成分

よくある質問Q&A

成分について

HOME > ジェムペースト > Q&A > 成分について

成分のQ&A

Q : 研磨剤を使用していない理由はなんですか?

A : 研磨剤が歯のエナメル質を傷つけ、虫歯菌への抵抗力が低くなるためです。

歯科で教育を受けた衛生士が、クリーニングに使用する研磨剤はプロの指導のもので行われるものです。

歯にこびりついた歯石や歯垢の除去には研磨剤が有効ですが、日常の歯磨き剤での研磨剤の多用は、歯のエナメル質を傷つけ、虫歯菌への抵抗力も低くなるため、多くの専門医が反対するようになってきています。

「Q&A」目次へ >>

Q : 研磨剤なしでも汚れが落ちますか?

A : 高い洗浄力があるので大丈夫です。

例えばですが・・・、ちょっと質問。

「お皿を洗うときに、研磨剤の入ったクレンザーで毎回毎回洗いますか?」

きっと 「いいえ、クレンザーは使いません」 というお答えだと思います。その理由は・・・?「キズがつくから」。

歯を洗う時も、研磨剤を使うと傷つきます。 「エナメル質が傷つく=虫歯菌が侵入しやすくなる」 ということ。

試しに、お皿に今お使いのハミガキ粉をつけて、ブラシでゴシゴシしてみるとわかります。おそらくその前に 「お皿がキズつくからイヤだわ。」 と思った方、あなたの歯は要注意です。

ジェムペーストには研磨剤は含まれていませんが、強力な洗浄力があるため、歯にこびりついた色素や汚れ、細菌の塊を洗い流すことが可能です。

「Q&A」目次へ >>

Q : フッ素を配合していなくても歯が丈夫になりますか?

A : 口腔内でエナメル質が再石灰化しやすい環境をつくります。

ジェムペースト自体が歯を丈夫にすることはありません。

しかし、唾液の中に含まれているリン酸やカルシウムなどが再石灰化し、歯のエナメル質を強化するはたらきをもっています。

梅干し、酢の物、漬物、柑橘類などさまざまな酸性の食品が、歯のエナメル質を溶かし、研磨剤入りの歯磨き粉がエナメル質を削りますが、口腔内がアルカリの状態では、自然とエナメル質ができてくるのです。

ジェムペーストはアルカリ性なので、口腔内でエナメル質が再石灰化しやすい環境をつくります。そのため、知覚過敏も自然と改善されていくようです。

「Q&A」目次へ >>

▲このページのTOPへ

送料・代引手数料

お支払方法

ご注文