体を温める酒

体を温める方法

体を温める酒

HOME > 体を温める方法 > お酒

体を温める酒、冷やす酒

お酒を飲むとぽかぽかしてきますよね。どんなお酒にも体を温めるはたらきがあるような気がしますが、これはアルコールのはたらきによるもの。

飲み始めはぽかぽかしてきますが、発汗作用もあるので、結局は体が冷えてしまう傾向があります。お酒で冷え性を改善しよう、というのはちょっと難しいかもしれませんが・・・

お酒にも「体を温めるもの」があります。その見分け方など、具体的にお伝えします。

スポンサーリンク

体を温める酒と冷やす酒の見分け方

暑い夏にはキーンと冷えたビールを飲みたくなりますし、寒い冬には鍋料理に熱カンが欲しくなります。

体が何を欲しているかにそのヒントがありそうですね。そこで温めるお酒と冷やすお酒の見分け方はこちら。

  • 米が原料の酒は、体を温める
  • 麦が原料の酒は、体を冷やす

見分け方はこれだけではありませんので、どんなお酒が体を温めるのか、体を冷やすのか、具体的にご紹介します。

体を温める酒とは?

体を温めるお酒には何があるかというと・・・

温める酒
  • 紹興酒
  • 日本酒
  • ブランデー
  • 赤ワイン

紹興酒はもともと中国の寒い地方に住む人たちが好んで飲んできたお酒。日本酒は原料がお米で、ブランデーや赤ワインは原料がブドウなので、どちらも体を温めるお酒となります。

紹興酒や日本酒など熱カンで飲むと、温める効果はさらに高まりますね。

またワインは、温めると冷やすとの中間にある飲み物。ただ赤ワインは、体を温める食べ物の色である「赤い果皮」ごと発酵させているので、白ワインよりも温めるはたらきが高いです。

次は、体を冷やすお酒にはどんなものがあるか、具体的に紹介します。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

体を冷やす酒とは?

では、体を冷やすお酒を紹介します。

冷やす酒
  • ビール
  • ウィスキー
  • 焼酎
  • 白ワイン

ビールやウィスキーは麦が原料なので冷やすお酒に。白ワインはさほど冷やすお酒ではないですが、温める食べ物の色である「赤い果皮」を使った赤ワインほどは、温める効果はありません。

飲み方も、赤ワインは常温で飲むのに対して白ワインは冷やして飲むもの。どちらかというと冷やすお酒の仲間になりますね。

また、さつまいもは温める食べ物なので、おなじ焼酎でも、麦焼酎よりも芋焼酎の方が体を冷やしにくいのではないでしょうか。

冷やすお酒も温めて飲めばいくらかやわらぎます。ビールや白ワインはちょっと無理でしょうが、焼酎をお湯割りにしたりホットウィスキーにしたり。工夫によって冷やしにくくなるでしょう。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

▲このページのTOPへ

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、夜はぐっすり、いつも軽やかな体のために、ぜひ参考になさってください。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

▲このページのTOPへ

▼関連記事