TEL:045-624-8124

HOME > 健康法 > 乳酸を分解する食べ物

乳酸を分解する食べ物とは?

乳酸を分解するのに効果的なのは、お酢などに含まれるクエン酸。また酢に含まれるアミノ酸も、エネルギー代謝を活性化して乳酸がつくられるのをおさえます。お酢は、クエン酸とアミノ酸のダブルで乳酸を分解する健康食品です。

乳酸を分解する食べ物「クエン酸」

疲れた時はつい甘いものが欲しくなります。甘いものは血糖値を上げてくれるので、体の疲れもやわらいで精神的にもリラックスできますよね。

しかし、甘いものには糖質の分解や代謝に必要なビタミンB1が少ないので、糖質がうまく分解できずに乳酸に変わり、かえって疲れを感じることもあるんです。

乳酸を分解する食べ物であるお酢や酢の物やリンゴ酢など

体内にたまった乳酸を分解する食べ物は、お酢などに多く含まれるクエン酸。クエン酸が乳酸を分解してくれて、疲労の回復を促進してくれます。

クエン酸の多い食べ物

クエン酸の多い食べ物はこちら。

  • お酢
  • かんきつ系の果物(みかん、グレープフルーツ、レモンなど)
  • パイナップル
  • キウイ
  • リンゴ
  • トマト

クエン酸の多い食べ物である柑橘系の果物、キウイ、トマト、梅干し

酢の物やお酢のドリンク、柑橘類や梅干などの食べ物でクエン酸をとるのは、乳酸の分解に効果的。おかずにお酢をかけるのも手軽ですね。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

クエン酸は乳酸を分解して体をアルカリ化。

食べ物に含まれるブドウ糖は、体の中で燃やされてエネルギーを作り出します。そのとき、完全に燃焼されなかった燃えカス(焦性ブドウ糖)が、酸性物質となって体の中にたまって乳酸に変化していくのも、疲れの大きな原因。

ここでもクエン酸が活躍。この燃えカスが乳酸になる前にクエン酸が分解し、体をアルカリ化してくれて、疲れを解消してくれます。

また、クエン酸に殺菌効果があることは広く知られるようになりました。クエン酸を掃除に使っている人も多いことでしょう。

そのキレイにする効果は体の中でも発揮。大腸菌などの細菌を退治してくれるので、乳酸を分解するだけでなく、食中毒の予防にもクエン酸は効果的です。普段の食事の中で手軽に取り入れて、乳酸を分解、疲れをとりましょう。

最後に大切なことがもうひとつ。

せっかくクエン酸の多い食べ物を食べても、固い体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養も吸収されにくく、全身に行き渡りません。また、いらないものも出にくいのです。

栄養を吸収していらないものを出すためには、体をほぐすことがなにより大切。マッサージされるとトローンと眠たくなるように、体がほぐれると回復モードのスイッチが「ON」になるんです

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ