体を温める肉

体を温める食べ物

体を温める肉

HOME > 体を温める方法 > 体を温める肉

体を温める肉、冷やす肉

お肉にも「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。魚と同じで、白身よりも赤身の方が温めるはたらきが強いです。

肉でいう「白身」は主に“脂肪”の部分。また、寒い地域でよく食べられている肉は温めるはたらきが強いですね。

体を温める肉

体を温める肉には何があるかというと・・・

温める肉
  • 羊の肉(ラム)
  • 鹿の肉
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 鶏のレバー
  • 赤身の肉

ラムといえばジンギスカン。ジンギスカンといえば寒い北海道ですね。温めるはたらきが高いからか、寒い地域に住む人たちにはラム肉が好まれてきました。寒いモンゴルでも同様にラム肉をよく食べる習慣があったのも、温めるはたらきがあったからなのでしょう。

スポンサーリンク

体を冷やす肉

では、体を冷やす肉とは・・・

冷やす肉
  • 豚肉

肉は全般的に体を温める食べ物ですが、その中では豚肉が冷やす傾向にあります。

沖縄では料理に豚肉が広く使われていて耳から皮から食べられていますし、鹿児島も黒豚で有名。温かい地域で好まれているのも、熱い体を冷やしてくれるはたらきがあるからではないでしょうか。

また豚肉に限らず、脂肪(脂身)の部分は冷やす傾向があります。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

スポンサーリンク

▼関連記事