健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 基礎代謝と体温を上げる方法

基礎代謝と体温を上げる方法

体温があがると、いいことがいろいろあります。体温が1度上がると免疫力は約6倍に高まる、というのはご存知でしょう。体内の酵素も体温が高いほうが活性化します。そしても1つ、「基礎代謝」も高まります。

【目次】

体温が1度上がると基礎代謝は12%上がる

体温が1度上がると基礎代謝は12%上がると言われています。ここで「たった12%かぁ」と“勘違い”しないでください。

基礎代謝12%アップ = ウォーキング30分間分の消費カロリー

1日に消費するカロリーの70%が基礎代謝です。1日に2,000kcal消費する人で説明すると・・・

  • 基礎代謝の消費カロリー・・・1,400kcal(全体の70%)
  • 運動で消費されるカロリー・・・600kcal(全体の30%)

運動だけではなかなか痩せない理由がここにあります。

歩く速さや体重によって誤差はありますが、30分のウォーキングで消費できるのは140kcal。このうち脂肪燃焼に使われるのは半分の70kcal。70kcalの消費で燃焼される脂肪はたったの8グラム。。。

しかも脂肪の燃焼まで時間がかかるので、有酸素運動は30分以上おこなわないと脂肪が燃焼しない、と言われていますよね。ここで・・・

体温が1度上がるとどうなるか?

「体温が1度上がる=基礎代謝が12%アップする」とどうなるでしょうか。

基礎代謝1,400kcal × 12% = 168kcal。日常の動きは何も変わらなくても体温が1度あがるだけで168kcalも多く消費されるのです。

つまり、30分ウォーキングよりも多いカロリーを消費できる計算になるのです!運動をしなくても、いつもと同じ生活しかしていなくても、30分以上ウォーキングしているのと同じ効果。

体温の低い人より高い人の方が、太りにくくて痩せやすい。ということがわかりますね。では、体温を上げるためにはどうしたらいいか?特にお金はかかりません♪その方法は・・・

↑ページTOPへ

体温を上げる方法(1)1日に1回、体温を上げることをする

1日に1回でも体温を上げることをするとベースの体温が高くなっていきます。

  • お風呂に入る
  • ウォーキングやジョギングなど運動をする
  • 白湯を飲む

お風呂で体温を上げる

お風呂(湯船)に入ることは体温を上げるためにとても大切。熱いお風呂に入る必要もありません。39度から41度くらいの「少しぬるいかなぁ」と感じる程度のお風呂にゆったりとつかると、体を回復する副交感神経も活性化するのでおすすめです。

運動で体温を上げる

ウォーキングやジョギングなどの運動も効果的。特に、一日のちで一番体温が高い夕方の4時頃に運動をすると、自分の一番高い体温をさらに高めることになるので効果的です。

運動で体温を上げる

朝早い時間は心臓にも負担がかかるので、のんびり散歩程度にして、ウォーキングやジョギングなどの運動は夕方におこないましょう。

「仕事してるから夕方の運動は無理!」という方は、仕事からの帰りに1駅手前で降りて歩いみてはいかがでしょうか。いつもよりも歩幅を5センチ大きくするだけで運動量はアップ。体温を上げる運動になるでしょう。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

体温を上げる方法(2)筋肉を鍛える

2つ目の体温を上げる方法は「筋肉を鍛える」こと。

体のなかで熱を作ることができるのは「筋肉」と「脳」。筋肉量が少ない人は熱が作られにくいので冷え性になりやすいですし、筋肉量の多い人は体温も高く寒さにも強いですね。

でも・・・、「なんだぁ、やっぱり運動しないとダメなのかぁ」と思われそうですが、はい、その通り。でも大丈夫です。

たった5秒の筋トレ

筋肉を鍛えるのは「無酸素運動」。筋トレです。筋力トレーニング。ちなみにジョギングやウォーキングなどは「有酸素運動」です。

「筋トレを始めるなんて、ムリだよー」

はい、大丈夫です。5秒間だけで大丈夫です。ムキムキマンになるわけじゃありません。筋肉の量が多いにこしたことはないですが、筋肉の「量」を増やすより「質」を高めることが大切。その方法とは・・・

100%のチカラを発揮することがポイント

短時間でもOK。負荷が軽くてもOK。たとえば、

  • 30メートルを猛ダッシュする。
  • 超速でスクワットを20回する。

回数も距離も時間も、制限はありません。とにかく自分が出せる100%のチカラを出し切ること。たったの5秒であっても、これをするだけで質の高い筋肉が作られていきます。

この方法はダイエットにも効果的。

有酸素運動だけおこなう場合は、20分くらい運動し続けてからやっと脂肪が燃焼し始めます。でも、無酸素運動をやった後で有酸素運動をおこなうと、有酸素運動を始めて5分から10分ほどで脂肪の燃焼が始まるんです。

30メートルでも50メートルでも、全力でダッシュをした後でジョギングをする。これで脂肪の燃焼効率もアップしますし、これを続けていくと脂肪を燃焼しやすい体に変わっていきます。

とはいえ、くれぐれも無理はしないでくださいね。いきなり100%のチカラで運動するのはケガのもと。十分に体をならしてから注意しながらおこなうようにしてください。

質の高い筋肉つくりで、体温も高く健康で、スマートな体を手に入れたいものですね。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ