健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 春は自律神経が乱れる季節

春は自律神経が乱れる季節です

このごろテレビでも新聞でも、「冬から春への季節の変わり目は自律神経が乱れやすい時期です」という言葉をよく耳にします。

確かに3月、4月、5月頃までは気温の変化がはげしいですし、低気圧と高気圧の入れかわりもはげしく、自律神経が乱れやすくなります。

昨日と今日で気温差が大きい。朝と日中の気温差が大きい。昨日は高気圧におおわれて暖かかったのに、今日は低気圧がはりだしてきてすこし肌寒い。

もともと自律神経が乱れがちな人や、冷暖房完備の生活で自律神経が鍛えられていない人は、この気温差や気圧差に対応できるチカラが不足している傾向があります。

さらに、異動、転勤、子供の入学、進学など環境の変化も多い季節。気づかないストレスが増えて体にも影響があらわれてきます。

なんとなく体がだるい。疲れが残っているような気がする。肩や首が重たい。

そんな人は、体をうごかしたり、ほぐしたり、ぬるめのお湯にゆったりつかったり。呼吸が浅くなっていることも多いので意識して深呼吸するのもおすすめ。鼻から吸って、口から吐く。吐くときは遠くにあるロウソクの炎を消すイメージで、細く長くゆっくりと吐きましょう。

プアーナをお使いの方は、お風呂あがりなどに全身にしっかりと塗ってください。たっぷりべっとり塗る必要はありません。全身にひととおり塗れたら大丈夫。特に疲れた日などは、全身に塗ってから寝ると翌朝のからだの軽さが違います。ぜひしっかりとケアしてくださいね。

自律神経を鍛えることも大切

冬から春への変化。私にはとても楽しい時期です。

寒いより暑い季節が好きで、真夏でも夜のお風呂あがり以外はまずクーラーをつけません。おかげで我が家の日中はみな汗だく(汗)。1歳の我が息子も汗だく。熱中症には十分気をつけていますが、きっと自律神経が鍛えられていることでしょう。

暑い、寒いでエアコンをすぐつける環境では、自律神経が鍛えられません。季節の変わり目で、気温の変化で、ストレスで、自律神経が乱れるのは事実ですが、その前に自律神経を鍛えることも大切。

運動しなければ筋肉が衰えますし、頭を使わなければ脳は衰えます。自律神経だって鍛えなければ衰えます。

1時間歩いても平気な人と、15分歩いただけでクタクタな人。同じように、季節や気温の変化なんてどうってことなくいつも元気な人と、環境の変化で自律神経が乱れてすぐに調子をくずす人。

あなたはどちらですか?

スポンサーリンク

プアーナプアーナ