健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > アトピーと経皮毒と合成界面活性剤

アトピーと経皮毒と合成界面活性剤

お客様とこんな会話をすることがあります。

「うちの子がアトピーなんですけど」

「洗剤とかシャンプーは何を使ってます?」

「普通にドラッグストアで売ってるものですけど」

「まずはその洗剤類を全部やめてください。それが大きな原因の1つかもしれません。」

※ドラッグストアにあるものが、すべて悪いわけではありません。

経皮毒とは?

「経皮毒」という言葉があります。ご存知の方も多いことでしょう。私も15年ほど前に知りました。

経皮毒とは「皮膚=肌」から入る「毒」のこと。経皮毒に対して、口から入る場合は「経口毒」と呼ばれます。問題なのは、口から入るものよりも肌から入るものほうがはるかに排出されにくいということ。

経口毒経皮毒

「肌から入る毒」とは、合成の界面活性剤などの化学物質。合成の界面活性剤はどんなものに含まれているかというと・・・

  • シャンプー、リンス、トリートメント
  • ボディーローション
  • 化粧水などのスキンケア商品
  • ファンデーションなどの化粧品
  • ハンドクリーム、リップクリーム
  • ハミガキ粉
  • 食器用の洗剤
  • 衣類用の洗剤、柔軟剤
  • お風呂やトイレなど住居用の洗剤
  • お部屋にシュッシュと消臭剤

化学物質を含まない商品ももちろんありますが、お手頃な価格で買えるものにはまず含まれているでしょう。そして怖いのが、化学物質は女性は「子宮」に蓄積され、男性は「肝臓」に蓄積されていく、ということだとか。

お母さんの羊水が○○のニオイ!?

数年前、経皮毒を研究している教授や、安全なものを広める活動をされている社長さんにお会いした時のこと。

「昔の人は、体や髪を洗うなんて、石鹸くらいしか無かったの。でも今の人は子供のころからシャンプー、リンスでしょ?食器を洗うのも、洋服を洗うのも、安い商品がたくさんあるじゃない?

そういうものを何十年と使い続けている女性が赤ちゃんを産んだときに、羊水がシャンプーのような化学物質のニオイがする人がたくさんいるの!

生まれた子供がアトピーになると 「どうしてウチの子がこんなツライ目に・・・」 なんて悲しくなるけど、お母さんが使い続けたシャンプーや洗剤が原因だったりするのよ。」

アトピーのすべての原因が、合成の界面活性剤ということではありませんし、すべてお母さんが原因だということももちろんありません。

お伝えしたいのは、お母さんが長年使っているシャンプーや洗剤類が、お子さんのアトピーの大きな原因のひとつになりうる、ということです。

これからお母さんになる人、これからお母さんになる人を娘にもつ人、いまアトピーで悩む家族がいる人、小さいお子さんを家族にもつ人。

今一度、普段お使いの商品を選びなおしてみてはいかがでしょうか。

我が家でも、化学物質が使われていない洗剤類を使っていますが、正直、お値段は高いです。でもそれが「適正価格」。なので使い続けています。

髪を洗う、服を洗う、食器を洗う、スキンケアをする。どれも毎日のこと。今まで何十年も、これから何十年も、続きます。あなたのためにも、家族のためにも、これから生まれてくる命のためにも、よからぬものを体に蓄積しないように、安全なものを使い続けてください。

野菜力で輝け

スポンサーリンク