HOME > 健康法 > 乳酸を分解する食べ物

疲労回復に効果的!乳酸を分解する7つの食べ物とは?

乳酸を分解するのに効果的なのはお酢などに含まれるクエン酸。

また酢に含まれるアミノ酸もエネルギー代謝を活性化して乳酸がつくられるのをおさえます。

お酢はクエン酸とアミノ酸のダブルで乳酸を分解する健康食品なのです。

スポンサーリンク

乳酸を分解する食べ物「クエン酸」

乳酸を分解する食べ物であるお酢や酢の物やリンゴ酢など

疲れた時はつい甘いものが欲しくなります。甘いものは血糖値を上げてくれるので、体の疲れもやわらいで精神的にもリラックスできますよね。

しかし甘いものには糖質の分解や代謝に必要なビタミンB1が少ないので、糖質がうまく分解できずに乳酸に変わってしまい、かえって疲れを感じることもあるんです。

体内にたまった乳酸を分解する食べ物は、お酢などに多く含まれるクエン酸。クエン酸が乳酸を分解してくれて、疲労の回復を促進してくれます。

クエン酸の多い食べ物

クエン酸の多い食べ物である柑橘系の果物、キウイ、トマト、梅干し

クエン酸の多い食べ物はこちら。

  • お酢
  • かんきつ系の果物
    (みかん、グレープフルーツ、レモンなど)
  • パイナップル
  • キウイ
  • リンゴ
  • トマト

酢の物やお酢のドリンク、柑橘類や梅干などの食べ物でクエン酸をとるのは、乳酸の分解に効果的。おかずにお酢をかけるのも手軽ですね。

スポンサーリンク

クエン酸は乳酸を分解して体をアルカリ化。

食べ物に含まれるブドウ糖は、体の中で燃やされてエネルギーを作り出します。

そのとき完全に燃焼されなかった燃えカス(焦性ブドウ糖)が酸性物質となって、体の中にたまって乳酸に変化していくのも疲れの大きな原因。

ここでもクエン酸が活躍。この燃えカスが乳酸になる前にクエン酸が分解し、体をアルカリ化して疲れを解消してくれます。

また、クエン酸に殺菌効果があることは広く知られるようになりました。クエン酸を掃除に使っている人も多いことでしょう。

そのキレイにする効果は体の中でも発揮。大腸菌などの細菌を退治してくれるので乳酸を分解するだけでなく食中毒の予防にもクエン酸は効果的です。

クエン酸の多い食べ物・飲み物を毎日の食事の中で手軽に取り入れて、乳酸を分解して、疲れをとりましょう。

※参考サイト:厚生労働省 e-ヘルスネット「乳酸」

以上、乳酸を分解する7つの食べ物についてお伝えしました。

どんより重たい、いつもガチガチ、いまひとつスッキリしない、という方には天然由来100%の全身用ジェル「プアーナ」もおすすめです。

長年のだるさ・ガチガチが1ヶ月で!
鉄板をおろしたみたいに体が軽い!
朝までぐっすりなんて久々でした!

ただ塗るだけで不思議なほどすばやくゆるんで、ハスの花の香りにやすらぎます。全国送料無料です。

軽やかな毎日へ♪プアーナはこちら >>

天然由来の全身用ジェル「プアーナ」

*-*-*-*-*

スポンサーリンク

トップへ