健康グッズのナチュラルハーモニー

TEL:045-624-8124

HOME > コラム > 酵素 > インスリン

インスリンとは?

インスリン(インシュリン)は、すい臓から分泌されているホルモン。体内のホルモンのなかで唯一、血糖値を下げる役割があるのが、このインスリンです。

食後に血糖値が上がるとすい臓からインスリンが分泌され、インスリンのはたらきによって血糖値を調節します。

血糖値とは、血液中のブドウ糖の量のこと。つまり「血糖値が下がる」 ということは 「血液中のブドウ糖が減る」 ということですね。

【目次】

インスリンのはたらき

インスリンの主なはたらきとしては・・・

  • 血糖値を調節する
  • 血液中のブドウ糖を体内の細胞へ送り込んで、活動エネルギーに変える
  • 血液中のブドウ糖を脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄える

インスリンは、ブドウ糖をコントロールしています。

インスリンが不足したりうまくはたらかないと、血液の中にあるブドウ糖を細胞へと送ることができません。

そうなると、血液中にはブドウ糖が残ったままとなって血糖値が上がってしまいます。一方で、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないために、疲労感を感じるといった症状があらわれます。

↑ページTOPへ

糖尿病はインスリン不足?

糖尿病になるとインスリン注射を打つことがありますよね?

体内でインスリンを分泌するのは「膵臓(すいぞう」の役割。その膵臓(すいぞう)が疲れ切って十分にはたらけなくなったために、インスリンを分泌するはたらきが弱ってしまったのです。

インスリンの役割は、血糖値(=血液の中のブドウ糖の量)を調節すること。そのブドウ糖のもとは、食事などで口から体内に入ってくる「糖」です。

「糖」といっても「砂糖」などの甘いものだけではありません。「炭水化物」も「糖」なのです。

問題なのは、食生活の「内容」

糖尿病のおもな原因は、食生活、運動不足、ストレス。その中の 「食生活」 をとってみても、

  • 食事の内容(野菜や海藻も食べている?)
  • 食事の時間(夕食が遅い時間ではないか?)
  • 朝食を食べているか?
  • 食事の時間はバラバラではないか?
  • おやつなど間食が多いか?

などがあります。さらにその中の「食事の内容」についてみてみましょう。

スポンサーリンク

↑ページTOPへ

炭水化物の「質」と「量」

炭水化物には、体内で素早く分解されるものゆっくりと分解されるものがあります。

素早く分解されるものは、砂糖、白いご飯、白いパン、白い麺、うどん、など。

これらは体内で素早くブドウ糖に分解されます。一気にブドウ糖の数が増えるので、膵臓(すいぞう)は必死になってインスリンを分泌して、血糖値を下げようとします。

これが「たまに」ならいいのですが、「いつも」だったり「量が多すぎる」と、膵臓が疲れ切ってしまいます。

私たちだって、たまに仕事が忙しいのなら頑張れるでしょうが、毎日毎日長時間忙しいとなると疲れ切ってしまいますよね?

白いご飯や白いパンやラーメンばかり食べたり、おやつに甘いパンやケーキやお菓子を食べていると、気づかないうちに「糖」の摂りすぎになって膵臓が疲れ切って、十分な量のインスリンを分泌できなくなってしまうのです。

炭水化物なら色の黒いものを

炭水化物を摂るときは、色の黒いものを目安に摂るようにしましょう。

  • 白いご飯ではなく、玄米や雑穀米を
  • 白いパンではなく、全粒粉のパンを

といった工夫がおすすめです。

さらに、食事に含まれる炭水化物の量を減らすことも効果的。ご飯でお腹いっぱいにするのではなく、野菜や海藻やキノコ類などの食物繊維の多い食べ物をたくさん食べるようにしましょう。

↑ページTOPへ

飲み物にも注意が必要

いわゆる清涼飲料水には砂糖がたっぷり、というのはおわかりでしょうが、夏場によく飲まれるアルカリイオン飲料(ポ○リスエット、アク○リアスなど)も、物によってはたくさんの砂糖が含まれています。

栄養ドリンクにもたくさんの砂糖が含まれているものがあります。習慣的に気軽に飲んでいるものでも、ちょっと待って、糖質の量がどのくらい含まれているか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

このように、何を食べるか、どのくらい食べるか、に注意して、膵臓が疲れ切ってインスリンが分泌できない事態にならないように心がけてください。

スポンサーリンク

関連記事

プアーナプアーナ