冷え性とエアコン

体を温める暖房・冷房

冷え性とエアコン

HOME > 体を温める方法 > 冷え性とエアコン

エアコンが冷え性をつくる

エアコンの快適な生活は、冷え性の大きな原因です。

エアコンを使うと、どうしても温かい空気が上に行き、冷たい空気が下に行く。上半身は温かくても下半身は冷える。これが手先、足先の冷え性をつくるのですが、そんなことよりも・・・

エアコンが自律神経のはたらきをサボらせる

自律神経には「体温を調節する機能」があります。暑い時は汗をかいて、気化熱で体を冷やす。寒い時はブルブルと筋肉を震わせて、熱を作って体を温める。

しかし、エアコンで快適な温度にいることが多いと、自律神経がはたらいて体温を調節する必要がないので、自律神経がサボってしまうのです。走ったり歩いたりしなければ足の筋肉が弱くなるように、自律神経だって、使わなければ弱くなってしまうのです。

自律神経を高めて、冷え性を改善するには?

自律神経のはたらきを高めて冷え性を改善するには、エアコンに頼る生活をしないこと。とはいっても、オフィス、通勤の電車、スーパーなど、エアコンがきいていても自分ではどうにもできない環境もたくさんありますよね。

そこで、冷え性改善のため、自律神経を高めるための生活として、

  • 家ではなるべくエアコンを使わない(部屋の温度を調整するのではなく、体の部分部分を冷やしたり温める)。夏:うちわ、扇風機、足湯ならぬ足水、冷やすタオルを首にまく。冬:ミニストーブ、こたつ、湯たんぽ、ひざ掛けなど。
  • 適度な運動をする
  • シャワーですまさずに、湯船にゆっくりとつかる

エアコンで育った子供は自律神経のはたらきが弱い?

子供の頃からエアコンの快適な環境で育った子供は、自律神経が十分に発達しない傾向があります。

  • 乗り物酔いをする
  • 朝礼などで長時間立っていると立ちくらみをする
  • 運動してもしっかり汗をかけずに、顔が真っ赤になる
  • 子供なのに冷え性である
  • 子供なのに肩こりや首こりがある

このような不調をもつ子供は、少なからず自律神経がじゅうぶんに発達していない傾向があるので、将来的に冷え性だけでなくいろいろな不調をかかえがちです。

子供をお持ちの家庭では特に、エアコンの使いすぎにご注意くださいね。(乳幼児のいる家庭は無理せず室温にはご注意ください)

一番いいのは、エアコンを使わずに、暑い時は暑い、寒い時は寒い、を感じて体を慣らすことでしょう。もっとも熱中症などには十分注意が必要ですが、暑さ寒さに慣れていけば、体も強くなって健康的に過ごせるようになります。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

スポンサーリンク

▼関連記事