冷えない体をつくる

メルマガ

冷えない体へ

HOME > 健康メルマガ > 冷えない体をつくる

冷えない体をつくる

冷え性の方にはつらい季節になりました。体が冷えないようにといろいろな努力をされている方も多いことでしょう。そこで「冷えない体をつくる」ためにおすすめのしょうが湯「発酵黒生姜」をご紹介します。

体を温めるだけでなく、冷えない体に変える!

しょうが湯「発酵黒生姜」は、体を温める成分「ショウガオール」を一般的な生姜よりもはるかに多く含む貴重な「三州生姜」という品種を使用。それを長期間の乾燥・発酵によってさらに温める成分を大幅にアップさせることに成功しました。

飲んで体が温まるだけでなく、少しずつ「冷えない体へと変わっていく」といった実感をされる方々が多くいらっしゃいます。特に、冷えの強い人、冷えに長年悩んできた人ほど「飲んだらすぐにじんわり温かくなってビックリしました」、「いろいろ試して効果がなかったから発酵黒生姜も期待してなかったのに、こんなに違うなんて!」とその実感に喜んでくださいます。

そして私自身「冷えない体に変わったかも!?」と感じました。それは・・・

去年まで使っていた赤外線ヒーターが・・・必要ない?

エアコンが好きではない私。冷え性ではありませんが、まったく体が冷えないというほどではありません。仕事部屋が陽があたらないこともあって、イスの真横に赤外線ヒーターを置いて、腰にはカイロ。それでも寒さを感じながら仕事をしていました。

それが発酵黒生姜を飲み始めてから、今までのようには体が冷えないように感じてきました。さらに実感したのが次の年の冬。

気がついたら、あまり赤外線ヒーターをつけていない自分がいました。冬の初めに買いだめしていたカイロもなかなか減らない。「あれ?今年の冬はあまり寒くないのかな?」。天気予報を見ていても暖冬という言葉は聞かれません。もしかしたら、発酵黒生姜を飲んでいたおかげで、冷えない体になってきたのかな?と思うようになりました。

体が冷えない!暖房をほとんど使わない毎日へ

そして、さらに翌年の冬。陽のあたらない仕事部屋にいても、日中はほとんどの日が暖房を使うことなく、カイロは一度も使うことなく、寒さに震えることなく、冬を越すことができました。発酵黒生姜だけの効果かどうかはわかりませんが、冷えない体をつくるためには他に何もしていないので、このしょうが湯のおかげと勝手に思っています。

冷えない体をつくる発酵黒生姜、と思っているのは私だけではないようで・・・

平熱35度後半だったのが、36度後半になりました。」(飲み始めて1ヶ月弱たった方からのお声です)

「室温14度の部屋で働いていますが、寒さが気にならないです!すごい!しかも本当に一日中温かさが持続します。35.8だった体温は、飲んだ後に36.6になり、夕方まで変わりませんでした!」(飲み始めた次の日にいただいたお声です)

食品とあなどることなかれ!予想外の喜びへ!

冷えない体をつくるためにいろいろと試した方からはよく、「発酵黒生姜も薬じゃなくて食品だからねぇ・・・、と思いながら試したら、すごくあったまってビックリしたの!」と、うれしいお声を頂戴します。

砂糖不使用で低カロリー。飲んだそばからじんわり温まる発酵黒生姜は、飲み続けることで冷えない体へと変えるお手伝いができると思います。冷えが強い人はしばらく続けないと実感できないのでは?と勝手に思っていましたが、実際は、冷えの強い人ほど飲んですぐに実感したり、その日の夕方に、翌日に、翌々日に、と早く実感されることが多いようです。

寒さが厳しくなる前に、冷えない体へと変えてみませんか?

温かい体なら体内酵素も活性化。新陳代謝も高まります。健康で美しくあるためには冷えない体、温かい体が必要不可欠。発酵黒生姜で冷えない冬を、美しく若々しい毎日を楽しんでください。

(※弊社では発酵黒生姜の販売を終了しました)

▲このページのTOPへ