TEL:045-624-8124

HOME > 食べ物 > たまねぎの栄養と効果

たまねぎの栄養と効果とは?

たまねぎにはさまざまな健康効果があります。

たまねぎの健康効果は、体だけでなく精神面にも効果を発揮。精神的ストレスの解消法として たまねぎ、長ねぎ、ニラなどのネギ類 はとても効果的なのです。

現代人はいろんなストレスに囲まれています。長時間の通勤、不規則な食生活、睡眠不足といった体のストレスも多いですが、やはり人間関係や仕事のノルマ、プレッシャーなどの精神的ストレスの方がつらいのではないでしょうか。

そこで、精神的ストレスの解消法として効果的なたまねぎについて、その効果や食べ方をご紹介します。

精神的ストレスの解消にはたまねぎ

バスケットに入ったたまねぎ

たまねぎの良さはすっかり有名ですね。辛味成分の血液サラサラ効果や、コレステロールにも良いなどの効果はよく耳にします。

辛味成分である「硫化アリル」はネギ類共通の成分。血液が固まるのを防いで サラサラにする ので生活習慣病の予防に最適な成分です。

また「硫化アリル」には 神経を静めるはたらき があるので、たまねぎを食事に取り入れると、精神的ストレスの解消に効果的なのです。

そんなたまねぎの健康効果をえるためには、ただ食べればいいというものではありません。効果を高める食べ方があるんです。たまねぎの効果的な食べ方とは・・・

精神的ストレスには生のたまねぎが効果的

スライスした生のたまねぎ

たまねぎは加熱すると精神的ストレスを解消する効果がダウン。生で食べるのが一番です!ただ・・・

辛みをやわらげようと水にさらしすぎる、とせっかくの「硫化アリル」が流れ出てしまいます。

そこでお酢などを使って生のたまねぎの辛味をやわらげる食べ方がおすすめです。

疲労回復、代謝アップ、食欲増進にも効果的

硫化アリルは、疲労を回復するビタミンB1を吸収しやすくしてくれますし、新陳代謝も高めてくれる最高の栄養素。風邪のときにネギやたまねぎを使うのもこのためです。また、消化液の分泌を助けて食欲も促進するので、食欲がない時にもおすすめの野菜です。

食事にたまねぎを取り入れる時は、お酢をベースにしたドレッシングで和えた生野菜サラダや、水にさらしたたまねぎと鰹のタタキをポン酢で食べるのもいいですね。ぜひ生のたまねぎを食事に取り入れて、精神的ストレスを解消しましょう。

大切なのは、その栄養をちゃんと吸収すること!

いくら栄養価が高くても、体が固いと 流れが悪くなっているので、せっかくの栄養も吸収されにくく、全身に行き渡りません。老廃物や疲労物質も出にくくなります。

あなたは、肩がこる、背中が張る、足がむくむ、いつも体が重たい、疲れがとれない、といったことありませんか?

栄養を吸収して不要なものを出すためには、体をほぐすことがなにより大切。

マッサージされると体が軽くなってトローンと眠たくなるように、体がほぐれると回復モードのスイッチが「ON」になって「消化・吸収」も進むのです。

41度以下のお風呂に15分ゆったりと入ったり、軽い運動をしたり、深呼吸したり、ストレッチしたり、自分で体をもみほぐすなどして、普段からこまめにほぐしてあげてください。

また 自分でより深く体をほぐす方法があります。自宅で簡単、誰でもすぐできる方法ですのでご紹介します。

しっかりほぐれて体ラクラク♪自宅で簡単な方法とは? >>

 

★ あわせて読みたい ★