新陳代謝を上げる方法

冷え性を改善しよう

新陳代謝を上げる方法

HOME > 体を温める方法 > 新陳代謝を上げる方法

新陳代謝を上げる方法

新陳代謝を上げることは、健康で美しくあるためにはとても大切。さてあなたの平熱は何度ですか?

平熱が36.5度なら素晴らしいですね。人生の大先輩の中には37度が平熱という方もおられます。

逆に、若い人、特に女性で、平熱が35度台であったり、35.5度もない、という人が増えています。新陳代謝はずいぶん低下していることでしょう。

「体がだるい、重たい」、「疲れがとれない」、「肌の調子がよくない」・・・

その原因は、低い体温による新陳代謝の低下ではないでしょうか。

新陳代謝を上げるには体温がポイント!

新陳代謝と体温の関係をみてみましょう。

体温 36.5度 ・・・ 新陳代謝 100%

体温 36.5度 というのは、健康な人の基礎体温。新陳代謝はほぼ 100% 活発に機能しています。

健康で活動的。免疫力も高いので、風邪やインフルエンザにかかりにくい。多少疲れたり無理をしても回復力が高いので、体調を崩さずにいられます。

ほとんど病気をしない健康体でいられるでしょう。

体温 35.5度 ・・・ 新陳代謝 50% - 60%

体温 35.5度 というのは、冷えを感じる人の体温。新陳代謝は50% - 60% と本来の約半分しかはたらきません。

自律神経も乱れがちで、便秘、汗をかけない、など排泄機能が低下。疲れやすい、疲れがとれない、体調を崩しやすい、よく寝たのに体が重い。

食べてもエネルギーに変わらないので、いまひとつ元気ではない状態。エネルギーに変わらない代わりに、脂肪に変わってしまって太りやすい。

アトピーやアレルギー体質にもなりやすくなります。

体温 34.5度 ・・・ 新陳代謝 10% 以下

体温 34.0度は、生死の境にいる状態。新陳代謝はわずか 10%に満たないとも言われます。

海難救助では “救出しても生きていられるかどうか” を判断する体温

自分で自分の体を自由に動かすことができない状態です。

さて、では、新陳代謝を高めるためには・・・

スポンサーリンク

新陳代謝を上げるために、体温を上げよう!

あなたの体温と新陳代謝、いかがでしたか?

  • ダイエットしてるのに、なかなかやせない
  • 夏なのに、お腹や太ももを触ると冷えている

そんな方、体温が低くありませんか?

体温が低い → 新陳代謝が低下 → 燃えない → やせない といった状態かもしれません。ここで、

「やせないからもう少し食事を減らそう」

とすると・・・

食べ物に含まれる酵素が体内に入ってこない

少ない酵素が食べ物の消化だけに使われる

新陳代謝に必要な酵素が足りない

新陳代謝が低下

燃えない

やせない、疲れがとれない、肌や体の調子がよくない

こんな状態になります。

体温アップで、酵素のはたらきも新陳代謝もアップ

冬はもちろんですが、実は夏こそ体を冷やしがち

  • エアコンの冷房で、冷たい空気が下におりて足元が冷える
  • 薄着
  • 涼しい室内と暑い外の温度差
  • 冷たいものの食べすぎ、飲みすぎ
  • 体を冷やす夏野菜

暑い季節だからこそ、体を冷やす原因がたくさんあるのです。

人間の体は、体温が 1度 上がれば、免疫は 6倍 に!酵素のはたらきも、新陳代謝も上げることができます。

そこで・・・

  • 体を冷やす食べ物、温める食べ物 に気をつける
  • エアコンになるべく頼らない(夏はうちわと扇風機、冬はこたつなど)
  • 運動で体温を上げる(特に朝)
  • 食物繊維、酢のもの、辛いものを食べるようにする
  • シャワーよりお風呂につかる

といった工夫で、新陳代謝を上げるように心がけましょう。

体をほぐして冷えない体にするには? >>

冷えの原因はこの2つ

冷え性の原因は、結局のところ次の2つではないでしょうか。

  • 体の中に熱が足りない
  • 体の中に熱があるのに、流れが悪くて行き届かない

1.熱が足りない人は、お風呂や運動で熱を供給

1.の「熱が足りない」人は、体を冷やすものを減らすとともに、運動したりお風呂にゆったりとつかるなどして体を温めることが大切です。

体の中で熱を作るのは筋肉の役割。筋肉の少ない人は冷えやすくなるので、運動したり、駅までのバスを徒歩にしたり、エスカレーターを階段にしたりと、体を動かすように心がけましょう。

お風呂では、ややぬるめの湯船に10分間。体温が1℃ほどアップします。体もほぐれて寝つきもよくなって、ぐっすりと眠れるでしょう。

2.熱があるのに行き届かない人は、体の流れをよくしよう

2.の「熱があるのに流れが悪くて行き届かない」人は、体がガチガチになっていませんか?

肩がこる、首がこる、背中が重たい、足がむくむ・・・。ストレスの多い人も、体がかたく緊張しがちになっています。

そんな流れの悪い状態では、体の中にいくら熱があっても行き届きません。かたくなった体をほぐして、流れをよくしてあげましょう。

マッサージや整体は効果的とはいえ、毎日通うのは無理。自分で体をもみほぐしたりストレッチをするのもおすすめですが、自分で体をより深くほぐす方法があります。

自宅で、手軽に、時間もかけずにできるのでとてもおすすめ。深くほぐして流れをよくして、冷えない体、夜はぐっすり、いつも軽やかな体のために、ぜひ参考になさってください。

自分でしっかりと体をほぐす方法 >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事