生姜湯いつ飲むのが効果的

体を温める飲み物

生姜湯いつ飲む

HOME > 体を温める方法 > 生姜湯いつ飲む?

生姜湯はいつ飲むのが効果的?

生姜湯といえば、冷え性の改善に効果的な飲み物の代表。最近はクーラーの影響で夏でも冷え性の人が多く、冬に限らず一年じゅう生姜湯を飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

冷え性といってもいろいろ

  • 朝に冷える人
  • 午後になると冷える人
  • お風呂あがりにすぐに冷える人
  • 夜冷えてなかなか寝つけない人

冷えのタイプや、一日の中で一番強く冷えを感じるのはいつなのか、などによっても生姜湯を飲む効果的なタイミングは変わってきます。

そこで、生姜湯をいつ飲むのが効果的なのか、わかりやすく紹介します。

生姜湯の効果的なタイミング(1) 朝の早い時間に飲む

朝の寒さや眠たさで体がサッと動かない、というのはバランスの乱れが原因。体だけでなく頭もはたらかないでしょう。

午前中はなんとなくシャキッとしない、頭がさえない、仕事や勉強の能率が悪い、と感じる人も多いのではないでしょうか?

朝早いタイミングが効果的
  • 朝は寒くてなかなか目が覚めずにサッと動けない
  • 朝起きても体が重たいし、お通じも出ない
  • 鏡を見ると顔の血色もよくないし、むくんでいるような気も
  • 朝食を食べても、体が目覚めた感じがしない
  • 朝食を食べる食欲がない

そんな人には朝一番の生姜湯が効果的。体がぽかぽか温まってくるにつれて血行も良くなってきます。活動モードに切りかわって体も頭もスムーズに動き始めます。

朝に一度体を温めておくと、その日一日体温が上がりやすくなるんです。

朝ジョギングなど運動するのも効果的ですが、その時間がもてない人には、朝の生姜湯が手軽でもっとも効果的。

目覚めの一杯にしょうが湯を飲めば、気温が低い午前中の時間もしのぎやすくなりますね。

▲このページのTOPへ

生姜湯の効果的なタイミング(2) 午後のひととき

午後に冷えを一番強く感じる、という人も増えています。特にオフィスで仕事をしていると、夏は一日じゅうクーラー、冬はヒーター。この環境が大きな原因です。

いくらエアコンの性能が進化しているとはいえ、温かい空気は上にのぼって、冷たい空気は下にさがる、というのが自然の摂理。顔はほてるのに足が冷える、というのもこのせいです。夏でも冬でも、一番冷たい空気が足先に集まっています。

午後も生姜湯の効果的なタイミング
  • 顔はのぼせるのに、足先は冷える
  • 日中、肩や背中が凝りやすく、疲れやすい
  • 日中、肌の乾燥が気になる
  • 腰が冷えてだるくて、座っているのもつらい
  • 一日中眠くて仕事がはかどらない。

このように感じるのなら、午後に生姜湯を飲むのが効果的。きっと血行が悪くなっているのではないでしょうか。

血液は 「栄養・酸素・熱」 を運んでいます。血行が悪くなると栄養や熱がすみずみにまで届かないので、手がカサカサしたり、代謝が悪くなったり。栄養が届かないので、エネルギーも作られず、疲れやすい、眠たい、やる気が出ない、という状態になるのです。

3時間持続!生姜湯のあたため効果

そんな人には、午後に生姜湯を飲むのがおすすめのタイミング。

お昼ごはんを食べた後はすこし体温が上がっています。すこしたってから生姜湯を飲むのがいいかもしれませんね。1時頃にお昼ごはんを食べ終わったのなら、2時頃に生姜湯を飲む、といったタイミングでしょうか。

生姜湯の効果は3時間くらい持続すると言われています。あまり冷えが気になるようでしたら、午後1時と午後4時に生姜湯を飲むなど、工夫してみてください。

さて次は、

「お風呂に入ってもすぐに冷えてしまって・・・」

「布団に入っても手足がキンキンでなかなか眠れない」

というあなたにとって効果的な生姜湯の飲むタイミングを紹介します。

▲このページのTOPへ

スポンサーリンク

生姜湯の効果的なタイミング(3) お風呂に入る前

お風呂から出るとすぐに冷えてしまう、という人も多いですよね。すぐにモコモコに服を着て靴下を2枚重ね履きする、なんていう人もいるでしょう。

「湯冷めしないためには、お風呂を出てから生姜湯を飲むのが効果的よね?」 と思われがちですが、実は お風呂に入る “前” に生姜湯を飲む方が効果的 なんです。

なぜお風呂から出るとすぐに体が冷えるの?

お風呂から出るとすぐに体が冷える理由、それは、「冷えた体」 と 「熱い湯船のお湯」 との温度差

湯冷め防止にはお風呂の前が効果的

体が冷えている人は、お風呂のお湯が熱く感じます。熱いお風呂にはそんなにゆっくり入っていられませんよね?

なので、芯までしっかりと温まる前に湯船から出てしまう。体の表面しか温まっていないので、お風呂から出るとすぐに冷えてしまうのです。

では・・・

なぜ、お風呂の “前” の生姜湯が効果的なの?

なぜお風呂の前に生姜湯を飲むのが効果的なのかというと、

  • お風呂の前に生姜湯を飲むと、体の中がじんわり温まって、
  • お風呂のお湯との温度差が小さくなって、湯船にゆったりとつかることができるので、
  • 体の芯まで温まることができて、お風呂から出ても湯冷めしにくくなる

お風呂で芯まで温まれば、筋肉もほぐれて副交感神経に切りかわるので疲労回復の効果も大。

お風呂のあともぽかぽかが続くので、夜のリラックスタイムも快適ですし、寝つきもよくなって眠りも深くなります。

寝る時間の30分前から1時間前にお風呂から出る、というのを目安にお風呂の時間を工夫すると、寝つきもよく眠りも深くなる効果が高くなります。

ちなみに、お風呂の前に湯たんぽなどで 「腰、お尻、お腹」 を温めるのも効果的な方法。

湯たんぽで温められた血液が全身に流れるので、お風呂で温まりやすくなって芯までぽかぽかになりますよ。

▲このページのTOPへ

生姜湯の効果的な飲み方(4) 夜寝る前

手足がキンキンに冷たくて布団の中ですりすり。それでもなかなか寝つけないという人も多くいらっしゃいます。

寝つきや深い眠りには夜寝る前が効果的

手足が冷たくなるのはなぜなのか、ご存じですか?

それは、体の中(内蔵)の温度を下げないようにするために、手足などの末端から熱を回収しているから

手や足が冷えても “命” にかかわるわけではありません。でも内臓が冷えて機能が低下すると “命” にかかわってきます。

手や足は表面積が多いので熱が逃げやすい。貴重な熱を逃がさないために、手足から熱を回収して体の中に集めるので、かわりに手足が冷えるのです。

布団に入っても手足がキンキン、という人には寝る前に生姜湯を飲むのが効果的。

体の中に熱を補給してあげれば、手先や足先にも十分に熱がいきわたりやすくなって、寝つきもよくなり、ぐっすりと眠れるようになるでしょう。

以上、生姜湯をいつ飲むのが効果的なのか、4つのタイミングを紹介しました。

あなたの冷えのタイプや一日で一番冷えるのはいつなのかなどに応じて、生姜湯を飲むタイミングを工夫してみてはいかがでしょうか。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

▲このページのTOPへ

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、夜はぐっすり、いつも軽やかな体のために、ぜひ参考になさってください。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事