HOME > 飲み物 > 豆乳の効果

胃もたれ解消にも効果的!豆乳に満載の健康効果とは?

食べ過ぎ、飲み過ぎ、揚げ物を食べたあとにおとずれる胃もたれ。とても不快なものですね。

年齢を重ねると特にこの傾向は顕著に。せっかくの好物なのに食べる量をおさえなければならなかったり。

そもそもなぜ胃もたれが起こるでしょう?

それは食べ過ぎや揚げ物のような消化のよくない食べ物を食べた時に、消化がなかなか進まずに胃の中に残ってしまうため。これが何ともいえない不快感につながるのです。

そんな胃もたれ解消には「豆乳」がおすすめ。そこで、豆乳の胃もたれ解消効果やそのほかの健康効果について、お伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

豆乳の胃もたれ解消効果

胃もたれ解消に効果的な豆乳

豆乳は胃もたれの解消にとてもおすすめな飲み物です。

胃の粘膜を保護するために牛乳を飲む、というのを聞くことがあります。

しかし安全性を考えると牛乳などの乳製品はちょっと……という方も多いですよね?

そこで豆乳に胃の中を守るはたらきを発揮してもらいましょう。

豆乳はいつ飲む?

胃もたれを感じている時に豆乳を飲んでももちろん効果があります。でも胃もたれ解消にもっと効果的なのが食べる前に豆乳を飲んでおくこと。

食べる前に豆乳を飲んでおくと、先に胃の内部に膜を張るような状態を作ってくれます。その後に食べた物が胃を荒らさないように守ってくれるのですね。

胃もたれ解消なら温かい豆乳を

ただ冷たいままの豆乳は胃の中を冷やしてしまいます。飲みにくくなければ温めた豆乳を飲んだほうがより効果的ですね。

胃の内部をあたためることで、消化を促進する効果も望めますし、胃を守る膜を作ってくれるはたらきも高くなります。

温めた豆乳がちょっと飲みにくい人は、ハチミツやオリゴ糖などを少し混ぜれば飲みやすくなるでしょう。

さて、豆乳は栄養価がとても高い飲み物。胃もたれ解消だけでなくさまざまな健康効果があります。

豆乳の栄養価や健康効果については姉妹サイトの「豆乳はどんな栄養が多い?1パックの栄養価と8つの効果とは?」にてくわしく紹介していますが、かんたんにまとめると……

スポンサーリンク

豆乳の健康効果とは?

豆乳は栄養価がとても高い飲み物。たんぱく質、脂質、ビタミンB1などたくさんの栄養素を豊富に含んでいます。胃もたれの解消だけでなく、たくさんの健康効果があります。

  • 老化防止
  • 美肌
  • コレステロールの低下
  • 基礎代謝を上げる
  • 血流をスムーズにする
  • 腸内の善玉菌やビフィズス菌を増やしてくれる

豆乳は胃もたれを起こした後に飲んでも効果的ですが、日頃から飲み続けることで、胃もたれの予防だけでなく健康的な体づくりにも役立ってくれる飲み物です。

また幸せホルモン「セロトニン」の材料でもあるトリプトファンも多く含まれているのが豆乳。

感情がおだやかになったり、ストレスに強くなったり、意欲ややる気が高まるなど、精神面にも効果大。

心と体の健康をサポートする豆乳を取り入れてみてはいかがでしょうか?

以上、胃もたれ解消に効果的な豆乳についてお伝えしました。

長年のだるさやガチガチがたった1ヶ月で!夢のようです

さっきまでのツラさがあれっ?

鉄板2枚おろしたみたいに軽い!今までの重たい体はどこ?

どんより重たい、スッキリしない、気持ちよく朝を迎えたい!という方には天然由来100%の全身用ジェル「プアーナ」がおすすめ。

塗るとふわっと軽くなるから不思議!
ハスの花の香りに心もやすらぎます。

軽やかな毎日へ♪プアーナはこちら >>

プアーナ

*-*-*-*-*

執筆者
この記事の執筆者:
株式会社ナチュラルハーモニー代表 斉藤豊

1995年から栄養補助食品の販売業務をきっかけに栄養学を学ぶ。以来、健康食品・健康器具など10年の業務経験とともに整体師から自律神経など体のしくみを学び、2006年に健康通販(株)ナチュラルハーモニーを設立。
リラクゼーションジェル「プアーナ」、内科医・医学博士の堀田忠弘先生考案・監修「野菜力で輝け」、医学博士の吉村尚子先生開発の和漢の健康茶「浄活茶」、無添加ハミガキ粉「ジェムペースト」など天然由来成分100%の健康商品を販売して今年で17年目を迎える。※執筆者プロフィールはこちら

スポンサーリンク

トップへ