生姜湯とサプリメントはどちらが効果的?

体を温める飲み物

生姜湯とサプリメント

HOME > 体を温める方法 > 生姜湯とサプリメント

生姜湯とサプリメント、冷え性に効果的なのは?

冷え性改善の代表的な食べ物といえば 「生姜」。

生の生姜はかえって体を冷やす、ということが広く知られた今、料理に使ったり、NHKでも紹介された 「ウルトラ蒸し生姜」 を作ったり。生姜の乾燥粉末やサプリメントを活用されている方も多いのではないでしょうか。

冷え性の改善にはどんな方法が効果的か、お客様との会話のなかで質問されることもよくあります。その中でも多いのが・・・

「生姜湯とサプリメント、冷え性にはどちらが効果的なの?」

そこで、個人的な考えではありますが、生姜湯とサプリメントではどちらが冷え性に効果的なのか、お伝えします。

ポイントは、生姜の特性にあります。

加熱・乾燥・発酵で、体を温める成分が増加!

生姜の特徴的な成分は、次の2つ。

  • ショウガオール・・・体を温める成分
  • ジンゲロール・・・・殺菌する成分 (体を冷やす作用がある)

冷え性改善に期待されるのは 「ショウガオール」 のはたらき。お寿司屋さんのガリなど殺菌 (生魚で食あたりを起こさないようにするため) に期待されるのは 「ジンゲロール」 のはたらきです。

ジンゲロールには体を冷やすはたらきもあります。生の生姜を食べるとかえって体が冷えてしまうのは、生の生姜にはジンゲロールがたくさん含まれているからなのですね。

生姜湯とサプリメント

このジンゲロール、加熱・乾燥・発酵によって、体を温める成分であるショウガオールに変化するのです。

NHKで紹介されていたウルトラ蒸し生姜も、蒸し器で蒸してから (加熱) 天日干しにして (乾燥) できあがり。加熱と乾燥によってジンゲロールがショウガオールに変化したので、体を温める食べ物に変わったのですね。

では本題。生姜湯とサプリメントでは、どちらが冷え性改善に効果的なのか、についてです。

生姜湯とサプリメントでは、どちらが効果的?

まず生姜湯。

すりおろした生姜を湯のみに入れてお湯を注いだり、鍋に入れて水やハチミツと一緒にコトコト沸騰させたり。どちらも「生姜を加熱している」ことで、ジンゲロールショウガオールに変化して、温める作用がアップします。

同じ生姜湯でも、鍋でコトコト沸騰させる方が生姜が加熱される時間が長いので、温める成分がより多く増えるでしょう。

生姜を加熱すると生の生姜より温める成分が増える

生姜を料理に使う場合も、すりおろして薬味に使ったり、お酢に漬け込むといった方法では、体を温める効果は期待できません。

煮物、焼き物などで、じっくりと加熱したほうが体を温める成分が多くなるのです。

次に、生姜のサプリメント。

粒状のサプリメントもあれば、粉末のものもあります。「成分の多い金時生姜を粉末にしました!」というのもありますが、金時生姜に多く含まれるのは、体を冷やす「ジンゲロール」。

サプリメントを加熱して飲む人はいないでしょう。白湯で飲んだところで、温める成分の増加はタカがしれています。

粉末のものを料理に使ってしっかり加熱するのなら効果が期待できるかもしれませんが、サプリメントをただ飲むだけでは大きな効果は期待できないと思います。

冷え性の方、体を温めたい方は、生姜湯にしたり料理に使うなどして、しっかりと“加熱”してから取り入れましょう。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえでも、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、軽やかで気持ちのよい毎日を手に入れましょう。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

プアーナプアーナ

▼関連記事