食べ方

食べ方

効果的な食べ方

HOME > 伝統食材で蘇れ > 食べ方

効果的な食べ方

伝統食材で蘇れの効果的な食べ方、食べる量、食べるタイミングについて説明します。

いつ食べるの?

朝一番(朝食の1時間以上前)」または「食間」または「夜寝る前」が効果的です。逆に、食後すぐに食べたり、伝統食材で蘇れを食べてからすぐに食事をしたり、というのは効果が低くなります。

伝統食材で蘇れを食べるタイミング

伝統食材で蘇れ は、原材料である「4つの食品の絶妙なバランスが命」。食前や食後に食べると、食事に含まる食品が「伝統食材で蘇れの絶妙なバランス」を崩してしまうので、効果が低くなってしまいます。

食べるタイミングとしては、食事の前後1時間以上あけるのがベスト。食事を終えて1時間以上たってから食べる。伝統食材で蘇れを食べたら1時間は食事をしない。ということですね。

空腹時ではありません

よく誤解されますが・・・

「空腹時」 ではありません。「朝イチか食間か寝る前」 です。

「お腹がすいている時が効果的」 なのではありません。「伝統食材で蘇れを飲む前も後も食事をしていないこと」 が効果的なのです。

「伝統食材で蘇れを食べたから、さぁ、ごはんを食べよう!」 は効果の低い食べ方。「ごはんを食べたから、さぁ、伝統食材で蘇れを食べよう!」 も効果の低い食べ方です。

ごはんを食べ終わって1時間以上たってから伝統食材で蘇れを食べる。伝統食材で蘇れを食べたら1時間たってからごはんを食べる。このタイミングが一番効果の高い食べ方です。

食べたらコーヒーもおやつもダメ?

「伝統食材で蘇れを食べた後は、コーヒーはダメ?少しのおやつもダメ?」 と聞かれることもありますが、その程度は問題ありません。お茶やコーヒーや少しのおやつは大丈夫です。

1日1回?2回?

1日に2包以上食べる場合は、分けて食べるのが効果的。一度に2包ではなく、朝10時ころに1包食べて、午後3時ころに1包食べて、といったかたちですね。

頭脳労働の前も効果的なタイミング

伝統食材で蘇れは頭のはたらきも良くしてくれます。頭を使う仕事をする前だったり、集中して勉強する前などに1包食べるのもおすすめです。

野菜力で輝けと一緒はOK?ダメ?

「野菜力で輝け」を飲んでいる人も多いでしょうが、「伝統食材で蘇れ」と「野菜力で輝け」は別々のタイミングで摂るようにしてください。伝統食材で蘇れは朝10時頃なら、野菜力で輝けは寝る前、といったかたちです。

どうやって食べるの?

伝統食材で蘇れは「きな粉」のような粉状。そのまま口に入れて、モクモグと噛むようにして食べるのが一番効果的な食べ方です。

伝統食材で蘇れに限った話ではなく、「よく噛む」ということは、免疫力を高めたり、脳を活性化させたり、疲労回復効果を高めたりといいことずくめ。きな粉のような粉状ですが、モクモグとよく噛むようにして食べてください。

香ばしくておいしく召し上がっていただけると思いますが、そのまま食べるのが万が一苦手な場合は、白湯や浄活茶に溶かしてお飲みください。

食べる量は?

1日1包から2包が目安です。

普段から食事のバランスに気を配っている人は1日1包でいいでしょうし、栄養バランスが気になる人は1日2包がおすすめ。風邪などで体調をくずしている時は、1日3包など、すこし増やしてみるといいと思います。胃に負担をかけることなく、エネルギーの高い栄養を補給することができます。

出荷について5%ポイント還元

伝統食材で蘇れ

ご注文