TEL:045-624-8124

HOME > 自律神経 > 自律神経とは

自律神経とは?

自律神経という言葉を聞くことが非常に多くなりました。テレビの健康情報番組でも雑誌でも自律神経についてよく取りあげられています。

ストレス社会で生活する私たちにとって、心も体も元気で健康でいるためには 「自律神経」 というのがもっとも大きなキーワードになっているのではないでしょうか。

そこで、このページでは自律神経についてわかりやすくお伝えします。

【目次】

自律神経とは?

自律神経とは、自分の意思とは関係なく外からの刺激や情報などに反応して、体の機能をコントロールしている神経のこと。

神経のしくみ

手を動かす、歩く、座る、食べる、飲む、目を閉じる、腰を曲げる・・・。このように「自分の意思で動かせるもの」は「体性神経」の仕事。

血管を広げる、食べ物を消化する、老廃物を排泄する、心臓を動かす、寒くなっても暑くなっても体温を保つ、眠っていても呼吸をする・・・。このように「自分の意思では動かせないもの」が「自律神経」の仕事です。

正反対のはたらきをする2つの神経

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。

自律神経

交感神経はおもに日中にはたらいて、活動を支えている神経です。活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらきます。

副交感神経はおもに睡眠中にはたらいて、体の回復・修復を支えている神経です。睡眠中、食事中、入浴中、リラックスしている時にはたらきます。

この2つはシーソーのような関係。「両方が同時に100%はたらく」ということはできません。

交感神経が50%なら副交感神経も50%、というイメージ。交感神経が90%なら副交感神経は10%、というイメージですね。

↑ページTOPへ

交感神経は活動をささえる

交感神経がはたらいてくれるおかげで、私たちは昼間の活動をスムーズにおこなうことができます。

  • 朝の支度をササッとすませて子供を学校へ送り出す
  • テキパキと仕事をこなす
  • 車が急に曲がってきてもパッと立ち止まれる
  • 仲間からのパスにサッと反応する

すべて交感神経がはたらいているからできること。環境の変化にすばやく反応して行動にうつすことができるのです。

また、緊張しているとき、ストレスを感じているときも、交感神経が優位になります。

イヤな上司や苦手なママ友と2人きりの時間、子供の合格発表の結果を待つ間、大事なプレゼンの前、キライな運動会の練習、といった状況では交感神経がバリバリにはたらいていて、副交感神経はほとんどはたらけない。その時間が終わったころにはぐったり疲れていることでしょう。

↑ページTOPへ

副交感神経は心身を回復する

副交感神経がはたらいてくれるおかげで、私たちは心と体の健康を維持することができます。

  • ぐっすり眠ると疲れがとれる
  • 風邪をひいてもよく眠れば良くなる
  • 緊張の一日でこわばった体もお風呂でほぐれる
  • 子供の合格の知らせを聞いてホッと体から力が抜ける

すべて副交感神経がはたらいているからできること。昼間の活動でたまった疲れやダメージも副交感神経のはたらきでしっかり修復して、朝には元気で軽やかな体へと回復していくのです。

ほっと一息お茶を飲んでいる時間やマッサージされている時間は副交感神経がはたらく時間。でもやはりもっともはたらいている時間は睡眠中。次に湯船につかっている時間ではないでしょうか。

夜はゆったりと湯船につかって、お風呂あがりに本や音楽でゆったり過ごし、そして深い眠りにつく。睡眠中に副交感神経がしっかりはたらいて朝には心地よい体で目覚められますね。

逆に、夜もシャワーですませ、寝るまでパソコン・テレビ・スマートフォンという生活では、睡眠中の副交感神経も不十分。朝になっても体が重たい、目覚めが悪い、まだ寝たい、という感じになっていまいます。

↑ページTOPへ

2つのバランスが心身の健康を維持する

昼間は交感神経がはたらいて活動をサポートし、夜は副交感神経がはたらいて昼間の疲れを回復する。この2つのバランスが私たちの健康を守っているのです。

健康な人の自律神経バランス

このバランスがとれている人はよいのですが・・・

ストレスの多い毎日が自律神経を乱す

ストレスの多い毎日を過ごしている人は、交感神経ばかりがはたらいて副交感神経が十分にはたらけなくなります。心と体の回復が追いつかない状態ですね。これが不調となってあらわれてくるのです。

交感神経では、筋肉はギューッとかたく収縮(ちぢむ)しています。

血液の流れが悪くなるので、栄養も、酸素も、体温も、十分に行き渡りません。リンパの流れも悪くなるので、老廃物や疲労物質などが体から十分に出ていきません。必要なものが届かずに、いらないものが出ていかない。これでは体の回復は望めません。

筋肉が固い = 重たいものを持っている状態

また、筋肉が固いというのはどんな状態だと思いますか?

重たい荷物を持つ時は、筋肉にチカラを入れて「よいしょっ」と持ちますよね。そして荷物をおろせば「ふぅ~っ」とチカラも抜けます。

でもストレスで交感神経になって筋肉がギューッとかたくなっている状態というのは、重たい荷物をずーっと持っているような状態。これで疲れがとれるでしょうか?

逆に、マッサージをしてもらって「あ~、体が軽くなったわ~」と感じたこと、ありますか?これは固くなっていた筋肉がほぐれた証拠。全身に重たいよろいを着ていた状態から、重たいよろいを脱いだ状態へと変わったので「軽くなったわ~」と感じたのですね。

交感神経による筋肉の緊張はあらゆる不調のおおもとの原因。そして、不調をかかえる人の共通点も体が固く緊張していること。副交感神経を十分にはたらかせるようにして、交感神経で緊張した体をしっかりほぐすようにして、健康的な毎日をお過ごしください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

よく読まれている記事はこちら

プアーナプアーナ