疲労回復のナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > 疲労回復 > 食べ物 > 立ちくらみの原因

立ちくらみの原因とは?

立ちくらみの原因には何があるでしょう?低血圧が原因であったり、起立性調節障害や起立性低血圧からくるものであったり。最近ではストレスによる自律神経の乱れが原因で立ちくらみを起こすケースも増えています。

では、立ちくらみの原因と解消法について紹介します。

立ちくらみとは?

立ちくらみとは、横になっていたり座っている姿勢から急に立ち上がった時や、お風呂にゆっくりつかって立ち上がった時、長時間立っている時などに、クラクラッとしたり、目の前が白くなる状態のこと。

立ちくらみ

立ちくらみは脳に血液が足りないことや、低血圧が原因で起こるもの。20代から30代の女性に多い傾向があります。また子供の立ちくらみは「起立性調節障害」と呼ばれ、大人の立ちくらみは「起立性低血圧」と呼ばれています。

ちなみに「めまい」は平衡感覚を失うことが原因。立ちくらみとは別です。それでは、立ちくらみによい食事を紹介します。

↑ページTOPへ

立ちくらみには酸素を運ぶ鉄分が大切

立ちくらみの原因は脳の血液不足といわれます。ということは、血液を作って酸素を運ぶ役割をはたす「鉄分」の不足も大きな原因。特に、脳の血行が悪くなって酸素が不足した時に立ちくらみが起こりやすく、女性に多い傾向があります。

酸欠状態が続くと、立ちくらみだけでなく全身の疲れにも影響します。なので、食品で鉄分を補うことが立ちくらみの予防にはとても大切です。

立ちくらみ によい 食事

立ちくらみは鉄分の多い食事が解消しましょう。

鉄分のなかでも、体への吸収率が高い「ヘム鉄」を多く含む食べ物といえば・・・

  • 豚レバー
  • 鶏レバー
  • あさり
  • カツオ
  • ブリ
  • まぐろ

これらの食べ物をなるべく取り入れるように心掛けてみてはいかがでしょうか。

ビタミンCを一緒にとれば鉄分の吸収率アップ

鉄分は体への吸収率が比較的低いので、ビタミンCを一緒に摂って吸収率を高めましょう。ほかにも、ビタミンB2、ビタミンB6、マグネシウム、タンパク質などが鉄分の吸収を高めてくれます。

ビタミンB2は、干しシイタケ・干しのり・卵黄などに。ビタミンB6は、豚肉・チーズ・バナナ・ピーナッツなどに。マグネシウムは、青のり・昆布・ひじき・玄米などに。そしてたんぱく質は、牛乳・肉類・魚類・豆類などに多く含まれています。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

ストレスも立ちくらみの大きな原因のひとつ

「ストレスによる筋肉の緊張」も立ちくらみ の原因のひとつ。ストレスを感じると交感神経が優位になって、筋肉がかたく緊張します。すると血行が悪くなるので、脳にも酸素や血液が行き届きにくくなって立ちくらみを起こすことがあるのです。

立ちくらみは、特に下半身の血行の悪さからくることも多く、これもストレスによって筋肉がかたくなっていることが原因となっています。

立ちくらみを解消するために鉄分の多い食べ物をとるように心がけても、固い体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養も吸収されにくく、全身に行き渡りません。また、いらないものも出にくいのです。

栄養を吸収していらないものを出すためには、体をほぐすことがなにより大切。マッサージされるとトローンと眠たくなるように、体がほぐれると回復モードのスイッチが「ON」になるんです。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ