体を温める生活術のナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > 温める生活 > 野菜の見分け方

温める?冷やす?野菜のなる場所での見分け方

野菜には「体を温めるもの」と「冷やすもの」があって、その見分け方はいろいろとあります。たとえば・・・

  • 寒い地域で収穫されるものか、暑い地域で収穫されるものか
  • 冬が旬なのか、夏が旬なのか

例外もありますが基本的にはそれぞれ「前者」が体を温めるもの。そしてこの他に「野菜のなる場所による見分け方」もあります。くわしく紹介します。

【目次】

野菜のなる場所での見分け方

野菜のなる場所での見分け方は・・・

  • 地面の“下”にできる野菜は、体を温める
  • 地面の“上”にできる野菜は、体を冷やす

野菜には旬があって、夏が旬なら体を冷やしますし、冬が旬なら温める傾向があります。

ただし、白菜などは冬が旬ではあっても地面の上にできる野菜なので、体を冷やす食べ物になります。色で見分けてみても、白菜は「青・白・緑色の野菜は体を冷やす」ということになりますね。

では根菜類をはじめとして、地面の下にできて体を温める野菜を具体的にみてみましょう。

地面の“下”になる野菜

根菜類など地面の下にできる野菜は体を温めます。

根菜類など温める野菜
  • さつまいも
  • じゃがいも
  • さといも
  • 山芋
  • こんにゃくいも
  • にんじん
  • ねぎ
  • たまねぎ
  • ごぼう
  • れんこん
  • にんにく
  • 生姜など

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

地面の“上”になる野菜

葉菜など地面の上にできる野菜は体を冷やします。

葉菜など冷やす野菜
  • キャベツ
  • レタス
  • 白菜
  • ほうれんそう
  • 小松菜
  • きゅうり
  • トマト
  • なす
  • ゴーヤ
  • セロリ
  • もやし
  • おくらなど

レタスやキャベツなどの葉菜にドレッシング(冷やす調味料)をかけて生野菜のサラダとして食べるとダブルで体を冷やします。煮る、炒める、といった加熱調理をしてから食べたり、お漬物にして食べるのがおすすめです。

また、地面の上にできる野菜は冷やすから良くない、根菜類など地面の下にできる野菜は温めるから良い、ということではありません。

暑がりの人が温める食べ物ばかり食べればそれはそれで健康によくないですし、その逆もまたしかり。陰と陽はバランスがもっとも大切なのです。

陰陽調和料理法というものがあります。

昔は海から遠い山奥に住む人のところには魚は届きませんでした。魚でダシをとることが難しい中でダシのきいたおいしい料理を作れないか、と考えられたのが陰陽調和料理法。

鍋に陰のものを入れて、その上に陽のもの、その上に陰のもの、・・・と順番に重ねていって火にかけると、ダシもなにも入れていないのにダシのきいたおいしい料理ができあがるそうです。

陰と陽のバランスがきちんととれていると味覚的にもおいしくなりますし、体にとっても健康なものになるのですね。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ