健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > こころ元気 > 生姜で体を温める

生姜で体を温める本当の方法とは?

寒い冬。体を温める食べ物、飲み物など、冷え性対策をテーマにしたテレビ番組も雑誌も多くなります。

手先や足先が冷たい、お風呂に入っても出るとすぐに湯冷めする、布団に入っても手足がキンキンでなかなか寝つけない・・・。そんな方も多いのではないでしょうか。

【目次】

冷えた体はこんな悪影響が!

冷え性の方にとっては当たり前の話ですが、冷えた体は健康面でもいろいろな悪影響を及ぼします。

  • 体内酵素のはたらきが弱くなる → 食べたものがエネルギーにならず、お肉としてたまっていく
  • 新陳代謝が低下する → 体が生まれ変わらないので、体もお肌も元気がない
  • 外敵と戦うチカラが弱くなる → 風邪やインフルエンザにならないようにしたいのに・・・

生姜で体を温めよう

体を温めるといえば『生姜』。一般的に使われている漢方の70%に『生姜』が使われているそうです。

生姜の成分の主なものは、

  • ショウガオール・・・体を温める成分
  • ジンゲロール・・・・体を冷やす成分(殺菌のはたらきもあります)

名前が似ていてややこしい。。。名前に“ショウガ”とつく成分が、体を温める成分ですね。

生姜で体を温めようというのが、ショウガオールの成分のチカラ。お寿司屋さんで“ガリ”が出てくるのは、ジンゲロールの殺菌のチカラ。

市販の生姜のサプリメントで、「ジンゲロールが○○倍!」 なんてキャッチコピーを見かけたりしますが、ジンゲロールは体を冷やすショウガオールが体を温める、です。

もっとも、ジンゲロールを加熱するとその一部はショウガオールに変わりますが、すべてのジンゲロールがショウガオールに変わるわけではありません。

↑ページTOPへ

体を温めるのはショウガオール

体を温めるには、「ショウガオール」をたくさん摂るのがポイント。

そこで、ショウガオールの成分を増やす方法があります。それは、

「発酵」 と 「加熱」。

自宅で生姜を「発酵」するのは難しいですが、「加熱」なら簡単ですね。炒めたり煮たりする料理に生姜をくわえるだけでOKです。加熱すると、

(1)温め成分「ショウガオール」温め成分「ショウガオール」

(2)殺菌成分「ジンゲロール」  ⇒ 温め成分「ショウガオール」

生姜を加熱すると、殺菌成分「ジンゲロール」が、温め成分「ショウガオール」に変化。体を温める効果がグンとアップします!

ショウガオールで体が温まると

  • エネルギー消費がアップ。体の芯からぽかぽか。
  • 体の「むだなお肉」を分解。
  • サラサラ効果でスマートな毎日。
  • 外敵にも負けない強い体。

といいことづくめ。

生姜の温め効果は3時間続くと言われます。紅茶に入れたり、料理に使ったり。本格的な冬が来る前に、今のうちから生姜をこまめにとっておくといいですね。

スポンサーリンク

プアーナプアーナ