体を温める魚

体を温める食べ物

体を温める魚

HOME > 体を温める方法 > 体を温める魚

体を温める魚、冷やす魚

魚にも「体を温めるもの」と「冷やすもの」があります。ただ魚は全般的に体を温めるものが多く、特に寒い北の海で獲れるものや赤身の魚は、温めるはたらきが強いようです

寒い冬にあたたまるには最適の鍋料理にも魚は欠かせない存在ですし、ちりめんじゃこ、しらす、明太子、佃煮といったご飯のお供としても、魚介類は身近で手軽な食べ物のひとつ。

では、体を温める魚・冷やす魚について紹介します。

体を温める魚と冷やす魚の見分け方

最初に書いたとおり、見分け方は・・・

  • 北の海で獲れる魚や赤身の魚は、体を温める

魚は基本的には体を温める食べ物。赤身の魚は温めるはたらきが強い食べ物ですが、白身の魚は体を冷やすかというとそうではなく温めることも冷やすこともない「中間の食べ物」です。

体を温める魚

体を温める魚には何があるかというと・・・

温める魚
  • まぐろ
  • かつお
  • サバ
  • イワシ
  • さんま
  • カニ
  • ほたて貝
  • 明太子
  • ちりめんじゃこ
  • 海藻

鮭は寒い海で獲れる魚、かつおは赤身の魚、明太子は塩辛い、ということで体を温める食べ物になります。

さば、いわし、さんまなどは手頃で手軽な食材ですし、明太子やちりめんじゃこもご飯のお供にも最適。海藻はわかめをお味噌汁にしたり海藻サラダにしたりと、こちらも手軽に取り入れられるのではないでしょうか。

次は、体を冷やす魚をご紹介します。

スポンサーリンク

体を冷やす魚

今度は、体を冷やす魚を紹介します。

冷やす魚
  • うなぎ
  • はも
  • あさり
  • しじみ
  • ウニ

寒い冬。冷えた体を温めるにはやっぱり「鍋」。昆布でだしをとり、鮭を入れて、味噌仕立てにすれば芯からぽかぽか温まります。

鮭の塩焼きも手軽でいいですし、西京漬けのように味噌と魚を一緒にいただくのもとてもおすすめです。

日本人は魚を食べなくなってきていると言われていますが、良質なたんぱく源でもありますし、青魚は脂のサラサラ効果、そして体を温めるはたらきとメリットがたくさん。ぜひ食事に取り入れて冷えない体を手に入れましょう。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

スポンサーリンク

▼関連記事