健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 腸内環境を整える食べ物

腸内環境を整える食べ物で免疫を高めよう

腸内環境がキレイかどうかは、健康に大きく影響します。そして「食べ物」が腸内環境を整える大きな要因です。

最近では、腸の専門医師がテレビに登場したり本を出版したりと、「腸内環境を整えることの大切さ」 がずいぶん知られてきました。なぜ、腸内環境を整えることがそんなに大切なのでしょう?

【目次】

腸のはたらきとは

腸のはたらきとは・・・

  • 体に入ってきた食べ物などが、栄養素なのか有害物質なのか、見極める
  • 必要な栄養素だけをからだの中に吸収する
  • 有害物質(細菌・ウィルス・化学物質・重化学金属)を排出する
  • 脳のなかの神経伝達物質「セロトニン」の95%を作る
  • さまざまなホルモンを作る
  • 体の免疫システムの70%が腸に集中している
  • 毎日3,000個以上作られる「悪い細胞」を除去する

つまりは、体の中に入ってきた食べ物などがいいものか悪いものかを判断して、いいものだけを吸収して悪いものはやっつける。体に生まれる悪い細胞もやっつける。

さらに、脳の神経伝達物質のほとんどが腸で作られているので、腸内環境がどんな状態かが、全身の健康に大きな影響を与えるんですね。

しかし、

  • 食生活の乱れ(加工食品、肉食、食物繊維の少ない食べ物、油が悪い)
  • 睡眠不足、運動不足、不規則な生活
  • ストレス(仕事、人間関係、子育て、薬の服用)

などによって腸内環境は乱れると・・・

  • 便秘がち
  • 便やおならがくさい
  • お腹がはる

といった目に見えるかたちであらわれて・・・

  • 体調不良
  • メタボ
  • 腸の病気
  • 食物アレルギー

といった結果につながってしまいます。

ちなみに、4日以上便秘だった人の便をマウスに注射したところ、そのマウスは気の毒なことに・・・(泣)

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

良くなればどんどん良く、悪くなればどんどん悪くなる腸内環境

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類。

善玉菌は、悪者をやっつけて免疫力を高めます。食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミンをつくり、腸を健康に動かします。

悪玉菌は、腸の中を腐らせたり、毒素のある有害物質を作りだします。便は停滞してくさくなり、ガスが形成され、体の抵抗力を弱め、下痢や便秘に。

日和見菌は、善玉菌が多い時には善玉菌になり、悪玉菌が多い時には悪玉菌になる。

悪玉菌が多い環境が改善されて、善玉菌が増えれば、日和見菌も善玉菌に変わるので、ますます善玉菌が増える。腸内環境は、良い方へ整えるとぐんぐんと良くなるし、悪い方へ向かうとどんどん悪くなっていくのです。

腸内細菌のバランスが悪いと、

  • 体に入ってきたものが、いいものか有害物質かがわからなくなる
  • 免疫が低下する
  • 正常な細胞なのに、有害なものと間違えて攻撃してしまう

といった異常が発生してしまいます。

↑ページTOPへ

腸内環境を整える生活とは?

腸内環境を整えるために大切なことはまず「便を出す」こと。腸の壁に便がついている状態では、栄養の吸収などとてもとても。

腸内環境を整える食べ物のポイントは「発酵食品」と「食物繊維」です。一例をあげると、

  • 発酵食品・・・納豆、味噌、漬物、キムチ、ヨーグルト、チーズなど
  • 食物繊維・・・玄米、海藻類(わかめ、ひじき、寒天)、キノコ類、野菜(ごぼう、パセリ)、バナナなど

あとは水分をじゅうぶん摂ること。そして、朝食を抜かないこと。適度な運動や体を温めることも、腸内環境を整えるためには大切ですね。

腸は健康の要。腸内環境を整えることで健康で美肌で若々しくいきましょう。ちなみに、100%有機野菜が原料の『野菜力で輝け』も腸内環境を整えるお手伝いをします。どうぞご参考に!

原材料は国産の無農薬有機栽培の野菜と天然塩のみ!『野菜力で輝け』くわしくは >>

野菜力で輝け

スポンサーリンク