疲労回復のナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > 疲労回復 > ストレッチ > 足のむくみをとるストレッチ

足のむくみをとるストレッチ

立ち仕事やよく歩き回る仕事などをおこなっている方は、想像以上に足のむくみに悩まされています。翌朝になっても足のむくみやだるくて重い感じが抜けきらず、朝から憂鬱な気分になってしまわれる方も少なくないでしょう。

そうした足のむくみに悩まされている方にピッタリな、足のむくみを解消するストレッチについて紹介します。

足のむくみを解消するストレッチ

では、足にむくみを解消する効果的なストレッチを4つ、ご紹介します。

ストレッチ(1)

まず1つ目。足を大きく前後に開いてつま先は前に向けます。その状態で両手を壁につけてからゆっくりと前に出ている方の足の膝を曲げていきます。

後ろ足はかかとをしっかりつけたまま、膝は曲げないように伸ばす感じです。よくアキレス腱を伸ばすための準備運動のストレッチがありますが、ああいった形になります。

ストレッチ(2)

次に2つ目。同様に両足を前後に大きく開いて、つま先は前向きです。

そして今度は、両手を前の足の膝の上について、膝を曲げていきます。それから今回は後ろの膝も同時に曲げていくのです。

ストレッチ(3)

3つ目は、床に腰を下ろして座ります。片方の足は膝を曲げて楽にしておき、もう一方の足はまっすぐに伸ばしましょう。

伸ばした方の足のつま先を手でつかんで、体の方へぐっとゆっくり引っ張っていきます。伸ばしている方の膝は曲げないように気をつけましょう。これを左右おこなってください。

ストレッチ(4)

最後に4つ目。片膝をついた姿勢をとります。片方の膝は床につけて、もう一方は膝を立てた状態です。

その状態で立てた方の膝に両手を置いて、前方に押すようにして体重をかけていきます。この時、かかとは浮かさないように気をつけてください。ふくらぎを伸ばすよう意識することが大切です。こちらも左右おこないましょう。

*-*-*-*

この4種のストレッチを毎日おこなっていれば、かなり足のむくみが解消されるのではないでしょうか。

お風呂から出た後などの代謝が上がっている時がより効果的です。ウォーキングなどの有酸素運動をおこなっている方であれば、その直後におこなうとさらに高い効果を得られます。有酸素運動後のストレッチは効果が20%アップとも言われていますので、がんばってやってみてください。

わざわざウォーキングをした後でなくても、徒歩や自転車等で通勤、通学されている方であれば、帰宅後にすぐおこなうと効果的です。

スポンサーリンク

ストレッチの効果を高めるためのコツ

ストレッチの際に気をつけることは、次の4つ。

  • 呼吸を止めず、自然呼吸のままおこなうこと
  • 1つのストレッチにつき30秒ほどおこなうこと
  • より効果を高めるためには、2~3セットほどおこなうこと
  • 痛みが出るほどはやらないこと

特にやり始めのうちは無理をせず、体が柔らかくなっていくまで徐々に負荷をかけていくようにしましょう。足のむくみを解消することで、快適な朝を迎えられるようになるはずです。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ