健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > お風呂で温まる方法

お風呂でしっかり温まる方法

冷え込みの厳しい冬。お風呂で湯船につかると体が冷えているのを感じます。

「お風呂に入っても出るとすぐ湯冷めするの」、「お風呂から出たらすぐにパジャマと靴下と・・・」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、お風呂でしっかり温まる方法を紹介します。

【目次】

お風呂(湯船)に入るメリットとは?

お風呂に入ること、つまり湯船につかることには、たくさんのメリットがあります。たとえば・・・

【1】血行がよくなるので、酸素や栄養がいきわたり老廃物の排泄もすすむ。血液がキレイになって疲労回復も進む。病気の予防にもなる。

【2】肩までつかると全身の代謝も活発に。特に腎臓の血流がよくなって尿の量も増えるので、「冷え」や「むくみ」をとってくれる。

【3】お風呂の中では体重は10分の1に。体重を支える負担から解放されて筋肉や関節がラクになる。特に精神的ストレスは筋肉の膜にたまるので、ストレス解消にとても効果的。

【4】白血球のはたらきが促進されて、免疫が高まる。

【5】体内酵素のはたらきが活発になって、新陳代謝や体の回復も促進。

【6】湯船で温まると血栓をとかす働きをするプラスミンという酵素が増えるので、心筋梗塞、脳梗塞になりにくくなる。

体を温めるお風呂

このほかにも、皮膚の皮脂腺や汗腺のよごれを浄化して肌をきれいにする、リラックスホルモンが分泌されたりα波が出て、心と体がリラックスする、といった効果もあるんです。

これらの効果は、シャワーだけで済ます生活では得られないもの。それなら、湯船につかるにこしたことはない。でも 「お風呂あがりにすぐ冷えちゃうんです」 という方のために、しっかり温まるお風呂の入り方を紹介します。

↑ページTOPへ

お風呂の前に温かい飲み物を

お風呂で温まるためには、お風呂に入る前に少しでも体を温めておくこと。体の温度と湯船のお湯の温度の差が少なくなれば、それだけゆったりと湯船につかっていられるので、芯まで体を温めることができます。

生姜湯、黒豆茶、ほうじ茶、紅茶など

コーヒーや緑茶はたとえ温かくても体を冷やす傾向がある飲み物です。体を温めるはたらきのある飲み物がいいですね。

お風呂の前のお茶

生姜湯、黒豆茶、ほうじ茶、紅茶、ウーロン茶などがおすすめ。温かくして(ホットにして)飲みましょう。忙しい時は白湯(さゆ)でもOKです。

お風呂の直前に飲む必要はありません。30分前くらいが効果的でしょうか。夜ご飯を食べて、少しのんびりお茶を飲んで、そしてお風呂に入る。といった流れですね。

湯たんぽで体幹を温める

お風呂の前に湯たんぽで体幹を温めるのも効果的。腰、お尻、お腹、二の腕、太ももなどを温めるのがおすすめです。

寒い冬は、冷えた足先や手先を温めたいと思うでしょうが、お風呂で体を温めるためには体幹を温めておくのが効果的な方法なのです。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

お湯の温度は?

寒い冬は熱いお風呂に入りたい!という方も多いかもしれません。でも体がしっかり温まるのはすこしぬるめのお湯。

熱いお湯だと、冷えた体との温度差から余計に「熱い!」と感じてしまうので、体の芯まで温まるまでじっくりと湯船に入っていられなくなってしまいます。

お湯の温度の目安は体温プラス4度。40度から41度くらいでしょうか。気持ちよくゆったりと入っていられる温度にしましょう。ぬるめのお湯にゆったりつかりましょう。

「熱いっ!」と感じるお湯の温度だと、交感神経がはたらいてしまって、血圧も脈もあがります。シャキッと目覚めのお風呂ならいいのですが、夜のお風呂の場合は 「気持ちいぃー」 と感じるすこしぬるめのお湯がいいですね。

湯船には20分から30分。でも無理して湯船につかり続けることはありません。10分つかったら頭を洗って、また10分つかったら体を洗って、というようにのぼせないようにしてください。

お風呂で体が温まる

ぬるめのお湯にゆったり入ると、副交感神経が優位になって、脈はゆっくりになって、血圧やゆるやかに下がり、胃腸は活発に、気分はゆったり。

ゆるねのお湯の中では体温はゆっくりと上がるので、お風呂から出ても体温が急に下がることなくゆっくりと下がっていきます。お風呂あがりにゆっくりと体温が下がると同時に、心地よい眠気がおとずれて深い眠りへと入っていくことができます。

↑ページTOPへ

体が温まるかんたん入浴剤

入浴剤も体が温まるいい方法。でも、一般的な入浴剤の成分には化学物質が入っています。化学物質は体を冷やす。そんな化学物質の入った湯船に20分も30分もつかりたくないですよね。

そこで、自宅にあるものでかんたん入浴剤を活用してみてはいかがでしょうか?

すこしの手間で体が温まる入浴剤ができます。ぬるめのお湯でも体を温める効果アップでお風呂あがりもぽかぽかでいられますよ。

天然塩をひとつかみ

天然の粗塩をひとつかみ湯船に入れるだけの簡単な方法です。

天然塩の入浴剤

使うのは精製されたいわゆる「食卓塩」ではなく「天然塩」。食卓塩と違って天然塩はいろいろなミネラルがたくさん!

発汗作用が高くて体の芯から温まるだけでなく、風邪の予防や冷え性の改善にも期待できます。

みかんの皮でみかん湯

食べ終わったみかんの皮も立派な入浴剤に変身します。みかんの皮を天日で干して乾燥させたものを湯船に入れましょう。みかん4個分でも5個分でもいいですね。

血行がよくなってポカポカに温まります。また、みかんの皮に含まれている精油成分が肌の表面を保護してくれるので、熱が逃げにくく湯冷めしない効果もあります。ストレスケア、冷え性の改善、風邪の予防も期待できます。

生姜のすりおろしで生姜風呂

生姜をすりおろして湯船に入れるだけでも、体が温まる入浴剤として活用できます。

生姜でかんたん入浴剤

生の生姜を皮ごとすり下ろしましょう。1片か2片でOK。すりおろしたら市販のお茶パックやだしパックのような袋に入れましょう。

そしてお風呂に入る15分ほど前に湯船に入れておく。これで生姜風呂のできあがり。

お肌の弱い人や敏感な人などは、生姜の量を少なめにして試してみてください。またお風呂に入る時に生姜パックを取り出してもいいですね。お肌と相談しながら使ってみてください。

生姜風呂も保温効果が高いので、体の芯から温まることができます。冷え性や腰痛や神経痛の緩和や風邪の予防が期待できます。

*-*-*-*

以上、体が芯まで温まるお風呂の入り方をご紹介しました。

お湯の温度も、湯船につかる時間も「気持ちいい」と感じる程度に。無理をすると、副交感神経⇒交感神経へ切り替わってしまいます。

お風呂あがりに脈がバクバクいっていたり、のぼせたりするのはダメ。熱すぎるか時間が長すぎることで、交感神経になっています。疲労回復どころか、疲れを増やしている証拠。冷えも強まります。

あくまでもご自身が「気持ちいぃー」と感じる程度が一番。毎日のお風呂で気持ちよく温まってください。

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ