TEL:045-624-8124

HOME > 食べ物 > 大根の効果

大根の効果と効果的な食べ方とは?

大根は「天然の胃薬」と呼ばれるほど胃腸への健康効果が高い食べ物です。

そんな大根にはどんな効果があるの? どんな食べ方が一番効果的なの? についてお伝えします。

生の大根で消化不良を改善

消化不良を改善する大根

大根には、アミラーゼ(ジアスターゼと呼ばれることもあります)、プロテアーゼといった消化不良を改善する酵素が豊富。アミラーゼはでんぷんを分解する酵素。プロテアーゼはたんぱく質を分解する酵素です。

これらの酵素が消化不良を改善し、胸やけや胃もたれを防いでくれます。

しかし、アミラーゼなどの酵素は熱に弱いので、加熱した料理では、消化不良を改善する効果は期待できません。

そこで、消化不良を改善するための大根の効果的な食べ方というと・・・

大根おろしや大根サラダで

消化不良を改善する食べ物は生で

そこで、大根おろしなど生の状態で食べて消化不良を改善しましょう!焼き魚や天ぷらなどに大根おろしが添えられるのは、味だけではなく消化不良を防いでくれるからですね。

大根おろしでなくても、生であれば酵素がしっかりと消化不良を改善します。千切りにした大根サラダでもOKです。

大根の中でも葉っぱに近い部分を

大根の中でも葉っぱに近い緑色の部分に消化酵素が多く含まれています。

葉っぱの近くは甘みが多い部分。大根おろしにも大根サラダなどにも食べやすくてピッタリですね。

食事の最初に大根を

酵素が豊富な生の大根は、食事の最初に食べましょう。

空腹なところに大根おろしはちょっと・・・という方は、一番最初でなくても大丈夫。すこし食べ物をお腹に入れてから生の大根を食べてください。

大根に含まれる豊富な酵素が、後から入ってくる食べ物の消化を強力にサポートしてくれます。

お腹の調子が良くないからと言って薬を飲むのではなく、生の大根を食事に取り入れて、自然のチカラでお腹の調子を整えてみてはいかがでしょうか?

栄養がちゃんと吸収されることが大切!

そんな消化不良を助ける大根の効果をえるために、大切なことがひとつ。

大根に含まれる酵素や栄養素をしっかり吸収して全身に届けるためには、体がほぐれていないといけません。

固い体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養がじゅうぶんに吸収されず、全身にも行き渡りません。さらにいらないものも出にくくなります。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ