健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > ポジティブ意識とネガティブ意識

ポジティブ意識とネガティブ意識

先日、テレセラピー研究会に参加してきました。

テレセラピーとは 「遠隔治療」 のこと。宝石、光、周波数、そして患者さんの写真を使って、遠くにいる患者さんを治療する方法です。

このテレセラピー自体は、インドのバッチャタリア博士が100年ほど前に生み出した治療法。もちろん日本でも一部でおこなわれています。

テレセラピー研究会では、遠隔治療の臨床なども発表されますが、遠隔治療だけでなく、広い意味での統合医療において日々の治療で実践された結果などが、数人の医師や治療家によって発表されます。

今回の発表の中で、多くの医師・治療家が話された中での共通点が 「超意識を高めることの大切さ」。

超意識を高めることの大切さ

ご存じのように私たちの意識には 「顕在意識」 と 「潜在意識」 があり、「潜在意識」 の中に 「条件反射的無意識」 と 「超意識」 がある。

心と体の細胞レベルでの健康を得るためには「超意識」を高めることが大切。病気や体の不調から解放されるには、その病気を作った原因に気づくことが必要。

  • 生活習慣・・・食生活、睡眠、運動、仕事etc
  • 思考パターン・・・エゴ、怒り、おそれ、嫉妬、ねたみetc

これらのマイナスが 「エネルギーレベルのひずみ」 であり、病気の原因でもある。超意識を高めることができると、自然治癒力が高まって健康でいられるだけでなく・・・

  • 無償の愛という意識が高まる
  • 宇宙根源のエネルギーを肉体に受け入れられる
  • 直観力、創造力が高まる
  • 魂の目的に沿って生きることができる
  • 高次の知的存在とのパイプがつながる

15,000年も前の古代人は超意識は40%以上ひらいていたが、所有という考えがあらわれたり争いが起きるにしたがって、人間の超意識は低下。現代人はわずか6%しか開いていない。

つまり、直観力、想像力だけでなく、健康でいられる生命力もふくめて、本来のチカラを発揮できない不安定な生活になっている。

スポンサーリンク

超意識をはたらけない原因とは?

この「超意識」がはたらけない原因を2つあげると、

  • 条件反射的無意識がブロックしているから
  • 魂にそった生き方をしていないから

1.の原因は何かというと、強いネガティブな意識(考え)が蓄積しているから。そのネガティブ意識は何なのかは、その人の誕生日で言い当てられる

28日生まれの人なら、2+8=10。10は2桁なので、1+0=1。15日生まれの人なら、1+5=6。

こうして、自分の数字を計算してみてください。

ネガティブ意識

  • 怒り
  • 我欲
  • 自己嫌悪
  • 嫉妬
  • 罪悪感
  • 拘泥(こだわり)
  • 劣等感
  • 絶望
  • 恐怖

誕生日で計算した数字によって、その人が蓄積しやすいネガティブ意識がわかります。逆に、

ポジティブ意識(生きる目的)

  • 謙虚
  • 信頼
  • 受容
  • 喜び
  • 純真
  • 創造
  • 希望
  • 感謝

ネガティブをなくす必要はありません。それも必要だからあるわけで、ネガティブとポジティブが 50対50 のバランスがとれていることが大切。

ネガティブ意識を減らすことで、超意識をジャマする(1)の原因(条件反射的無意識のブロック)が消え、ポジティブ意識にそって生きることで、超意識をジャマする(2)の原因(魂にそった生き方をしていないこと)が消える。

*--*--*--*--*--*

難しそうな話になってしまいましたが、頭で考えずに、心でうけとめるといいそうです。しかめっつらで読んでいるあなた、深呼吸してみましょう。

ネガティブとポジティブのバランスをとること以外で、超意識を高める方法も話されていました。またの機会でお伝えします。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ