プアーナの成分

プアーナ

成分

HOME > プアーナ > 成分

成分

プアーナは、100%天然由来成分から作られています。界面活性剤・香料・保存料など、化学的な成分はいっさい使用していません。BGやパラベンなども使用していません。

それでは、成分それぞれの特徴やはたらきについて紹介します。※あくまでも各成分の一般的なはたらきをご紹介しています。

中央アルプスの清水を使用しています。

エタノール

天然の穀物(とうもろこし)から抽出した天然のアルコールです。

カラギーナン

海藻から抽出した成分。保湿効果や独特の粘性と肌感触があるので、肌にしなやかなハリを与えてくれます。

アルギン酸Na

海藻から抽出した成分。天然の保湿成分であり、食物繊維の一種。毛穴の奥の汚れまで吸着するはたらきとともに、肌の新陳代謝を高めてくれます。

塩化Na

天然塩です。海洋深層水から抽出したもので、天然のミネラルが豊富に含まれています。

グリチルリチン酸2K

甘草から抽出した成分。炎症をおさえるはたらきが高いことが特徴。敏感肌への刺激をやさしくしたり、肌荒れ・細菌の繁殖・ニキビなどを予防してくれます。

グレープフルーツエキス

肌のうるおいを保ってひきしめて、キメを細かく整えます。代謝を高めたり、天然の防腐剤としての効果もある成分です。

アロエベラエキス-1

アロエベラ、キダチアロエなどの葉から抽出、または圧搾、精製して得られるエキスのこと。保湿、抗炎症、鎮痛作用があります。

フェノキシエタノール

緑茶から抽出した成分です。天然の防腐殺菌剤として、少量でそのはたらきがあります。

黄水晶(クリスタル)

パワーストーンの代表格で、最大の浄化力を持つと言われているのがクリスタル。

心を落ち着かせて不安を取り除き、生命力を高めて本来の能力を引き出します。体も活性化させて体内の良からぬものを排除してくれるはたらきもあります。

ハスハナビラ油(蓮の花の精油)

泥の中から茎を伸ばして美しい花を咲かせる蓮。ヨガや瞑想では、否定的なことやストレスを取り除くために使われます。

嫌な気分からスーッと解き放たれて心が落ち着き、呼吸が深くなって体も穏やかになります。

ケイヒエキス

ケイヒ(桂皮)エキスはシナモンと呼ばれるもの。熱を冷ます、痛みをやわらげる、食欲不振、お腹の調子を整えるはたらき、などがある成分です。

ショウキョウエキス

ショウキョウ(生姜)エキスは、咳をしずめたり、体のはたらきを落ち着かせる作用があります。またお腹のはたらきを活発にします。

センキュウエキス

「センキュウ」は、「川」という字と「くさかんむりに弓」という字でセンキュウと読みます。

センキュウとは、セリ科の植物の根茎を湯通しして乾燥させたもの。漢方としてもっとも使われる生薬のひとつで、特に冷えなどに多く用いられる生薬です。ほかにも、痛みをやわらげたり、体のめぐりを良くするはたらきなど。

タイソウエキス

タイソウ(大棗)とは、クロウメモドキ科のナツメの果実。漢方では、鎮静、緩和、強壮、体が急に緊張するのをやわらげる作用、胸やお腹をやわらげるはたらきに使われる成分です。

オタネジンジンエキス

オタネニンジンは「高麗人参」とも呼ばれる生薬のこと。「不老長寿の生薬」というイメージがありますね。

代謝を高める、お腹を整える、食欲不振、からだ全体のはたらきを高めるなど、幅広いはたらきがあるため重宝される生薬です。

肌に対しても、保湿、肌のコンディションを整える、といったはたらきがある成分です。

ビャクダンエキス

ビャクダン(白檀)は「サンダルウッド」とも呼ばれ、お香やアーユルヴェーダなどに使われます。伐採の影響で、現在ではとても貴重な植物となっています。

心身を深くリラックスさせる、緊張や不安をやわらげる、体のつらさをやわらげる、不調全般によい作用をあたえる、といったはたらきがある成分です。

甘草エキス

甘草エキスは、漢方としてだけでなくのど飴や化粧品にも使われているので、ご存知の方も多いことでしょう。

東洋西洋を問わず、むかしから“デトックス”を目的に多く使われ、現在も漢方として非常に多く使われています。

体のはたらきを助ける作用、Detox作用、消炎、痛みをやわらげる、など、とても幅広いはたらきがある成分です。

▲このページのTOPへ