HOME > 飲み物 > コーヒーで頭の疲労回復

コーヒーで頭の疲労を回復する効果的な飲み方とは?

仕事の合い間のコーヒーは体も気分もほっとリラックスさせてくれますよね。

そんなコーヒーの飲み方を工夫するだけで、効果的に頭の疲労を回復することができます。

では頭の疲労を回復する効果的なコーヒーの飲み方を紹介します。

スポンサーリンク

頭の疲労を回復するコーヒーの飲み方

コーヒー

カフェインには覚醒作用(目を覚ます)があるのはご存知のとおり。さらに大脳皮質や筋肉を刺激するなど、頭のはたらきを活発にしたり疲労を回復する効果もあるんです。

カフェインには脂肪を分解してエネルギーに変える働きがあり、ダイエットに活用されたり、マラソンなどの持久力のスポーツでの水分補給にもカフェインの入った飲み物を使うことも多いんです。

仕事や家事の合間にコーヒーでリラックス、という時間を過ごす人も多いでしょう。

コーヒーを入れて「よしっ、仕事に取り掛かるぞ!」と仕事モードにスイッチを入れる人も多いのではないでしょうか。

疲労回復には少し甘めのコーヒーを

頭の疲労回復をしたい時は、ブラックコーヒーではなく、砂糖を入れた少し甘めのコーヒーがおすすめ。

コーヒーに入れた砂糖は体内ですばやくブドウ糖に変化します。そしてそのブドウ糖が頭のはたらきを助けてくれるので、頭が疲れたなぁというタイミングでの疲労回復に効果的なのです。

スポンサーリンク

ブドウ糖が頭の疲労を回復する

頭の疲労を回復するコーヒー

脳のエネルギー源はブドウ糖のみ。ただしブドウ糖は「脳の唯一のエネルギー源」ではなく「脳が欲しがる嗜好品」という見方もあります。

ともあれ、脳は1時間で5グラム、1日で120グラムのブドウ糖を消費していると言われています。

食べ物からとったブドウ糖のうち、すぐ使わないものは筋肉や肝臓に蓄積されます。しかし筋肉に蓄積したブドウ糖はすぐにはエネルギーに変えられません。

すぐにエネルギーに変えられるのは肝臓に蓄積したブドウ糖。でもその量は最大で60グラム。

なので頭の疲労を回復するには、飲み物や食べ物でこまめにブドウ糖を摂ることが大切になってきます。

エネルギー消費の30%は頭(脳)が消費。仕事の能率や集中力をキープするには頭の疲労を回復することが大切です。

だからこそ、食べ物や飲み物でこまめにブドウ糖の補給することがポイントなのですね。

炭水化物も体内で分解されてブドウ糖となりますが、エネルギーに変わるまで時間がかかります。

飲み物に黒糖や蜂蜜などを入れて、素早く頭の疲労を回復するようにしましょう。

以上、頭の疲労回復に効果的なコーヒーの飲み方についてお伝えしました。

どんより重たい、いつもガチガチ、いまひとつスッキリしない、という方には天然由来100%の全身用ジェル「プアーナ」もおすすめです。

長年のだるさ・ガチガチが1ヶ月で!
鉄板をおろしたみたいに体が軽い!
朝までぐっすりなんて久々でした!

ただ塗るだけで不思議なほどすばやくゆるんで、ハスの花の香りにやすらぎます。全国送料無料です。

軽やかな毎日へ♪プアーナはこちら >>

天然由来の全身用ジェル「プアーナ」

*-*-*-*-*

スポンサーリンク

トップへ