TEL:045-624-8124

HOME > 健康法 > 奇跡のメダイ

奇跡のメダイとは?

奇跡のメダイという不思議な話、そしてそのメダイ(メダル)をご存じですか?

フランスには 「ルルドの泉」 や 「奇跡のメダイ」 など、マリア様にまつわる不思議な場所や逸話があります。どちらも病気が奇跡的に回復したケースが次々にあらわれています。

【目次】

ルルドの泉

2005年の秋。ちょっと不思議でかつ素晴らしい治療家の方々とフランス旅行に出かけました。ロカマドール、サント・マリー・ド・ラメール、ルルドなどマリア様ゆかりの地をめぐる旅行です。

なかでも楽しみだったのがルルド。ルルドの泉には毎日多くの方々が訪れます。観光の方はもちろんですが、ご病気の方やケガの方など、体を治したいと思っている方々が多く訪れます。

1858年のこと。ベルナデッタという名前の少女が薪に使う流木を拾いに来たところ、目の前にマリア様の姿が現れました。驚いているベルナデッタに向かってマリア様は、「この場所をほって湧き出た水を病気の人々に飲ませなさい」と告げられました。

そしてその水を飲んだ人々の病が次々に治癒していった、ということから、病気やケガの治癒を望む人々がルルドを訪れています。

私はルルドで沐浴をおこないました。ほんの10秒ごど水につかるだけですが、一気に全身の筋肉がゆるんだ感覚。お湯ではなく冷たい水なので体がこわばるのが普通なのに、なぜか深くゆるんだ感覚。不思議です。

そこではルルドの湧水は無料でいただけるので、ボトルを購入して日本へ持ち帰りました。その後に向かったのが、パリの「奇跡のメダイ教会」。この教会でも同様の不思議な話が言い伝えられています。

奇跡のメダイ

1830年11月27日。

フランス・パリのある教会。黙想する修道女カタリナ・ラブレの前に、聖母マリア様があらわれました。その時の様子をこう語っています。

*--*--*--*--*

「マリア様は、白い絹のローブをお召しになって半分だけ見える地球の上に立ち、その御足はへびの頭を踏みつけておられました。その御手は、胸の位置で世界を象徴するような金色の球を、神に捧げられるかのように、お持ちになっておられました。そして私をご覧になると、内なる声でお話になられました。

“あなたが見ているこの球は、全世界を、とりわけ個々の人々を象徴しています。そしてこの光は、私に願い求める人々に注がれる恵みを象徴しているのです。”

次の瞬間、聖母様のまわりに卵形の枠ができ、金文字で『原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身に依り頼み奉る我等の為に祈り給え』と記されていました。

“この姿の通りに、メダイを作ってもらいなさい。このメダイを身につける人は、特に首に掛ける人は、残らず大きなお恵みを受けるでしょう。深い信頼を持ってそれを身につける者は、また特別に豊かな恵みに満ちあふれるでしょう。”

マリア様はそうおっしゃったのです。」

*--*--*--*--*

修道女カタリナから、この話を聞いたアラデル神父様。最初は信じなかったものの、無心に頼み続けるカタリナの姿に心を動かされ、パリの大司教の認可を得て、1832年5月に最初のメダイが刻まれて、多くの人々に配られました。

当時パリでは、コレラで何千人もが亡くなっていた為、このメダイを人々に配り『原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身に依り頼み奉る我等の為に祈り給え』とくりかえしお祈りするようにすすめたのでした。

すると奇跡的に、病気から回復する人が次々と現れ、多くの人々、特に病気の人が喜んで身につけるようになったこの小さなメダイは、広く普及していきました。このメダイがあまりにも早く広がり、驚くべき奇跡や恵みをもたらしましたので、いつのまにか人々から『奇跡のメダイ』と呼ばれるようになりました。

奇跡のメダイ教会

奇跡のメダイ

「奇跡のメダイ教会」と呼ばれる教会で、奇跡のメダイを購入することができます。奇跡のメダイ教会は、パリの中心にある百貨店「ボン・マルシェ」のすぐそば。

ルルドの泉はまさに「ルルドの泉に行く」ためにだけ行くような場所ですが、奇跡のメダイ教会はパリ中心部からほど近い場所。

百貨店「ボン・マルシェ」からは歩いて1分ほどの距離なので、パリに行く機会のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

私はこの 「奇跡のメダイ教会」 で20個ほど奇跡のメダイを購入して帰りました。写真の奇跡のメダイはほんの1例。10円玉ほどの大きさで、1ユーロから2ユーロほどで購入しました。もちろんメッキ。少し重たい材質です。

すこし傷があったり、メッキが剥げやすかったり、ということもありますが、アクセサリー的につけるのが目的ではないので、問題ないですね。

材質、大きさ、色など、さまざまな奇跡のメダイがあります。1円玉よりも小さくてとても軽いものから、純金で作られた高価なものまで。

「このメダイを特に首に掛ける人は残らず大きなお恵みを受けるでしょう。」とありますから、比較的小さめで軽いメダイを選ばれるといいかもしれません。

写真の奇跡のメダイは、縦1.2センチ、横2.0センチの軽いタイプ。おそらく、1ユーロから2ユーロ程度で購入できると思います。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ