健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 固い体の悪影響

固い体の悪影響とは?

固い体でいることは、どんな悪影響があるのでしょうか?

10年くらい前からお世話になっている群馬県の治療院の中村猛先生。おとといの電話で、先生がお話された内容をご紹介します。

*--*--*--*--*

体が固いってことは、何かがおかしいんです。体が固いってことは、血液循環が悪いってことですから。

人は亡くなると冷たくなって固くなるでしょ?

生きてるのに、体が固いとか体が冷えるというのは、どこかがおかしい証拠なんです。

それをほおっておいて、いよいよツラくなって診てもらうから 「もっと早く来ればよかったのに!」 ってことになる。体が固いとか冷えるというのは、少しでも早く手をうたないといけないんです。

私の知り合いの夫婦ね、子供が3人いるんだけど、前から体がとても固くてコリがたまっている、っていうんで、「今度ウチの治療院においでよ。みてあげるから」 って言ってたのよ。でも・・・

奥さんは 「太ってるから恥ずかしいのよ」 って言って、だんなは 「仕事が忙しくてなかなか・・・」 って言って、なかなか来なかったんだよ。

その夫婦は、友達には 「いい先生いるから行ってきなよ」 ってたくさんの人を紹介してくれたけど、結局本人は二人とも来ないまま、だんなも奥さんも相次いで、50代の若さで子供3人を残して・・・

「体が固い」は笑ってられる状態ではない

体が固くて前屈しても全然曲がらない人と、ぐにゃっと柔らかく曲がる人。健康そうなのはどちらか、一目瞭然ですね。

体が固いと、栄養も酸素も体温も流れにくくなります。老廃物や疲労物質も流れにくいので、体の中にたまりがち。疲れがとれなかったり、冷えを感じるのはこのためです。

マッサージも整体もエステも、最初に何をするかというと、固い体をやわらかくほぐすこと。体を柔らかくすることが先決だ、ということです。

柔らかい体が美容と健康のために大前提である、という証拠であり、逆に、固い体がさまざまな不調や悩みの根本原因である、ということです。

固い体に慣れてしまわずに、今の状態を見直してみましょう

いつも体が固いと、それに慣れてしまったり、昨日と今日があまり変わらないと、ついそのままにしがち。「私は昔っから体が固いのよぉ」 で済ませられるような甘い話ではありません。

蛍光灯が日に日に少しずつ暗くなるのは、あまり気づかないですよね?気づくのは、大掃除で取り替えた時か、蛍光灯がプツッと切れた時。

おとといの体が 50点、昨日の体が 49.5点、今日の体が 49.0点、・・・この違いを実感することは難しいでしょう。

では、1年前、5年前、10年前の体と比べたらいかがですか?

「年のせいだよ」で片付けるのは、ちょっと寂しい。あなたよりも年上なのにあなたよりも元気な人をご存じでしょう。

すこしでも早いうちに固い体をケアして、うらやましがられる人になりませんか?

プアーナプアーナ

スポンサーリンク