健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > オキシトシン

オキシトシンとは? - その効果と増やし方

「オキシトシン」という言葉、聞いたことありますか?

男女関係なく、脳から分泌されるホルモンのこと。別名「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」などとも呼ばれています。

オキシトシンの効果

オキシトシンには、体の面や心の面においてどんな効果があるのでしょうか?

オキシトシンが分泌されると・・・

  • 幸せな気持ちになる
  • 心が癒されて、ストレスがやわらぐ
  • 自然治癒力が高まる
  • 心拍数が安定し、心臓のはたらきが良くなる
  • 血圧が安定する

幸せな気分になってストレスがやわらぎ、自然治癒力も免疫力も高まる。心も体もぐんぐん元気に。さらに・・・

  • 社交的になって、人と関わりたい気持ちが高まる
  • 人への信頼感や親近感が高まる
  • 母性が高まる(子供への愛情など)

人と人とのかかわりにおいても、プラスにはたらくのですね。

人づきあいの苦手な人が、徐々に社交的になっていったり。友達、会社の同僚、部下、上司、ご近所、ママ友、家族、恋人との関係がより深くなったり。子供への愛情、親への信頼感、夫婦のきずなが高まったり。ということです。

↑ページTOPへ

オキシトシンの増やし方

オキシトシンの増やし方にはいろいろな方法があります。普段の生活のなかでちょっと気をつけるだけ。ではオキシトシンの増やし方を紹介します。

オキシトシンの増やし方(1)スキンシップ

まず一番は、スキンシップ。

見つめる、触れ合う、マッサージしあう、抱きしめる、キス、性交渉、といったスキンシップによって、オキシトシンは増えていきます。

たくさんスキンシップを受けた子供は、自分への愛情をしっかりと感じ、自立心が高まり、人に愛情深くなります。

0歳、1歳、2歳といった乳幼児の頃に、「抱っこばかりすると抱き癖がつくわよ」、「甘えさせてばかりではダメよ」 なんて考える人もいるでしょう。特にお孫さんのいらっしゃる世代の方々にとってはそうかもしれません。

ですが実際には、おもいきり甘えられた、たくさん抱きしめてもらえた、という経験を持つ子供のほうが大人になって「自立心」が高くなる、ということがわかっています。

自分は愛される存在なんだ。自分はここにいていい存在なんだ。自分は受け入れてもらえる存在なんだ。ということを肌でしっかり感じ取ったことがベースとなって、安心して飛び立てる大人になるのですね。

スキシップが少ない子供は精神的に不安定になる傾向も

逆に、精神的に不安定な子供(大人も)は、小さなころに親からのスキンシップが少なかった、という分析も。

「パパママからもっと愛されたかったのに・・・」という愛情不足を感じたことがベースとなって、自分に注目してもらえるような行動をとることもあるようです。

良いことで注目してもらうならいいのですが、てっとりばやいのは悪いことをして注目してもらうこと。「もっと僕をかまって!もっと僕を叱って!」ですね。

親子も、夫婦も、恋人同士も、スキンシップが多いほど絆も深く、心身ともに健康でいられるのです。

愛情不足と感じているからといって・・・

子供が「愛情不足」と感じているからといって、実際にパパやママの愛情が不足している、とは言いません。パパもママも働いている家庭は珍しくないでしょう。

ただもし子供が「愛情不足」と感じているような行動をとっているのだとしたら、すこし工夫してみましょう。

例えば「パパこれ見て!」と寄ってきたら、立ったまま見るのではなくお子さんの目線にまでしゃがんで体に触れながら見たり、子供をひざの上に載せながら見たり。

お風呂から出てきた裸のお子さんの体をすぐ拭くのではなく、一度ギューッと抱きしめたり。

10秒間ギューッと抱きしめると、子供は一定の満足感と愛情を感じるそうです。10秒間という時間のすき間なんて、どこにだってあるでしょうから、忙しいご夫婦はぜひ密度の濃いスキンシップでオキシトシンをたくさん増やしてあげてくださいね。

オキシトシンの増やし方(2)その他

オキシトシンの増やし方はほかにも・・・

  • 家族団らん
  • 友達と食事したりおしゃべりする
  • 人と交流する
  • 人に親切にする
  • 犬とスキンシップする
  • 感動する(読書でも映画でも音楽でも)
  • 人をほめる

オキシトシンの増やし方のポイントは人との交流、ということですね。

道に迷ったらスマートフォンで地図を調べるのではなく、人に道を聞いて「わかりました、ありがとうございます♪」。ゆったりしたお店でお酒を飲むより、せまいカウンターで肩寄せ合ってお酒を飲む。

また、人に親切にすることもオキシトシンの分泌アップのコツ。いいことをすると気持ちがいい。またそこには美しい言葉のやりとりがあります。

電車で席をゆずって「ありがとう」。ベビーカーのママにドアを開けてあげて「ありがとう」。ランチ後のレジでにっこり笑って「ごちそうさま」。エレベーターでボタン押しながら「お先にどうぞ」。

見知らぬ人と言葉をかわすシーンなど、いくらでもありますね。

1日に10回「ありがとう」という人と、1日に100回「ありがとう」という人とでは、表情の豊かさも、縁も、運も、雲泥の差。

仕事ではパソコンとにらめっこ。仕事が終わったらスマートフォンとにらめっこ。これではオキシトシンの分泌は望めません。

家族、同僚、友達とおしゃべりやスキンシップ。文字だけでなく、実際に会ってコミュニケーション。幸せホルモン「オキシトシン」を増やして、心も体も健康的な毎日をお過ごしください♪

スポンサーリンク

プアーナプアーナ