、エスカレーターを階段に変えるなど、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に15分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない人」は、体が固くなっていませんか?

肩こり、首こり、背中がガチガチ、足がむくむ・・・。ストレスの多い人は特に体が固くなりがちです。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で簡単、誰でもすぐできる方法です。深くほぐして流れをよくして、いつもぽかぽか、夜はぐっすり。軽やかで元気な毎日のためにぜひ参考になさってください。

しっかりほぐれて軽やかぽかぽか!簡単な方法とは >>

 

★ あわせて読みたい ★