健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > 酵素 > 悪玉コレステロール(LDL)

悪玉コレステロール(LDL)とは?

悪玉コレステロールとは、肝臓で合成されたコレステロールが抹消の筋肉や血管に運ばれる途中のコレステロールです。(LDLコレステロールとも呼ばれます)

悪玉コレステロールが正常値であっても、悪玉コレステロールが原因で動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞を引き起こす可能性はあるのです。

悪玉コレステロールには大きさがあり、小さくても比重が高い場合もあり、この小型LDLが増えると動脈硬化はより強く促進されるため、これに含まれるコレステロールは「超悪玉コレステロール」と言われています。

悪玉コレステロールは、普通の大きさなら2日ほどで肝臓にとりこまれますが、小型の悪玉コレステロールは肝臓にとりこまれにくく、血液中にとどまる期間が長くなります。

その間に血管壁に沈着したり、動脈硬化に直接関わる「酸化LDL」に変化する危険性があります。小型LDLは誰でも持っていますが、より多く持っている人の方が病気を引き起こすリスクが高まります。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールと呼ばれていますが、コレステロールそのものに種類はありません。「悪玉」か「善玉」かは、コレステロールを運ぶ“リポタンパク”の働きによって区別されます。

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ