健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 早口の人はひどい肩こりに

早口の人はひどい肩こりに

早口の人はひどい肩こりになる傾向があります。かくいう私自身、子供のころから早口なんです。なので昔は肩こりの傾向がありました。

ただ、そういう早口とはちょっと違って・・・

  • 性格的な面で早口になっていたり、
  • 忙しいために何でも短時間で済まそうとして早口になっていたり、
  • 相手に対するきびしい姿勢から早口になっていたり、
  • 自分がデキる人間だから早口になっていたり、

このようなタイプの人は、普段から交感神経型(ストレス・緊張型)になりがちで、ひどい肩こりにもなる傾向があるのです。

もちろん、交感神経型ということなので、肩こりだけでなく、不眠、冷え、偏頭痛、疲れがとれない、体が重たい、といった不調を感じることも多いでしょう。

思いやりがポイント?

仕事柄、お客様からお電話で注文をいただくことがあります。電話口で郵便番号やご住所を聞くのですが、その時に・・・

  • ペラペラペラーッと、早口で話す人
  • こちらがメモを取りやすいように、ゆっくりと話してくださる人

の2つのタイプがあります。やっぱり早口の人との電話は疲れますし、ゆっくりの人との電話はまったく疲れません。

そしてに何より、「その話し方が性格をあらわし、その性格がその体を作っている」 と感じています。

なので、例えば、「プアーナを使ってみようかな?」 と思って問い合わせくださった方との電話でも、「この人ならすぐに実感できる」と確信できるケースもあれば、「この人はちょっと時間がかかりそうだなぁ」 と感じるケースがあります。

上記の2つのタイプであれば、早く実感できるのはもちろん 「ゆっくりタイプ」 の人。ゆったりしていて、やさしくて、素直な人は、プアーナのはたらきをスーッと受け止めてくれます。

↑ページTOPへ

なぜ早口なのか?

「なぜ早口になってしまうのか?」をさぐることが、肩こり解消のもっとも近道であり、もっとも効果的な方法です。

早口で、言いたいことを簡潔に 「ペラペラペラッ」 と言えたらカッコいいですよね?私もそう思っていましたし、あこがれていました。

でも私は、早口ではありましたが、物事のポイントをまとめて簡潔に表現する能力を持ち合わせておらず・・・(汗)。「頭が悪くてごめんなさい」って感じてまわりの人達とかかわった結果、応援してくれる人がどんどん出てきました。

「デキる人になりたかったけど、無理だったから降参!」ってお手上げになったらとてもラクになりました。

ずうずうしいことを言うと・・・

デキる人を手伝うよりも、デキない人を手伝って、「うわーっ、すごい助かっちゃった!本当にありがとう!!」って感謝されたほうが気持ちいいですよね。自尊心がくすぐられる、だったり、人の役に立てることがうれしい、だったり。

反対に、デキる人を手伝ったのに 「その程度しかできないの?」 なんて言われた日には堪忍袋のおさまりがつきません。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

ゆったりのんびりでハッピー

自分が「大してデキる人間ではなく、他人をとやかくいうほどエラくない」ということに気づいてからは、すこしまわりにやさしくなれた気がします。

私も消費者の一人。お店に問い合わせの電話をすることもありますし、商品に問題があれば連絡します。宅配便が届くのが予定より遅ければ宅配会社に問い合わせもします。

でも、お店側に非があるとは限りませんし、仮に非があってもそれは自分と同じ人間のやること。ミスがあって当たり前と思っています。

さらにいうと・・・

私たちにミスがあってお客様に迷惑がかかっていても、それを黙って許してくれているお客様が必ずいる。それを棚に上げて、自分が客の立場の時はお店に文句を言う。それはあまりにおこがましいと思っています。

私自身のことで言えば、相手のミスに怒ることはほとんどありません。相手が守れなかった場合に怒るほどの厳しい要求をするような生活をしていません。

以前、飲食店でお客さんが、「おい、ビールまだかよーっ!」って怒鳴ってました。どなられた店員さんがいそいで用意するビール。ほんとにおいしいでしょうか?

それよりも、「今日は忙しそうだね。こっちのビール急がなくていいからね」って言われた店員さんが「あのお客さん、やさしいなぁ」と思いながら注ぐビール。こっちのほうが断然おいしいのではないでしょうか?

↑ページTOPへ

怒りは最後には弱者に向かう

怒りは先へ先へと送られます。

「ビールが遅い!」と店員に怒る。

店員は別の店員に「ビール早くしろよ」っと怒る。

その怒りを家に持ち帰った店員さんは、散らかった部屋を見て奥さんに 「片づけろよ!こっちは疲れて帰ってきてるんだ!」 と怒る。

怒りをぶつけられた奥さんは、テーブルのジュースをこぼした3歳の子供に「もう、なにやってるのよ!」と怒る

こうして、怒りは「弱者」へと向かっていくのです。

なんだか話がどんどんそれてしまいましたが、ピリピリの毎日は、自分もまわりも肩こりガチガチの交感神経にしてしまいます。

目の前に起きていることも、目の前にいる人も、すべて自分の鏡。あなた自身でもあります。広い心で、ゆったりのんびりハッピーにいきたいですね。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ