TEL:045-624-8124

HOME > 食べ物 > 胃もたれ解消の食べ物

胃もたれを解消する6つの食べ物とその効果的な食べ方とは?

よく胃もたれをする、という人は多いのではないでしょうか。仕事でのプレッシャーが多い人、家族の心配ごとが多い人など、ストレスが胃もたれの原因になっている人も増えています。

胃もたれを感じている女性

気分までスッキリしない胃もたれ。その原因とは? 解消するために効果的な食べ物は? 食べ方は? などについて、わかりやすくお伝えします。

【目次】

胃もたれとは胃がどんな状態になっているの?

そもそも胃の役割って?

まず最初に「胃の役割ってなに?」というと、食べた物が腸でしっかりと消化・吸収されるための下準備。胃はグイングインと動きながら胃酸と食べ物を混ぜ合わせて、食べ物を細かく砕いてドロドロにします。

そして、腸での消化・吸収の進み具合を見ながら、胃がギュッ、ギュッ、という蠕動(ぜんどう)運動をして、細かく砕いた食べ物を次の十二指腸へと送っていくのです。

胃もたれってどんな状態?

次に「胃もたれって胃がどんな状態になってるの?」というと、食べた物が胃の中にずーっと残っている状態のこと。

胃から十二指腸に送られずに、いつまでも胃の中に食べた物が残っているから「胃が重たい」、「ズーンと感じる」ということになるのですね。

なぜ胃の中に食べた物が残ってしまうの?

なぜ胃の中に食べ物が残ってしまうのかというと、(1)胃酸が少ないから、(2)胃のはたらきが弱いから、(3)腸での消化が進まないから、の3つがおもな理由。

  • 胃酸が少ないと、食べ物がなかなかドロドロになりません。
  • 胃のはたらきが弱っていると、ギュッ、ギュッ、という蠕動運動も弱くなって十二指腸へと送られません。
  • 腸での消化が進まないと、胃の中にある食べ物を腸に送れません。

こうして食べた物が胃のなかにずーっと残っている状態になってしまって、胃もたれという症状があらわれるのです。

実は、食べ物の消化はかなりたいへんな作業

食べ物の消化って、実は相当たいへんな作業。毎日の生活で使うエネルギーの約半分も食べ物の消化に使われているんです。

それほど食べ物の消化はたいへんな作業で、時間もかなりかかります。あくまでも目安ですが消化にかかる時間を紹介すると・・・

  • 果物・・・30分
  • 野菜・・・1時間~2時間
  • ごはんやパン・・・4時間~6時間
  • 肉・・・8時間~12時間

ランチに食べたお肉は、夜の9時になってもまだ消化が終わっていないということですね。

自然療法を実践しているドイツの医科大学のイセルス教授は「空腹と発熱は世界でたった2人の名医だ」と断言します。早く治したければ、消化のためにエネルギーを使うかわりに体の回復(新陳代謝)のために使え、ということ。

つまり、そもそも食べ物を消化するのは時間もエネルギーもかかるたいへんな作業なのです。

なにか他のことにエネルギーが必要になると消化のためのエネルギーが少なくなる。食べた物や食べる量によっては消化に必要なエネルギーも時間も増える。これが胃もたれという症状であらわれてくるのでしょう。

↑ページTOPへ

胃もたれの原因とは?

胃もたれの直接的な原因、つまり、胃酸が少なかったり、胃のはたらきが弱かったり、腸で消化が進まなかったり、というのは何が原因なのかというと・・・

胃もたれの原因

胃もたれの原因についてくわしくは >>

1.自律神経の乱れ

自律神経は胃や腸などの消化器系をコントロールしています。ストレスで胃が痛くなるように、ストレスと自律神経と胃は深い関係があります。

ストレスで自律神経が乱れると、胃のはたらきが弱くなって、胃酸の分泌量も少なくなるので、胃もたれがおこりやすくなります。

2.運動不足・筋力不足

胃や腸はいろんな筋肉に囲まれていて、筋肉のおかげで動くことができます。筋力が弱ければ胃のはたらきも弱くなって、胃もたれも起きやすくなります。

デスクワークの人、運動不足の人、近くでも車や自転車で移動する人、階段を使わない人などは要注意。生活を見直しましょう。

スポンサーリンク

3.食べ物

揚げ物やラーメンなどの脂っこい食べ物も、ケーキやクッキーなどバターをたくさん使っている食べ物も、消化に時間がかかるので胃に残る時間が長くなります。

すっぱいもの、からいもの、スパイシーなものは胃への刺激が強く、胃に負担がかかってはたらきが弱まってしまいます。

食物繊維も体にいい栄養素ではありますが、消化に時間がかかることも事実。よく胃もたれが起きる人は摂り過ぎに注意しましょう。

冷たい食べ物や飲み物も、胃への負担が大きいのではたらきが弱まってしまいます。暑い夏などは気をつけたいですね。

4.年齢

年齢を重ねるにつれ、胃の蠕動(ぜんどう)運動が弱くなり、胃を守る胃粘液の量も少なくなり、胃酸の分泌量も少なくなる。胃もたれをしやすくもなるのです。

散歩やウォーキングなどの有酸素運動をしたり、食後のお茶やコーヒーで消化を助けたり、あとで紹介する胃もたれ解消に効果的な食べ物を取り入れましょう。

5.お酒の飲みすぎ

お酒は胃液の分泌を促進するので 「食前に梅酒をすこし」 というのは効果的。でも飲みすぎは逆効果。特に空腹時には胃への刺激が強すぎて胃もたれや胃の痛みが出てしまいます。

量はほどほどに。枝豆、お豆腐、キャベツとお味噌、たまご焼きなどの胃を守るおつまみと一緒に飲みましょう。

6.たばこ

たばこを吸うと血液の流れが悪くなります。胃の粘膜も毛細血管がはりめぐらされているので、たばこを吸うと血流が悪くなって胃粘膜のはたらきが弱くなります。

7.さまざまな病気

急性胃炎、慢性胃炎、逆流性食道炎、感染性胃腸炎、ノロウイルス、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、機能性ディスペプシア、といった病気が原因で胃もたれが起こることもあります。

*-*-*-*

以上、胃もたれの原因についてお伝えしました。では、胃もたれを解消する食べ物について具体的に紹介します。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

胃もたれを解消する食べ物(1) キャベツ

胃もたれ解消に効く野菜としてもっとも知られているのはキャベツ。

「デザイナーフーズ・ピラミッド」ではニンニクに次いで第2位のキャベツは、さまざまな健康効果を持つ素晴らしい野菜のひとつです。

胃もたれを解消する食べ物:キャベツ

キャベジンという別名で有名な「ビタミンU」が豊富。胃腸の粘膜を健康にたもつ、胃の粘膜を守る・修復する、といった効果が高いので食べ物の消化を助けてくれます。

ほかにもキャベツには、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防効果、骨や葉をつくる効果、便秘解消、美肌、疲労回復など、たくさんの健康効果があります。

効果的な食べ方

ビタミンUは熱に弱いので、生で食べるのが一番。ビタミンCが逃げないように「千切り」ではなく「ざく切り」にしたり手でちぎるのがいいですね。食事の最初に、生のまま、よく噛んで、食べるのがおすすめです。

↑ページTOPへ

胃もたれを解消する食べ物(2) 大根

大根には、でんぷん質の消化を助けるアミラーゼや、たんぱく質の消化を助けるプロテアーゼなどの消化酵素が豊富に含まれています。

胃もたれを解消する食べ物:大根

「自然の胃薬」とも言われる大根は、胃もたれ解消にぜひ取り入れたい食べ物の代表。ご飯はいつもより少なめにして、大根を使ったおかずをメインにした食事がおすすめです。

効果的な食べ方

ぜひ食べてほしい場所は葉っぱに近い緑色の部分。ここに消化酵素が多く含まれています。

食べ方は生。大根おろしや大根サラダなど生の状態で大根を食べましょう。葉っぱの近くは甘みが多い部分でもあるので、大根おろしにピッタリですね。

胃もたれ解消効果のポイントであるアミラーゼやプロテアーゼといった消化酵素は熱に弱いので、大根を加熱すると酵素のはたらきを失ってしまいます。

葉っぱに近い緑色の部分を生で食べて、消化酵素の胃もたれ解消パワーをしっかりと体に取り入れましょう。

※アミラーゼはジアスターゼとも呼ばれることがあります。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

胃もたれを解消する食べ物(3) かぶ

かぶも大根の仲間。でんぷんの消化酵素であるアミラーゼが豊富に含まれていて、胃もたれや胸やけの解消効果、腸を整える効果が期待できます。

また葉の部分にはβカロテンが豊富。胃の粘膜を守るはたらきがあります。

胃もたれを解消する食べ物:かぶ

効果的な食べ方

かぶの効果的な食べ方は生。とはいえ、大根のようには生で食べにくいでしょうから、お漬物にして食べるのがいいですね。

また、酵素のはたらきを少しでも失わないように、加熱時間を短めにして調理するのも1つの方法。さっと煮たり蒸したりスープにしたり。βカロテンの多い葉の部分は油で炒めて吸収を高めましょう。

↑ページTOPへ

胃もたれを解消する食べ物(4) りんご

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」、「りんごが赤くなると医者が青くなる」などと言われるりんご。健康効果の高さがわかりますね。

胃もたれを解消する食べ物:りんご

りんごにはさまざまな酵素やクエン酸が豊富に含まれています。これらが消化を促進したり、胃の粘膜を守ってくれるはたらきがあって、胃もたれ解消が期待できるのです。

効果的な食べ方

りんごの効果的な食べ方はもちろん生。特に胃もたれ解消にはすりおろしたり、ジューサーを使ってジュースにして飲むのもおすすめです。

↑ページTOPへ

胃もたれを解消する食べ物(5) 白身魚

栄養価が高い魚の中でも、あっさりした白身魚は胃に負担がかかりにくい食べ物。脂分や脂肪分が少ないので消化しやすいのです。

タラ、さわら、タイ、カレイ、ひらめ、スズキ、赤魚などいろんな種類があるので、食事にも取り入れやすいでしょう。

胃もたれを解消する食べ物:白身魚

効果的な食べ方

白身魚の効果的な食べ方としては、刺身が最も消化がよく、その次に茹でたもの、蒸したもの、煮たもの、焼いたものという順になります。

刺身が苦手なら、ご飯といっしょに炊き込んで炊き込みご飯にするのもいいですね。だし汁でよく煮込んで、消化のよい蕪(かぶ)と合わせたりしても、美味しく食べられます。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

胃もたれを解消する食べ物(6) おかゆ・うどん

胃もたれが起きている時は、胃の消化のはたらきが低下しています。胃に負担がかからないよう、消化しやすくて栄養価もある食べ物をとりたいですね。

消化のよさという点、主食でありエネルギーとなる栄養素という点でおすすめなのが、「おかゆ」や「うどん」といった炭水化物を柔らかく煮込んだ食事

胃もたれを解消する食べ物:おかゆやうどん

効果的な食べ方

おかゆはちりめんじゃこやごまなどをトッピングすると栄養バランスもよくなります。

うどんは食べやすい食感だけに、よく噛まずにスルスルッと食べてしまいがち。でもそれではかえって胃に負担がかかってしまいます。しっかりと煮込んでやわらかめに仕上げて、よく噛んで食べましょう。

また、たまごも消化がよく栄養価も高いので胃もたれの解消に効果的。おかゆやうどんに卵を加えておいしく召し上がってください。

↑ページTOPへ

まとめ

胃もたれとはどんな状態? 胃もたれの原因とは? 胃もたれを解消する食べ物と効果的な食べ方とは? についてお伝えしました。

胃もたれを解消する食べ物を取り入れることも大切ですが、一番大切なことは、胃もたれをしないようにすること。

ストレスの多い毎日で自律神経が乱れて胃もたれになる、という人が非常に増えています。心当たりはありませんか?

ストレスが多い人は交感神経ばかりはたらきがち。体を回復する副交感神経をはたらかせるためには、日頃から、食事、お風呂、運動、体をほぐす、深呼吸などに気をつけることが大切です。

なかでも、マッサージを受けたり自分でマッサージしたりと、ストレスで緊張した体をほぐすことは非常に効果が高いと感じています。なぜなら・・・

マッサージされて 「あ~気持ちいい~」 と、トロ~ンと眠たくなった経験ありませんか?

マッサージされて気持ちよく眠っている女性

「眠たくなった」=「副交感神経に切りかわった」ということ。マッサージが始まってわずか10分や20分で体がしっかり変化するほど、体をほぐすことは効果的なのです。

月1回、月2回のマッサージもいいですが、なにより大切なのは毎日続けること。ストレッチしたり、湯船やお風呂あがりに自分の体をもみほぐしてくださいね。

体を深くほぐす天然由来のジェル 「プアーナ」

「毎日続けられる安心な方法で、こわばった体をほぐせないだろうか?」

「誰にでもできる簡単な方法で、自分の体を深くほぐす方法はないだろうか?」

そんな思いから、自分で、簡単に、時間もかけずに、安心して、そしてしっかりと深くほぐす方法として生まれたのが、天然由来成分100%の全身用ジェル『プアーナ』

すばやく深く体をほぐす全身用ジェルのプアーナ

「長年のコリやだるかった体が夢のように!」

「背中から鉄板が2枚とれたみたいにうんと軽くなった!」

「何を試してもダメだったガチガチの母が “これはすごい” って!」

「いつもの疲れが残ってないんです!」

使い方はただ全身に塗るだけ。お風呂あがりや夜寝る前が効果的です。塗りながらもみほぐせばさらに効果的。

口に入っても大丈夫な安全性で、赤ちゃんにも妊婦さんにも安心してお使いいただけます。

ガチガチの体から、しなやかで流れのよい軽やかな体へ。やさしく深くほぐす『プアーナ』もあわせてお役に立てたらうれしいです。

あなた本来の健やかな体で心地よい毎日を過ごされますように。

ハーブ・漢方・宝石のチカラ『プアーナ』くわしくはこちら >>

プアーナプアーナ

関連記事