体を温める食べ物の色

温めるものの見分け方

見分け方

HOME > 体を温める方法 >

色で見分けよう

食べ物や飲み物には「体を温めるもの」と「冷やすもの」があって、その見分け方はいろいろとあります。たとえば・・・

  • 寒い地域で収穫されるものか、暑い地域で収穫されるものか
  • 冬が旬なのか、夏が旬なのか
  • 土の中にできる野菜なのか、土の上にできる野菜なのか
  • 発酵しているものか、発酵していないものか

これらの見分け方では、それぞれ「前者」が体を温めるものです。そしてこの他に「色による見分け方」もありますので、くわしく紹介します。

体を温める食べ物の “色” と 冷やす食べ物の “色”

まず“色”による見分け方は・・・

  • 赤、黒、オレンジ色の食べ物は、体を温める
  • 青、白、緑の食べ物は、体を冷やす

漢方の世界でも、宇宙の法則でも、すべて「陰」と「陽」のバランスで成り立っています。どちらが良いとか悪いということではなく、バランスがとれていること(=中庸)が大切と考えられています。

その陰と陽でいうと、赤・黒・オレンジ色は「陽」の色、青・白・緑は「陰」の色であり、黄色はその中間からすこし「陽」寄りにあります。

では具体的にどんな食べ物があるか、お伝えします。

体を温める色の食べ物 : 赤・黒・オレンジ色

温める色の食べ物
  • そば
  • 黒砂糖
  • 黒パン
  • 黒豆
  • 小豆
  • 赤身の肉
  • 赤身の魚
  • 海藻
  • さつまいも
  • 人参
  • ごぼう
  • 赤ワイン
  • 紅茶など

なお例外もあります。

  • トマトは赤い色だが、南米の暑い地域が原産なので冷やす食べ物
  • カレーは黄色だが、インドやスリランカなど暑い地域で収穫される香辛料が主なので体を冷やす
  • コーヒーは黒いが、ブラジルやエチオピアなどの赤道直下で収穫される作物なので体を冷やす

カレーは香辛料で体が熱くなるので「温めるもの」ではないかと思いますよね?でも実は、香辛料でいったん熱くなって汗がドッと出て、その後に体がスーッと冷えてくるのです。

以前スリランカに行った時は毎日カレーでした。いわゆる“カレー”も出てきますが、見た目がカレーではなくフライだったり炒め物だったりしても味はどれもカレー味(汗)。もしカレーが体を温める食べ物だとしたら、ただでさえ暑いインドやスリランカでは定着しなかったでしょう。

では次は、体を冷やす色の食べ物を具体的に紹介します。

スポンサーリンク

体を冷やす色の食べ物 : 青・白・緑

冷やす色の食べ物
  • うどん
  • 白砂糖
  • 白いパン
  • 白いごはん
  • 化学調味料
  • 白菜
  • だいこん
  • 牛乳
  • 豆乳
  • 白ワインなど

塩は白い色をしていますが「体を温める食べ物」。寒い東北地方の人は塩分を多くとる傾向がありますよね?今ほどにストーブやエアコンなどの暖房が整っていない頃は、体を温めるために塩分をとるようになったのです。

市販の生姜湯の原材料表示を見ると、まず最初に「砂糖」と書いてあるものが少なくありません。温めたいから生姜湯を飲むのに、一番多く含まれているのが「体を冷やす砂糖」。これでは冷え性を改善するどころか、よかれと思って飲めば飲むほど冷えが強くなってもおかしくありません。

なお、薬も体を冷やします。漢方薬は一概にそうとは言えませんが、西洋医学で処方される薬のほとんどは冷やすもの。

長年薬を飲み続けてきた人は、「なかなか寝つけない」「疲れがとれない」「体が重たい」「肩こりがひどい」「体がガチガチに固い」という傾向があります。これは長年にわたって薬が体を冷やし続けてきたからでしょう。

色での見分け方は「ひとつの目安」ではありますが、冷え性の方は食べ物を選ぶときにちょっと意識すると冷えもやわらいでくるのではないでしょうか。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

スポンサーリンク

▼関連記事