健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > イリスエスリークで深く眠れる

イリスエスリークで深く眠る

「イリスエスリークを使い始めたらぐっすり眠れるようになったんです。これもイリスエスリークの効果なんですか?」

そんなお電話をいただくことがよくあります。

※当店では、イリスエスリークに「蓮の花のエッセンシャルオイル」と「クリスタルの微粉末」という浄化のはたらきの高い2つの成分を加えた『プアーナ』という商品に切りかわりました。

イリスエスリークでぐっすり眠れる

「寝る前に全身に塗ったら朝までぐっすり眠れてビックリ。ひどい肩こりにいいかな、と使い始めたのですが、こんなにぐっすり眠れるなんて思ってませんでした。」

「お風呂あがりに全身に塗るとなんだか眠たくなったのですが、これもエスリークの効果なんですか?その夜はほんとにぐっすり眠れました!」

はい、眠りも深くなります。体がしっかりゆるんで回復モードに切りかわったからでしょう。

眠り=副交感神経

ぐっすり眠れる = 副交感神経がしっかりはたらいている。体を回復するのは副交感神経の仕事。不調を感じるのは、副交感神経がちゃんとはたらけていないから。

1日の中で副交感神経になるタイミングは、食事中、リラックスしている時、お風呂、そして、睡眠中。なかでももっとも副交感神経の度合いが高いのが「睡眠中」。

当たり前ですが、ぐっすり眠れる人と眠りが浅い人とでは、健康の度合いは“雲泥の差”です。

  • 仕事で強いストレスを抱え、家に帰ってシャワーだけですませ、テレビやスマートフォンを見続けて、夜中の1時にやっと布団に入る人。
  • 仕事はほどよくこなし、家に帰って湯船につかり、本を読んだりゆったりすごして、夜の11時に眠りにつく人。

前者は、交感神経バリバリの24時間でしょうし、後者は、副交感神経がはたらく気持ちの良い毎日でしょう。(ちなみに私は10時就寝。たまに9時半っていう時も。。。)

ストレスがあっても副交感神経をはたらかせよう

「ストレスがなくなれば調子もよくなるんだろうなぁ」 とわかってらっしゃる方がほとんどでしょう。

仕事や人間関係のストレスは本当に大変です。とはいえ、仕事をすぐにやめられるわけでも、人間関係をバッサリ断ちきるわけにもいきません。

体の不調を改善するためにできるのは、すこしでも副交感神経をはたらかせることなんです。

食事もお風呂も、副交感神経がはたらくときではあるけれど、時間にしたら30分40分くらいですよね?でも、睡眠時間は6時間も7時間あります。そこをしっかり副交感神経がはたらける時間にすれば、体はめきめきと元気になっていきます。

「イリスエスリーク、すごいですね!寝る前に全身に塗っていますけど、どんどん調子がよくなっていきます。本当にすごいです。これからも使い続けます!」

そして、もちろん毎日使い続けること。勉強も、スポーツも、料理も、体を変えていくのも、毎日続ければ続けるほど早く良くなっていきます。

たっぷりべったりと塗る必要はありません。30プッシュで全身に1日1回塗るよりも、15プッシュで全身に1日2回塗るのがおすすめ。1度にたっぷりよりも、さらっとこまめにがいいですね。

夜のお風呂あがりや寝る前に全身に塗って、「体の夜間集中工事」 をしっかりとやってもらいましょう。

イリスエスリークからプアーナへ

イリスエスリークからプアーナ

体をほぐすプアーナ くわしくはこちら >>

プアーナプアーナ

スポンサーリンク