コラーゲンの選び方

メルマガ

コラーゲン

HOME > 健康メルマガ > コラーゲンの選び方

コラーゲンの選び方

コラーゲンをご愛用のお客様からうれしいメールが届きました。ご了承の上ご紹介します。

「年末から飲んでいる潤肌(うるはだ)、いいです!他のコラーゲンとは違う!私は朝と夜寝る前に飲んでいますが、寝る前は少し手にとって化粧水(ローズのフローラルウォーターだそうです)と混ぜて顔に塗ったまま寝ています。次の日の朝起きたときの肌のコンディションは...違う!このコラーゲンは手放せないですね。今月までのキャンペーンに再度、注文をお願いしようと思っています。イリスエスリークも安心して使えますね。化粧水の代わりに使っています。コラーゲンとエスリークで以前よりずっと肌の調子がよくなってきました。」

うれしいですね。

高温でないと吸収されない動物性コラーゲンと違って、フィッシュコラーゲンは10度前後の低温でも吸収されるので、飲み続けるときちんと効果を発揮してくれます。

「潤肌-うるはだ」は、フィッシュコラーゲン中でも、分子の小ささはバツグン。だから肌に塗ってもしっかり吸収される。美肌の結果が出やすいのです。

※弊社ではコラーゲン「潤肌-うるはだ」の販売は終了しました。

コラーゲンのポイントは吸収力(吸収率)

20才をピークに減り続ける体内のコラーゲン。40才では50%にまで減ってしまいます。

若い頃のような弾力のある肌、みずみずしい体に戻るためには、外から補ってあげることが大切。でも、コラーゲン選びを間違えると効果が期待できなくなるので要注意。商品自体にコラーゲンがいくらたくさん入っていても、吸収されずに排出されてしまっては、効果が出るはずもありません。

ポイントは『吸収率』!

35度から42度の高温でないと吸収されないのが、豚などの動物由来のコラーゲン。あなたの体温、42度もありますか?

フィッシュコラーゲン「潤肌-うるはだ」は、7度から10度の低い温度でもすばやく吸収!さらに、肌に塗っても吸収されるほどの分子の小ささ。

コラーゲンを調べたり、一般のコラーゲン商品の説明を読むと、「コラーゲンは肌からは吸収されません。召し上がってください。」と書いてあります。これはコラーゲンの分子が大きいことが原因。でもフィッシュコラーゲン「潤肌-うるはだ」は、分子の大きさを、水のわずか3分の1以下にまで小さくすることに成功。なので、肌に直接ぬっても吸収されるんです。

水より細かい低分子。吸収率が段違いのコラーゲン

肌に塗ったら吸収されないコラーゲンと、肌に塗っても吸収されるコラーゲン。飲んだとき、体の中ではどちらが吸収されやすいでしょうか?

35度から42度の高温でないと吸収されないコラーゲンと、7度から10度の低温でも吸収されるコラーゲン。どちらを選んだらプルプルのお肌になれるでしょう?

「潤肌-うるはだ」の原料は、もっとも吸収率の高い鯛のウロコ。天然モノと養殖モノの鯛ですが、養殖のエサには一切の抗生物質を使用していません。製造過程でも一切の化学処理をおこなっておらず、無添加、無香料、無着色。液状でくさみもなく、アレルゲンも含んでいません。どんな飲み物とでも飲みやすいから、続けやすくて効果も期待できます。

お肌ではプルプルのうるおいを、軟骨などふしぶしではやわらかいクッションに。腸内では善玉菌を増やし、肝臓では元気の素“タウリン”をつくる。

安心のフィッシュコラーゲン「潤肌-うるはだ」で、美肌だけでなく、若々しくしなやかで健康な体で、毎日を楽しんでください。

▲このページのTOPへ