健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 新陳代謝を高める方法

新陳代謝を高める方法とは?

「疲れがとれない」、「体が重たい」、「なかなかやせない」。その原因、あなたの体温かもしれません。ちょっとショッキングな話ですが、凍死する人の体温、何度だと思いますか?0度?15度?正解はおよそ33度!だそうです。

【目次】

新陳代謝と体温

体温によって、新陳代謝のはたらきがわかります。

体温36.5度 = 新陳代謝は100%はたらいています

わたしたち人間が本来あるべき体温。新陳代謝は100%活発にはたらいています。体も肌も健康的。体内の異常も起こりにくく、外敵からの免疫力も強く、ほとんど病気をせずに、快適でいられる体温です。

体温35.5度 = 新陳代謝はおよそ50%から60%。

本来あるべき新陳代謝のはたらきの半分。低体温などといわれる範囲の体温です。自律神経も正常にはたらけず、疲れがとれない、肩こりがひどい、下痢、便秘、冷え、集中力がない、汗をかかないなど、不調があらわれます。

新陳代謝が低く、食事からエネルギーが作られないので、疲れやすい、元気が出ない。ダイエットで食事を減らしているのに、やせない、肌が荒れる、かえって太る。アトピー、アレルギー、ぜんそくなどもおこりやすい体温です。

体温34.0度 = 新陳代謝10%以下。生死の境です。

新陳代謝はわずか 10%以下。海難救助で“救出しても生きていられるかどうか”を判断する体温で、自分で自分の体を自由に動かすことができない状態になります。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

新陳代謝を高めるには体温アップが不可欠

あなたの体温、いかがですか?

プロのスポーツ選手が最もいいコンディションでプレーができるのは、体温が 37度 の時だそうです。“ウォーミングアップ”という言葉通り、体の機能をフルに活かすためには、ウォーム=温める ことが大切なのですね。

スポーツでなくても、普段の生活で活動する時も体を修復する時も、体の機能をフル活用するには体温を高める(=新陳代謝を高める)ことが大切。

例えば、体温が36.5度の人は、6時間の睡眠で100%疲労を回復。でも、35.5度の人は、6時間の睡眠では疲れが半分も残っている状態。

あなたの朝、昨日の疲れが残っていませんか?「私はいくらでも眠れるのよ♪」 なんて言っている場合ではありません。それは 「新陳代謝が低下してるから、たくさん寝ないと疲れがとれないのよ」 と同じこと。体温を高めること、新陳代謝を高めることが必要です。

そこで・・・

↑ページTOPへ

夏こそ冷えに注意!新陳代謝を高める方法

寒い冬。おのずと体が冷えてくるので、自然と「冷え対策」に気をつけるようになりますよね。でも注意すべきは夏!体を冷やす原因が暮らしの中にいくつもあらわれてきます。

  • エアコンの冷房は、冷たい空気が下におりてきて足元を冷やす
  • 薄着の毎日
  • 涼しい室内と暑い外の温度差
  • 冷たいものの食べすぎ、飲みすぎ
  • 体を冷やす夏野菜

暑い夏こそ、体を冷やす危険がたくさん。この生活習慣が「冬の冷え」をひどくしてしまうことも。

体温が1度上がれば、免疫は6倍に!基礎代謝も12%アップ!(これは30分間のウォーキングと同じカロリー消費です)体内酵素のはたらきも活発に!

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物 に気をつける
  • エアコンにはなるべく頼らない (扇風機やこたつなど、部屋全体の空調ではなく部分的な空調がおすすめ)
  • 運動で体温を上げる (特に朝)
  • 食物繊維、酢のもの、辛いものを食べるようにする
  • シャワーよりお風呂につかる

新陳代謝を高めるには、体温を高めることがポイント!冬だけでなく普段から体を温めて、新陳代謝を高める生活をしましょう。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ