健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 便秘の原因は過去へのこだわり

便秘の原因は過去へのこだわり

心と体は、非常に密接につながっています。ストレスで胃がキリキリしたり、緊張して手や足が震えたり。こんな身近な例のほかにも、心と体の関係はたくさんあります。

心と体のつながり

  • 頭痛 : 自分の価値を認めていない。自己批判。恐怖心。
  • 偏頭痛 : 他人からのコントロールを嫌う。自然に人生の流れに乗ることを拒む。
  • いびき : 古い観念を捨てることを頑固に拒否している。
  • 首のコリ : 頑固で融通がきかない。疑問や問題を別の観点から見ることを拒否。
  • 更年期障害 : 「もう私は必要とされていない」という恐怖感。
  • 生理前症候群 : 混乱。他人の影響を受けすぎている。女性であることを拒絶。
  • 神経痛 : 他者とのコミュニケーションが苦痛。
  • 腎臓の問題 : 批判的。挫折と失望感。羞恥心。
  • 肝臓の問題 : 不平・不満。自分自身から目をそらすため他人のあら捜しを正当化。
  • 腸の問題 : 不要となったものを手放すのが怖い。
  • 便秘 : 古い思考を捨てられない。過去へのこだわり。出し惜しみ。ケチ。
  • 下痢 : 恐怖心。拒絶感。逃避願望。
  • 痛風 : 何でも支配したがる。忍耐力に欠ける。怒り。
  • 不眠症 : 恐怖心。この世の自然の流れを信頼していない。

100%この通りとは言いませんが、少なからず関係があるのではないかと思っています。

あなたの体の症状に関係する心の状態に「あ、そうかも」と共感する部分があるとしたら、その心の部分をより自覚して修正していくと体の症状も消えていくのかもしれません。

他にも・・・

  • のどが痛い ⇒ リーダーシップをとる環境にいるが不安がある。
  • 右足が痛い ⇒ 次のステップに進もうとしているが、実はすこし怖い。心配。
  • 背中が痛い ⇒ 自分の過去に自信がなくなっている。

これらの体と心のつながりが「正しいかどうか」ではなく、あなたがより楽しく心地よく生きていくためのヒントとして活用できる部分があればうれしいです。

自分の思考パターンが、現実を作っています。逆に、体の現実を見ることで、気づいていなかった自分の思考パターンを見直せるかもしれませんね。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ