TEL:045-624-8124

HOME > 体を温める > 体を温める魚

体を温める魚と冷やす魚とは?

魚にも「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。ただ魚は全般的に体を温めるものが多く、特に寒い北の海で獲れるものや赤身の魚は、温めるはたらきが強いようです

寒い冬にあたたまるには最適の鍋料理にも魚は欠かせない存在ですし、ちりめんじゃこ、しらす、明太子、佃煮(つくだに)といったご飯のお供としても、魚介類は身近で手軽な食べ物のひとつ。

では、体を温める魚・冷やす魚について紹介します。

【目次】

体を温める魚と冷やす魚の見分け方

最初に書いたとおり、見分け方は・・・

  • 北の海で獲れる魚や赤身の魚は、体を温める

魚は基本的には体を温める食べ物。赤身の魚は温めるはたらきが強い食べ物ですが、白身の魚は体を冷やすかというとそうではなく、体を温めることも冷やすこともない「中間の食べ物」です。

↑ページTOPへ

体を温める魚

体を温める魚は鮭、まぐろ、さんま、明太子

体を温める魚には何があるかというと・・・

  • まぐろ
  • かつお
  • サバ
  • イワシ
  • さんま
  • カニ
  • ほたて貝
  • 明太子
  • ちりめんじゃこ
  • 海藻

鮭は寒い海で獲れる魚、かつおは赤身の魚、明太子は塩辛い、ということで体を温める食べ物になります。

さば、いわし、さんまなどは手頃で手軽な食材ですし、明太子やちりめんじゃこもご飯のお供にも最適。海藻はわかめをお味噌汁にしたり海藻サラダにしたりと、こちらも手軽に取り入れられるのではないでしょうか。

次は、体を冷やす魚について、お伝えします。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

体を冷やす魚

冷やす魚はうなぎ、あさり、しじみ、ウニ

体を温める魚には何があるかというと・・・

  • うなぎ
  • はも
  • あさり
  • しじみ
  • ウニ

魚は全般的に体を温める傾向があるので、「体を冷やしてしまう魚」というのは少ないですね。

*-*-*-*

以上、体を温める魚と体を冷やす魚についてお伝えしました。

寒い冬。昆布のだしに鮭と味噌の「鍋」ならすべて温め食材。西京漬けのように味噌と魚を一緒にいただくのもおすすめです。

魚は良質なたんぱく質。青魚には脂のサラサラ効果、そして体を温めるはたらきとメリットがたくさん。ぜひ食事に取り入れて冷えない体を手に入れましょう。

そして、なにより大切なことは・・・

ほぐして流れをよくすること!

冷え性のあなた、首・肩・背中がこっていませんか?

冷え性のほとんどの人は、体がこっています。

また、体がこっているからこそ、体の流れが悪くなって熱が行きわたらずに冷えを感じているのです。

コリのある固い体は冷えだけでなく「疲れがとれない」、「体が重たい」、「ぐっすり眠れない」といったさまざまな不調の原因に。

こまめに体をほぐして、流れをよくすることは本当に大切なんです!

自分で体をもみほぐす。ストレッチで体を伸ばす。軽い運動をする。ゆったりと湯船につかる。固い体をほぐしてあげましょう。

また 自分で体をより深くほぐす方法 があります。自宅で、簡単に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

流れのよい体へ!深くほぐす方法 >>

 

プアーナプアーナ

 

★ こんな記事も読まれています ★